おサイフケータイ対応「OPPO A79 5G」ローエンドの価格・スペック・特徴

OPPO
記事内に広告が含まれています。

OPPOが、2024年2月15日に、OPPO A79 5G を発売です。

Aシリーズとなるので、ローエンドスマホになるのですが、おサイフケータイ対応機種となります。

OPPOとしては、ローエンドスマホに、おサイフケータイを搭載するのは初めてです。

OPPO A79 5Gの、価格と、スペック特徴などを、まとめていきます。

おサイフケータイ対応「OPPO A79 5G」ローエンドの価格・スペック・特徴

2024年2月15日発売の、OPPO A79 5G ローエンドスマホの、価格、スペック、特徴などをまとめていきます。

最大の特徴は、ローエンドスマホながら、おサイフケータイ対応としたところになります。

OPPO A79 5G

今までの、OPPO Aシリーズは、おサイフケータイ非対応で、おサイフケータイの搭載は、ミドルレンジ以上のスマホに限っていました。

Aシリーズに、おサイフケータイが搭載されるのは、OPPOでは、初めてのスマホとなります。

まずは、OPPO A79 5Gの、価格と、主な仕様から、まとめていきます。

ちなみに、実質1円で販売されていた、ドコモの、iPhone13/Google Pixel 7a を下記でまとめているので、参考にしてください。

おサイフケータイ対応 OPPO A79 5G の価格

機種OPPO公式価格
OPPO A79 5G29,800円

OPPO A79 5G OPPO公式HPの価格になります。

ローエンドスマホですが、おサイフケータイに対応しているので、コスパの良いスマホと言えます。

日本では発売されていませんが、OPPOのハイエンドスマホ OPPO Find X7 Ultra を下記でまとめているので、参考にしてください。

OPPO A79 5G 格安SIM IIJmioの価格

機種MNPセール価格通常価格
OPPO A79 5G14,800円26,800円

格安SIM IIJmio の価格になります。

いつものように、いきなりのMNPセール価格での登場です。

格安SIM IIJmioは、月額のプラン料金が安く、使い勝手の良い、格安SIMになります。

下記で、IIJmioのレビュー記事をまとめているので、参考にしてください。

OPPO A79 5G の主な仕様

OPPO A79 5G の主な仕様
  • プロセッサー:MediaTek Dimensity 6020
  • メモリー:4GB、ストレージ:128GB
  • メイン:5000万画素デュアルカメラ
  • 6.7インチ、LCDディスプレイ
  • リフレッシュレート:90Hz
  • おサイフケータイ対応
  • サイズ:166mm × 76mm × 8mm
  • 重量:193g
  • IP54の防水・防塵性能
  • nanoSIM + eSIM デュアルSIM DSDV
  • 5,000mAh バッテリー
  • 33W SUPERVOOCフラッシュチャージ
  • OS:ColorOS 13(based on Android13)

中国では、下記のような、OPPO Reno11 Pro ハイエンドスマホも発売されています。

日本でも発売して欲しいスマホになります。参考にしてください。

OPPO A79 5G のスペック

項目仕様
プロセッサーMediaTek Dimensity 6020
OSColorOS 13
based on Android13
メインメモリー4GB
ストレージ容量128GB
ディスプレイ6.7 ″ FHD+
解像度2400 x 1080
リフレッシュレート90Hz
アウトカメラデュアルカメラ
・メイン5000万画素
・深度200万画素
フロントカメラ800万画素
バッテリー容量5,000mAh
NFC
おサイフケータイ
デュアルSIMnanoSIM/eSIM DSDV
インターフェイスUSB TYPE-C
サイズ
166mm
76mm
8mm
重量193g
カラーグローグリーン
ミステリーブラック

OPPO Aシーズの、前期種である、OPPO A77をかきでまとめているので、参考にしてください。

OPPO A79 5G の特徴

ローエンド「システム性能」

ローエンド「システム性能」
  • プロセッサー:MediaTek Dimensity 6020
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:128GB
  • OS:ColorOS 13(based on Android13)
  • 5G通信対応

ローエンドスマホとして、標準的なスペックです。

OSは、Android13ベースの、ColorOS 13 となっています。

ストレージは、多めの、128GBですが、最近のローエンドスマホにとっては、標準的です。

ローエンドスマホでは無いですが、カメラ付きのキッズケイタイを下記でまとめています。参考にしてください。

デュアルカメラ「カメラ性能」

デュアルカメラ「カメラ性能」
  • デュアルカメラ搭載
  • メイン:5000万画素、深度:200万画素
  • フロントカメラ:800万画素

こちらも、ローエンドスマホとして、標準的なスペックになっています。

Xiaomiのローエンドスマホ、Xiaomi 12Gと、同等のスペックとなっています。

Xiaomi 12G は、下記でまとめているので、参考にしてください。

6.7インチ「ディスプレイ性能」

6.7インチ「ディスプレイ性能」
  • 6.7インチ、解像度 2400 x 1080
  • リフレッシュレート:90Hz
  • LCDディスプレイ

ディスプレイも、ローエンドとして、標準的なスペックとなっています。

LCDディスプレイ採用なので、有機ELでは無いので、注意してください。

ディスプレイサイズは、6.7インチと大型です。

下記でまとめている、モトローラの、moto g53j 5G ローエンドスマホと比較すると、大きいサイズになります。

おサイフケータイ対応

  • おサイフケータイ対応

最大の特徴である、おサイフケータイが搭載された、OPPO Aシリーズです。

Xiaomi 12G、moto g53j 5G がローエンドながら、おサイフケータイ搭載のスマホで販売されているので、対抗した機種と言えます。

日本では、AQUOS wish シリーズや、arrows We など、おサイフケータイが搭載された、ローエンドスマホが多数あります。

OPPOだけ、ローエンドのおサイフケータイ対応機種がありませんでした。

ローエンドスマホの選択肢が増えたことになります。

AQUOS wish シリーズから、AQUOS wish3 を下記でまとめているので、参考にしてください。

スタイル・形状・ボディ

スタイル・形状・ボディ
  • サイズ:166mm × 76mm × 8mm
  • 重量:193g
  • カラー:グローグリーン、ミステリーブラック
  • IP54の防水・防塵性能

生活防水レベルとなりますが、防水防塵に対応した、ローエンドスマホになります。

大型のディスプレイサイズを採用していますが、重量、厚みは抑えられているので、携帯性の良いスマホになります。

薄型軽量のスマホとして、下記で、AQUOS sense8 をまとめているので、参考にしてください。

デュアルSIM DSDV と対応バンド

  • nanoSIM + eSIM デュアルSIM DSDV
  • 5G通信バンド : n1/ n3/ n28 /n41 /n77 /n78
  • 4G通信バンド: 1/ 2/ 3/ 4/ 5/ 7/ 8/ 12/ 13/ 17/ 18/ 19/ 26/ 28 / 38/ 39/ 40/ 41/ 42

デュアルSIM DSDV対応です。

nanoSIM + eSIMで、一方は、eSIMになるので、デュアルSIMとして、使い易い仕様となっています。

5G通信バンドは、ドコモの、n79非対応です。

4G津新バンドは、各社のバンドをカバーできていると言えます。

デュアルSIM DSDVの詳細は、下記でまとめているので、参考にしてください。

5,000mAh「バッテリー性能」

5,000mAh「バッテリー性能」
  • 5,000mAh バッテリー搭載
  • 33W SUPERVOOCフラッシュチャージ対応

OPPOの、急速充電技術、SUPERVOOC 33W 対応となります。

バッテリーをいたわりながら充電できる技術で、バッテリー寿命の延命に繋がります。

充電器は付属していません。

下記でまとめている、Xiaomi 13Tは、ハイエンドスマホになるので、67W の急速充電対応となっています。

まとめ:おサイフケータイ対応「OPPO A79 5G」ローエンドの価格・スペック・特徴

OPPOが、2024年2月15日に発売の、ローエンドスマホ OPPO A79 5G をまとめました。

最大の特徴は、OPPO Aシリーズ ですが、おサイフケータイに対応したことになります。

Xiaomi、モトローラの下記、おサイフケータイ対応ローエンドスマホ、2機種に対抗しての、発売に感じられます。

  • Xiaomi 12G
  • moto g53j 5G

AQUOS wishシリーズや、arrows We が、家電量販店で、一括1円などで売られている中、注目されるスマホになれるほどの、インパクトは感じられない仕様と思えます。

とは言うものの、おサイフケータイ対応 の、低価格スマホのラインナップが増えたことは確かです。

OPPO A79 5G の詳細は、下記、OPPO公式HPで確認してください。

OPPO

閲覧いただき、ありがとうございました。

OPPO
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました