デュアルSIM DSDV対応「OPPO K11x」ミドルレンジスマホを中国で発売

OPPO
記事内に広告が含まれています。

2023年5月に発売の、OPPOのスマホ、OPPO K11x の、スペック特徴などをまとめていきます。

Qualcomm Snapdragon 695 搭載で、日本で発売されている、OPPO Reno7a に違い形状です。

nanoSIM×2の、デュアルSIMにも対応している、ミドルレンジスマホになります。

デュアルSIM DSDV対応「OPPO K11x」ミドルレンジスマホを中国で発売

2023年5月に、中国で発売された、OPPO K11x ミドルレンジスマホの、スペックなどを、まとめていきます。

デュアルSIM DSDV対応「OPPO K11x」

ミドルレンジスマホですが、搭載されてるメモリーは、最低でも、8GBと、ハイスペック仕様になっています。

海外で発売されるスマホは、メモリー容量が、8GB以上が多く、日本でも取り入れてほしい、部分です。

まずは、OPPO K11xの、主な特徴と、価格から、まとめていきます。

ちなみに、OPPO K11x の、前機種である、OPPO K10xを下記でまとめていきます。参考にしてください。

デュアルSIM DSDV対応「OPPO K11x」の主な特徴

  • プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 695 を採用
  • メモリー 8GB/12GB 搭載
  • ストレージ 128GB/256GB 搭載
  • 6.72インチ 液晶ディスプレイ
  • 1憶800慢画素 デュアルカメラ搭載
  • nanoSIM × 2 デュアルSIM DSDV対応
  • 67W急速充電対応
  • デュアル サウンド スピーカー
  • 5G通信対応
  • OS : ColorOS 13.1

ミドルレンジスマホとしては、Xiaomi系のスマホメーカー POCOの、POCO F5 を、下記でまとめています。

Qualcomm Snapdragon 7+ Gen 2 搭載のハイスペックミドルレンジスマホになります。

デュアルSIM DSDV対応「OPPO K11x」の価格

仕様中国元換算日本円
8GB + 128GB1499元約29,500円
8GB + 256GB1699元約33,400円
12GB + 256GB1899元約37,400円

日本円は、中国元から換算した、参考価格になります。

デュアルSIM DSDV対応「OPPO K11x」 のスペック

項目仕様
プロセッサーQualcomm Snapdragon 695
OSColorOS 13.1
Android 13ベース
メインメモリー8GB/12GB
ストレージ容量128GB/256GB
ディスプレイ6.72″ FHD+
解像度2400 × 1080
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラデュアルカメラ
・メイン1億800万画素
・深度200万画素素
フロントカメラ1600万画素
バッテリー容量5000mAh
NFC不明
デュアルSIMnanoSIM × 2 DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ165.5mm
76.0mm
8.3mm
重量195g
カラーブラック
ホワイト

デュアルSIM DSDV対応「OPPO K11x」 特徴

ミドルレンジ「システム性能」

ミドルレンジ「システム性能」
  • プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 695 を採用
  • メモリー 8GB/12GB 搭載
  • ストレージ 128GB/256GB 搭載
  • OS ColorOS 13.1
  • 5G通信対応

プロセッサーには、ミドルレンジで実績十分の、Qualcomm Snapdragon 695 を搭載しています。

メモリー、ストレージなどを考えると、OPPO A1 Pro 5G に、近いスペックとなっています。

OPPO A1 Pro 5G は、下記でまとめていきますので、参考にしてください。

システムスペックとしては、2022年12月に発売された、OPPO K10x と変わっていないようです。

6.72インチ「ディスプレイ性能」

6.72インチ「ディスプレイ性能」
  • 6.72インチ LCD液晶
  • 解像度:FHD+ 2400 × 1080
  • リフレッシュレート:120Hz

6.72インチと、大きめのディスプレイ採用です。ただし、有機ELではありません。

ミドルレンジ以上は、有機ELの採用を、望みたいところですが、Kシリーズは、有機ELを採用しないシリーズのようです。

日本で発売している、OPPOのスマホでも、OPPO A77 などは、有機ELを採用していません。

OPPO A77は、下記でまとめているので、参考にしてください。

メイン1億800万画素「カメラ性能」

メイン1億800万画素「カメラ性能」
  • メイン:1憶800慢画素 デュアルカメラ搭載
  • フロント:1600万画素カメラ搭載

メインに、1億800万画素のカメラを搭載しています。

前機種の、OPPO K10xは、メイン 6,400万画素カメラなので、カメラスペックは、前機種よりも向上しています。

1億万画素カメラ採用の、スマホは、下記で、OPPO系のスマホメーカー「Realme」の、Realme 10 Proをまとめています。参考にしてください。

デュアルSIM DSDV と、5G通信バンド

  • nanoSIM × 2
  • デュアルSIM DSDV
  • 5Gバンド : n1、n5、n8、n28、n41、n77、n78

デュアルSIM DSDVに対応しています。

ただし、5G通信バンド n79には対応していないので、ドコモ系のSIMでは、5G通信をフルに使うことが出来ません。

日本で発売中の、ミドルレンジスマホ OPPO Reno7A も、n79には対応していません。

OPPO Reno7A については、下記でまとめています。参考にしてください。

デュアルSIM DSDVについての詳細は、メリットなど含めて、下記でまとめていますので、参考にしてください。

5000mAh「バッテリー性能」

5000mAh「バッテリー性能」
  • 大容量:5000mAh
  • 67W急速充電対応

67Wの急速充電対応です。67W充電器も同梱されます。

また、OPPOのいたわり充電技術が採用されているので、バッテリーの劣化が少ない、充電が可能です。

デュアル サウンド スピーカー

デュアル サウンド スピーカー

デュアルサラウンドスピーカーによって、音楽を聴くときや、ゲームなどでも、臨場感あふれる音を、楽しむことが出来ます。

また、スピーカー性能を、最大限に生かして、高音をカスタマイズ、最適化することで、最大ボリュームを上げています。

ダイナミックな音源を楽しめます。

まとめ:デュアルSIM DSDV対応「OPPO K11x」ミドルレンジスマホを中国発売

OPPOのミドルレンジスマホ、「OPPO K11x」をまとめめました。

デュアルSIM DSDV 対応になるので、2枚のSIMを使った、スマホライフを、楽しめます。

気になったのが、デュアル サウンド スピーカーになります。スピーカーの性能を最大限引き出す、OPPOの技術が入っているので、音も楽しめる気がします。

デメリットとしては、有機ELでは無いことかと思います。

ミドルレンジスマホ以上は、有機ELを採用して欲しいところです。

OPPO K11x の詳細は、下記、OPPO中国公式HPで確認して下さい。

OPPO中国公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

OPPO
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました