日本発売期待「OPPO Find X7 Ultra」中国で発表のスペックと特徴

OPPO
記事内に広告が含まれています。

中国で、OPPOが、OPPO Find X7 Ultraと、OPPO Find X7 を発表しました。

どちらもハイエンドスマホですが、本日は、最上位機種の、OPPO Find X7 Ultra を中心にスペック、特徴などをまとめていきます。

カメラスペックがすばらしく、日本発売に期待したい、ハイエンドスマホの詳細をまとめます。

日本発売期待「OPPO Find X7 Ultra」中国で発表のスペックと特徴

OPPOが、2024年1月、OPPO Find X7 Ultra を発表しました。

  • OPPO Find X7 Ultra
  • OPPO Find X7

上記2機種を、発表していますが、OPPO Find X7 Ultraは、ハイスペックハイエンドスマホで、日本発売に期待したい、スペック特徴となっています。

OPPO Findシリーズは、OPPOのハイエンドスマホとして、日本でも発売されていますが、2021年に発売された、OPPO Find X3 Pro 以降、新機種は発売されていません。

日本では、iPhoneの、1強となっているので、ハイエンドは、発売しても、なかなか広がらないのが、要因な気もします。

OPPO Find X7 Ultraは、日本発売があるのか?! 期待して、見守りたいと思います。

まずは、OPPO Find X7 Ultraの価格と、主な仕様からまとめていきます。

ちなみに、下記で、同じく中国で発売の、OPPO Reno11 Proをまとめているので、参考にしてください。

日本発売期待「OPPO Find X7 Ultra」の価格

仕様中国元換算日本円
12GB+256GB5,999元約122,000円
16GB+256GB6,499元約132,000円
16GB+512GB6,999元約142,000円

日本円は、中国元から換算した、参考価格となります。

ハイスペックなだけに、価格もそれなりです。

日本で発売された場合は、換算した参考価格より、高くなることが予想されます。

下記で、先日購入した、ミドルレンジスマホ AQUOS sense8 をまとめていますが、上位機種の、AQUOS R8 など購入した方が、良いのかもしれません。

日本発売期待「OPPO Find X7」の価格

仕様中国元換算日本円
12GB+256GB3,999元約80,000円
16GB+256GB4,299元約86,000円
16GB+512GB4,599元約92,000円
16GB+1TB4,999元約101,000円

OPPO Find X7 Ultraの下位機種である、OPPO Find X7の価格です。

安くはなりますが、スペックも落ちます。

日本で発売されるのであれば、やはり上位機種の、OPPO Find X7 Ultraが最適な気がします。

下記で、日本で販売されている、一括1円のキッズケイタイをまとめているので、参考にしてください。

OPPO Find X7 Ultraの主な仕様

  • プロセッサー:Qualcomm Snapdragon 8 Gen 3 搭載
  • メモリー:LPDDR5X 12GB/16GB
  • ストレージ:UFS4.0 256GB/512GB
  • メイン:5000万画素 1型 SONYセンサー LYT900
  • 超広角:5000万画素 SONYセンサー LYT500
  • 3倍望遠カメラ:5000万画素 SONYセンサー IMX890
  • 6倍望遠カメラ:5000万画素 SONYセンサー IMX858
  • 6.82インチ 有機ELディスプレイ QHD+
  • リフレッシュレート 1~120Hz
  • 5000mAhの大容量バッテリー
  • 100W急速充電、50Wワイヤレス充電対応
  • nanoSIM × 2 デュアルSIM DSDV対応
  • OS:ColorOS 14.0

日本で発売されている、OPPO Find X3 Proの詳細を、下記でまとめているので、参考にしてください。

OPPO Find X7 Ultra のスペック

項目仕様
プロセッサーQualcomm Snapdragon 8 Gen 3
OSColorOS 14.0
メインメモリー12GB/16GB
ストレージ容量256GB/512GB
ディスプレイ6.82 ″ QHD+
解像度3168 × 1440
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラクアッドカメラ
・メイン5000万画素 1センサー
・超広角5000万画素
望遠5000万画素
望遠5000万画素
フロントカメラ3200万画素
バッテリー容量5,000mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2 DSDV
インターフェイスUSB TYPE-C
サイズ164.3mm
76.2mm
9.5mm
重量221g
カラーブラック
オレンジ
ネイビー

下記で、前期種である、OPPO Find X6 Pro をまとめているので、参考にしてください。

OPPO Find X7 Ultra の特徴

ハイエンド「システム性能」

  • プロセッサー:Qualcomm Snapdragon 8 Gen 3 搭載
  • メモリー:LPDDR5X 12GB/16GB
  • ストレージ:UFS4.0 256GB/512GB
  • OS:ColorOS 14.0

Qualcomm Snapdragon 8 Gen 3 を搭載した、ハイエンドスマホになります。

メモリー、ストレージとも、ハイエンドとして、申し分のないスペックと言えます。

Snapdragon 8 Gen 3 は、8 Gen 2と比較して、CPUの処理性能で30%、電力効率で20% 向上していると言われています。

ヘビーユーザーにとっては、うれしい性能向上になります。

日本で発売されている、ハイエンドスマホ Xiaomi 13T の実売情報を、下記でまとめているので、参考にしてください。

クアッドカメラ「カメラ性能」

  • メイン 5000万画素 1型 SONY第2世代イメージセンサー LYT900 搭載
  • 超広角 5000万画素 SONY第2世代イメージセンサー LYT500 搭載
  • 3倍望遠カメラ 5000万画素 SONYイメージセンサー IMX890 搭載
  • 6倍望遠カメラ 5000万画素 SONYイメージセンサー IMX858 搭載

4つの、5000万画素のカメラを搭載した、ハイスペックカメラ仕様スマホになります。

すべてのカメラが、SONYのイメージセンサーを搭載してるのに加え、メイン、超広角は、第2世代のイメージセンサーになります。

1型センサーの、メインカメラは魅力的で、試してみたい、スマホになります。

OPPOは、SONYのイメージセンサーを採用しているスマホが多い印象です。

下記でまとめている、日本で発売の、OPPO Reno10 Pro も、SONYのイメージセンサーを採用しています。

6.82インチ「ディスプレイ性能」

  • 6.82インチ 有機ELディスプレイ
  • 解像度 QHD+ 3168 × 1440
  • リフレッシュレート 1~120Hz

OPPO Find X シリーズの特徴でもある、ディスプレイ性能です。

OPPOのスマホの中でも、ハイスペック仕様のスマホで、6.82インチの、大型ディスプレイに、高解像度、可変リフレッシュレートなどの、機能が搭載されています。

ディスプレイ性能が良いのは、日本のSONY Xperiaも同じです。

下記で、Xperia 1 V をまとめているので、参考にしてください。

スタイル・形状・ボディ

  • サイズ:164.3mm × 76.2mm × 9.5mm
  • 重量:221g
  • カラー:ブラック、オレンジ、ネイビー

大型ディスプレイだけあって、厚み、重量など、最近のスタイリッシュな形状とは、かけ離れているイメージです。

湾曲スクリーンを採用しているので、大きさを考えると、携帯性は、悪くない気もします。

とにかく、機能・性能重視の、ハイスペックスマホであることは間違いないです。

OPPO傘下の、低価格ハイエンドスマホを、下記でまとめています。参考にしてください。

5000mAh「バッテリー性能」

  • 5000mAhの大容量バッテリー
  • 100W急速充電対応
  • 50Wワイヤレス充電対応

大容量バッテリーに、急速充電、ワイヤレス充電に対応しています。

10分で50%、26分で100% 充電可能となっています。

日本で発売している、iPhone14、Google Pixel 8も、ワイヤレス充電対応になります。

下記でまとめているので、参考にしてください。

デュアルSIM DSDV

  • nanoSIM × 2
  • デュアルSIM DSDV対応

nanoSIM × 2 のデュアルSIM DSDV対応です。

日本発売となれば、eSIMにも、対応してくることが予想されますが、今のところ、発売のアナウスはありません。

私は、nuroモバイル、IIJmio、ドコモ irumo の、3つのSIMを使って、DSDVとしています。

災害時など、回線を使い分けることによって、どれかが使える可能性があります。

DSDVは、便利なシステムなので、使ってみてください。

デュアルSIM DSDVの詳細は、下記でまとめているので、参考にしてください。

まとめ:日本発売期待「OPPO Find X7 Ultra」中国で発表のスペックと特徴

OPPOが中国で発表した、OPPO Find X7 Ultra の、スペックや、特徴をまとめました。

日本で発売に期待したい、スマホの1つになります。

OPPOは、ミドルレンジスマホは、定期的に発売していますが、ハイエンドスマホは、Find X3 Pro 以降、日本に展開していません。

iPhoneや、Google Pixel など、人気のスマホが有る領域なので、OPPOと言えど、日本のハイエンド市場へ力を入れるのは、難しいのかもしれません。

とは言っても、やはり、日本発売に期待したい、OPPO Find X7 Ultra になります。

OPPO Find X7 Ultra の詳細は、下記、OPPO中国公式HPを確認してください。

OPPO中国公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

OPPO
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました