MNO

ソフトバンク

セール価格「OPPO Reno10 Pro」投げ売りの一括価格が復活

ソフトバンクが販売している、OPPO Reno10 Proの、投げ売り一括価格が、復活していました。 以前と比較して、価格自体は高くなっていますが、2024年年末年始に、無くなっていた一括価格です。 OPPO Reno10 Proは、ミドルレンジですが、カメラ性能など期待ができるスマホで、嬉しい価格の復活です。
ドコモ

実質1円「iPhone13/Google Pixel 7a」ドコモの投げ売りスマホ

家電量販店エディオンで見かけた、iPhone13と、Google Pixel 7a の、投げ売り 実質1円の情報になります。 販売は、ドコモですが、昨年の2023年同様に、2年間の実質価格になります。 ソフトバンクは、2024年から、1年の実質1円として販売していますが、ドコモは、2年間です。
ドコモ

カメラ付き「キッズケイタイ」ドコモ KY-41Cが投げ売りセール価格

カメラ付きのキッズケイタイが、セール価格で販売されていました。 投げ売りセール価格で販売されていたのは、カメラ付きの、ドコモの KY-41C になります。 カメラ付きキッズケイタイは、2万円以上でしたが、2024年は安くなる前兆なのでしょうか。
ソフトバンク

iPhone15の投げ売り価格「iPhone14」より安い実質価格はホント?!

iPhone15が、投げ売りの実質価格で販売されていて、一見すると、iPhone14より安い価格です。 1円スマホ廃止の規制が強まりましたが、実質1円販売を続けている、ソフトバンクはさすがです。 投げ売りで販売していた、iPhone15の実質価格の詳細を確認していきたいと思います。
ドコモ

2024年の「キッズケイタイ」一括1円の端末比較、メリットデメリットなど

2024年に入り、スマホの1円規制で、気になっているのが、低価格帯のスマホになります。 中でも、安く買える端末が欲しいのが、キッズケイタイになります。 2024年、価格を確認してきたところ、キッズケイタイは、同額の、一括1円で販売されていました。
au

1円スマホ「arrows We」など、2024年も継続の一括1円スマホ

2024年に入っても、スマホが1円で売られ続けている機種があります。 1円スマホと言っても、実質価格ではありません、一括1円のスマホになります。 ローエンドスマホとなりますが、スマホ初心者や、高齢者などに優しいスマホなので注目です。
ドコモ

投げ売り「iPhone14」MNO大手3社の実質価格を比較します

日本シェアNo1の、iPhoneで、現在の売れ筋機種が、iPhone14になります。 2024年に入り、実質価格が変動しているので、まとめていきたいと思います。 今までは、各社、投げ売りの実質1円と、横並びで競い合っていましたが、はたして、どう変わっているのでしょうか?!
ソフトバンク

投げ売り「iPhone14、Google Pixel 8」実質1円のセール価格

2024年、家電量販店、コジマ&ビックカメラに、価格を調べに出かけました。 本日は、様々なスマホの中から、人気の、ハイエンドスマホ iPhone14 と、Google Pixel 8 の投げ売り価格をまとめていきます。 スマホ規制の中、お店の人とも、話を交わした、投げ売り 実質価格になります。
ソフトバンク

投げ売り実質1円継続「スマホ規制」は、どうなってるの?!

2023年12月27日、近くの家電量販に出かけたところ、投げ売り 実質1円販売が、継続していました。 本日は、ソフトバンクの、投げ売り実質1円を、まとめていきたいと思います。 それにしても、27日からの、1円スマホ廃止規制は、どうなってしまっているのか?!
ドコモ

ドコモ「irumo」使っているから分かるメリットとデメリット

2023年7月からスタートした、irumoが、半年過ぎました。 OCNモバイルONEから変わったことで、酷評などが多くみられましたが、うまく活用することで、低価格で、ドコモのプランを持つことができます。 私自身、irumoを契約して使っているので、メリット、デメリット、特徴など、まとめていきたいと思います。