日本発売に期待「OPPO Reno11 Pro」中国で発売のスペックと特徴

OPPO
記事内に広告が含まれています。

日本で発売されている、OPPO Reno10 Pro の後継機種が、中国で発売され、人気となっています。

日本発売のアナウスは、今のところないですが、今後の日本展開に、期待したいスマホです。

Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 を搭載した、ハイスペックスマホの、スペック・特徴などをまとめていきます。

日本発売に期待「OPPO Reno11 Pro」中国で発売のスペックと特徴

OPPOが、中国で、OPPO Reno11 Pro を発売しました。

日本では、OPPO Reno10 Pro が、2023年10月に発売されていますが、その後継機種ともいえる、スマホになります。

OPPO Reno11 Pro

OPPO Reno10 Pro は、ミドルレンジスマホでしたが、OPPO Reno11 Proは、Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 搭載の、ハイエンドスマホになります。

今のところ、日本発売のアナウスは無いですが、日本発売に期待したいスマホになります。

本日は、中国で発売された、OPPO Reno11 Proの、スペックや、特徴をまとめていきたいと思います。

まずは、価格と、主なスペックからまとめます。

ちなみに、日本発売の、OPPO Reno10 Proは、下記でまとめているので、参考にしてください。

日本発売に期待「OPPO Reno11 Pro」の価格

仕様価格(中国元)換算日本円
12GB+256GB3499元71,800円
12GB+512G3799元78,000円

日本円は、中国元から、換算した、参考価格になります。

下記で、日本で発売している、OPPO Reno10 Proの、家電量販店の実売価格をまとめています。

昨年の情報で、1円スマホ廃止規制前の価格になります。参考にしてください。

日本発売に期待「OPPO Reno11 Pro」の主なスペック

OPPO Reno11 Pro主なスペック
  • プロセッサー:Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1
  • メモリー:LPDDR5 12GB
  • ストレージ:UFS3.1 256GB/512GB
  • 6.74インチ 有機ELディスプレイ
  • 曲面スクリーン採用
  • リフレッシュレート 120Hz
  • メイン:5000万画素 SONY IMX890センサー
  • 超広角:800万画素 SONYイメージセンサー
  • ポートレート:3200万画素 SONYイメージセンサー
  • フロントカメラ:3200万画素カメラ SONYイメージセンサー
  • 80W急速充電対応
  • nanoSIM × 2 デュアルSIM DSDV対応
  • 薄型軽量 スタイリッシュ形状

SONYのイメージセンサーを採用した、OPPOのスマホとして、下記で、中国で発売されている、OPPO K11 をまとめています。参考にしてください。

OPPO Reno11 Pro のスペック

項目OPPO Reno11 Pro
プロセッサーQualcomm Snapdragon 8+ Gen 1
OSColorOS 14.0
Android ベース
メインメモリー12GB
ストレージ容量256GB/512GB
ディスプレイ6.74″ FHD+
解像度2772 × 1240 
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン5000万画素
・超広角800万画素
・ポートレート3200万画素
フロントカメラ3200万画素
バッテリー容量4,700mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2 DSDV
インターフェイスUSB TYPE-C
サイズ163.0mm
74.2mm
8.19mm(ブラック)
8.26mm(ホワイト、グリーン)
重量190g
カラーブラック
ホワイト
グリーン

OPPO傘下の、スマホメーカー OnePlus から、OnePlus Ace 2 Pro ハイエンドスマホを下記でまとめているので、参考にしてください。

OPPO Reno11 Pro の特徴

ハイエンド「システム性能」

ハイエンド「システム性能」
  • プロセッサー:Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1
  • メモリー:LPDDR5 12GB
  • ストレージ:UFS3.1 256GB/512GB
  • 5G通信対応
  • OS:ColorOS 14.0

Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 を搭載した、ハイエンドスマホになります。

OPPO Reno10 Proは、ミドルレンジスマホだったので、ワンランク上の、スペック仕様となります。

メモリー、ストレージも、ハイエンドとして、十分なスペックになります。

OPPOは、日本市場に、ハイエンドスマホをあまり投入していません。

下記で、ミドルレンジスマホ、OPPO Reno9 A をまとめているので、参考にしてください。

6.74インチ「ディスプレイ性能」

6.74インチ「ディスプレイ性能」
  • 6.74インチ 有機ELディスプレイ
  • 曲面スクリーン採用
  • リフレッシュレート 120Hz
  • 解像度:2772 × 1240 

ディスプレイは、ミドルレンジ ~ ハイエンドのスペックとなっています。

これだけみると、ミドルレンジスマホと言ってもおかしくない仕様です。

6.74インチと、大型のディスプレイを採用しているので、ダイナミックで、滑らかなディスプレイ性能に、期待が出来ます。

6.74インチ ディスプレイは、中国で発売されている、OPPO Reno10 Pro+と同じになります。

下記でまとめているので、参考にしてください。

トリプルカメラ「カメラ性能」

トリプルカメラ「カメラ性能」
  • メイン:5000万画素 SONY IMX890センサー
  • 超広角:800万画素 SONYイメージセンサー採用
  • ポートレート:3200万画素 SONYイメージセンサー採用
  • フロントカメラ:3200万画素カメラ SONYイメージセンサー採用

日本で発売されている、OPPO Reno10 Pro も、SONYのイメージセンサーを採用していますが、OPPO Reno11 Proも、SONYのイメージセンサーを搭載しています。

このシリーズは、SONYのセンサーを採用している機種が多いです。

カメラ性能は、本機の特徴で、期待が持てるポイントの1つになります。

同じく、カメラ性能が良いスマホとして、下記で、Google Pixel 7a をまとめています。日本でも発売されているスマホなので、参考にしてください。

80W急速充電「バッテリー性能」

80W急速充電「バッテリー性能」
  • 4,700mAh 代表量バッテリー
  • 80W急速充電対応

OPPOの充電システムに対応した、80Wの急速充電対応のバッテリーとなっています。

4年間の高耐久バッテリーとの記載があるので、バッテリー性能に関しては、OPPOとして、自信のある特徴の1つと言えます。

下記でまとめている、QUOS sense8 も、バッテリーの寿命を延ばす充電方法を採用しています。

参考にしてください。

外観・スタイル・形状性能

外観・スタイル・形状性能
  • サイズ:163.0mm × 74.2mm
  • 厚み:8.19mm(ブラック)、8.26mm(ホワイト、グリーン)
  • 重量:190g
  • カラー:ブラック、ホワイト、グリーン

OPPO Reno 10 Proの重量が、185g なので、ほぼ、同等の重さとなっていて、大型サイズにしては、厚みも抑えられています。

湾曲スクリーンを採用しているので、スタイリッシュなデザインに仕上がっていて、日本でも十分に受け入れられる、形状と言えます。

OPPO と、競い合っている、Xiaomiの、ハイエンドスマホ「Xiaomi 13T」を下記でまとめているので、参考にしてください。

デュアルSIM DSDV対応

デュアルSIM DSDV対応
  • nanoSIM × 2
  • デュアルSIM DSDV対応

nanoSIM ×2 の、デュアルSIM DSDV対応のスマホになります。

ハイエンドスマホでも、シングルSIMもあるので、デュアルSIM対応は、嬉しい機能の1つになります。

2つのSIMを活用すれば、便利なスマホライフを送れます。

デュアルSIM DSDVの詳細は、下記でまとめているので、参考にしてください。

まとめ:日本発売に期待「OPPO Reno11 Pro」中国で発売のスペックと特徴

OPPOが、中国で発売した、OPPO Reno11 Proをまとめました。

日本発売に期待したい、ハイエンドスマホになります。

OPPOは、ミドルレンジ、ローエンドスマホは、日本発売していますが、ハイエンドは、長いこと、発売が無いです。

2021年7月に発売された、OPPO Find X3 Pro がハイエンドの最後になります。

OPPO Reno10 Proが日本で発売されているので、後継機ともいえる、OPPO Reno11 Pro の日本発売は、期待が持ている気がします。

OPPO Reno11 Pro の詳細については、下記、OPPO 中国公式HPで確認してください。

OPPO中国公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

OPPO
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました