デュアルSIM「AQUOS wish3」ジュニアモード搭載で2023年7月発売

AQUOS
記事内に広告が含まれています。

デュアルSIMの、AQUOS wish3 が、2023年7月上旬に発売されます。

発売は、楽天モバイルと、Yモバイルからで、9月には、ドコモからも発売されます。

デュアルSIMとなって、使い易くなった、AQUOS wish3 をまとめていきます。

デュアルSIM「AQUOS wish3」ジュニアモード搭載で2023年7月発売

エントリーモデルで、ローエンドスマホの、AQUOS wish3 が、2023年7月と、9月に発売されます。

デュアルSIM「AQUOS wish3」

AQUOS wish2 と比較し、プロセッサーが、ダウンスペックとなりましたが、nanoSIM + eSIMの、デュアルSIMとなって、発売されます。

AQUOS wish2 からの、主な変化点は、下記になります。

  • ジュニアモード搭載
  • nanoSIM + eSIM デュアルSIM
  • 画質エンジン ProPix4 lite 搭載

各項目の詳細は、次項で説明するとして、まずは、AQUOS wish3の、主な特徴と、価格・発売日をまとめていきます。

ちなみに、前機種である、AQUOS wish2 の詳細を、下記でまとめています。参考にしてください。

デュアルSIM「AQUOS wish3」の主な特徴

  • プロセッサーは、MediaTek Dimensity 700を採用
  • メモリー4GB、ストレージ64GB
  • nanoSIM + eSIM デュアルSIM
  • 5G通信バンド:n79に対応
  • メイン1300万画素 シングルカメラ
  • 画質エンジン ProPix4 lite 搭載
  • 子供向け「ジュニアモード」搭載
  • 防水防塵・耐衝撃
  • おサイフケータイ搭載
  • 5G通信対応
  • OS:Android 13

ローエンドスマホは、先日、モトローラから発売の、moto g53j 5G を、まとめました。

下記で、詳細を書いていますので、参考にしてください。

デュアルSIM「AQUOS wish3」の価格と発売時期

価格発売時期
ドコモ未定2023年9月上旬
楽天モバイル未定2023年7月上旬
Yモバイル35,800円2023年7月上旬

価格など、判明したところで、更新していきます。

デュアルSIM「AQUOS wish3」

AQUOS wish2 は、各社で、仕様が異なっていてドコモはシングルSIM他は、デュアルSIM など、ややこしい設定になっていました。

AQUOS wish3 は、ややこしい設定が、改善され、ドコモから発売される本機も、デュアルSIMになっています。

AQUOS wish2の、対応バンドや、SIM構成など、下記でまとめていますので、参考にしてください。

AQUOS wish3の、対応バンドなどについては、次項で説明していきます。

デュアルSIM「AQUOS wish3」のスペック

AQUOS wish2 との比較になります。

項目AQUOS wish3AQUOS wish2
プロセッサーMediaTek Dimensity 700Snapdragon 695 5G
OSAndroid 13Android 12
メインメモリー4GB4GB
ストレージ容量64GB64GB
ディスプレイ5.7″ HD+5.7″ HD+
解像度720 × 1,520720 × 1,520
リフレッシュレート不明(60Hz?)不明
アウトカメラシングルカメラシングルカメラ
・メイン1300万画素1300万画素
フロントカメラ500万画素800万画素
バッテリー容量3,730mAh3,730mAh
おサイフケータイ
デュアルSIMnanoSIM + eSIM
デュアルSIM
シングルSIM 又は
デュアルSIM
充電コネクタUSB TYPE-CUSB TYPE-C
サイズ147mm
70mm
8.9mm
147mm
71mm
8.9mm
重量161g162g
カラーグリーン
ホワイト
ブラック
ピンク(Yモバイル版のみ)
ナイトシルバー
ステルスブラック
サイバーイエロー

デュアルSIM「AQUOS wish3」の特徴

ローエンド「システム性能」

ローエンド「システム性能」
  • プロセッサーは、MediaTek Dimensity 700を採用
  • メモリー4GB、ストレージ64GB
  • 5G通信対応
  • OS:Android 13

プロセッサーに、MediaTek Dimensity 700を採用しているので、冒頭にも述べている通り、前機種と比較して、スペックダウンとなっています。

ただし、Snapdragon 695 5G は、ミドルレンジスマホに採用しているチップなので、今回の変更で、標準に戻ったことになります。

システム性能としては、ローエンドスマホとして、標準的と言えます。

MediaTek Dimensity 700 を採用しているスマホは、同じくローエンドの、かんたんスマホ3 などがあります。

下記でまとめているので、参考にしてください。

デュアルSIM DSDVと対応バンド

  • nanoSIM + eSIM デュアルSIM
  • 5Gバンド : n1 / n3 / n28 / n77 / n78 / n79
  • 4Gバンド : B1 / B2 / B3 / B5 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B38 / B39 / B41

ドコモから発売の物も、nanoSIM + eSIM デュアルSIM対応です。

シャープ公式HPの、スペックでは、楽天モバイルのみ、DSDV対応の文字が、入っています。

ドコモ版、Yモバイル版も、DSDVで使えるものと予想しています。

対応バンドは、どのキャリアも、同じです。

各社で違うことが多かったですが、AQUOS wish3 は、同じになります。

Yモバイルから発売の、AQUOS wish3も、ドコモの5Gバンド:n79に対応しているので、使い易い仕様となっています。

デュアルSIM DSDV については、詳細を下記でまとめています。

参考にしてください。

メイン1300万画素「カメラ性能」

メイン1300万画素「カメラ性能」
  • メイン1300万画素 シングルカメラ
  • フロント 500万画素カメラ
  • 画質エンジン ProPix4 lite 搭載

リアカメラの仕様上は、前機種である、AQUOS wish2 と同じです。

フロントカメラは、500万画素にスペックダウンしています。

ただし、AQUOS sense7 などにも搭載されている、画質エンジン ProPix4 lite が、搭載されているので、最適モードでの撮影など、カメラ品質の、向上が期待できます。

AQUOS sense7については、SIMフリー版を下記でまとめています。参考にしてください。

ジュニアモードと、かんたんモード

ジュニアモードと、かんたんモード
  • 子供向け「ジュニアモード」で利用制限
  • 大きなアイコンの「かんたんモード」

エントリークラスと言うことで、いつものように、大きなアイコンで使える、かんたんモードが搭載されています。

その他に、AQUOS wish3 は、新たに、ジュニアモードが搭載されました。

使い過ぎの防止や、利用制限など設定可能で、電源ボタンを、複数回押すことにより、緊急通報ができる、緊急SOS機能などが、搭載されています。

お子様向けの安心機能が追加され、使い易いスマホになっています。

子供向けの格安SIMとして、下記で、TONEモバイルをまとめています。参考にしてください。

認証システムの違い

マスクをしてても認証できる「顔認証」
  • マスクをしてても認証できる「顔認証」
  • 電源ボタン部の「指紋認証」(ドコモのみ)

マスクをしたままでも、顔認証でロック解除などが出来ます。

また、ドコモ版だけは、電源スイッチに、指紋認証が、付きます。が、同じ機種で、仕様を変えるのは、やめて欲しいところです。

iPhoneのように、何処で買っても、同じものが、理想的です。

対応バンドなどは、本機や、Google Pixel 7a など、同じ仕様に落ち着きつつあるので、他の機能も、キャリアによる仕様分けは、無くして欲しいと願います。

ちなみに、Google Pixel 7a については、下記でまとめています。参考にしてください。

防水・防塵・耐衝撃とおサイフケータイ

防水・防塵・耐衝撃とおサイフケータイ
  • 防水:IPX5/IPX7
  • 防塵:IP6X
  • 耐衝撃:MIL-STD-810H準拠
  • おサイフケータイ搭載

人気のケースの、肌触りや、防水、防塵、耐衝撃 など、変わらず対応しています。

おサイフケータイにも対応しているので、満足できる機能が、搭載されます。

また、再生プラスチック材料使用率が、35%⇒60%に、向上しているので、環境にも優しい、スマホと言えます。

おサイフケータイについては、下記でまとめています。参考にしてください。

まとめ:デュアルSIM「AQUOS wish3」ジュニアモード搭載で2023年7月発売

ドコモ、楽天モバイル、Yモバイルから発売の、AQUOS wish3 について、まとめました。

AQUOS wish2 から、性能が向上した、主な機能は、下記になります。

  • ジュニアモード搭載
  • nanoSIM + eSIM デュアルSIM
  • 画質エンジン ProPix4 lite 搭載

どれも、期待が持てる機能になります。

私も、AQUOSのスマホを使っていますが、AQUOSショットなど、便利機能があって、AQUOSは、使い易いと思います。

AQUOS wish3の詳細は、下記、AQUOS 公式HPで確認してください。

AQUOS 公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

AQUOS
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました