「DSDV」デュアルSIMデュアルVoLTEの魅力_特徴と「メリット」「デメリット」

DSDV-SIMDSDV

みなさんも、聞いたことがあると思いますが、「DSDV」スマホ。

中国メーカーで人気の「Xiaomi」「OPPO」「モトローラ」などの、格安スマホは、ほぼ、「DSDV」対応機です。

最近では、日本メーカの「AQUOS」「Xperia」なども、DSDVに対応しています。

nanoSIM+eSIMの「DSDV」が増えてきているので、情報を追加しました(2022年2月)

「DSDV」デュアルSIMデュアルVoLTEの魅力_特徴

DSDVは、「デュアルSIMデュアルVoLTE」の略になります。

「4G・5G通信」の、2枚のSIMを、搭載でき、両方のSIMで、待ち受け可能な、システムになります。

SIM搭載方法や、設定方法など、多少の知識は必要となりますが、使い慣れれば、これほど、便利なシステムはありません。

以前は、海外メーカーの、スマホのみが、対応していましたが、最近では、日本のメーカである、「AQUOS」「Xperia」でも、DSDV対応機が発売されています。

DSDV格安スマホについては、下記で紹介していますので、確認してみてください。

DSDV-SIM

DSDVスマホの価格帯

DSDV機が、特別 高く売っているわけではありません。現在、販売されている、SIMフリー機は、ほぼ、「DSDV」に対応しています。

日本で人気の、「Mi 11 Lite 5G」「OPPO Reno5 A」も、DSDV対応スマホになります。

当然、シングルSIMとして、1枚のSIMのみで、動かすことも可能です。

nanoSIM+eSIMの「DSDV」

2021年後半から、「nanoSIM+eSIM」の組み合わせのDSDVが、出始めています。

機能としては、同じですが、一方が、eSIMになり、nanoSIMのような、物理的なSIMが無くなっています。

eSIM

「Embedded SIM」の略で、その名の通り、スマホ本体にSIMが内蔵された、本体一体型のSIMの事になります。

通常は、契約時に、SIMを本体に差すことになりますが、eSIMは、オンライン上で、SIM情報を、受け取ることが可能になります。

esim

eSIMのメリット

物理的なSIMが無いので、契約が楽になります。特に、オンラインでの契約の場合、SIMの発送を、待つ必要が無くなります。

eSIMのデメリット

eSIMを発行できるのは、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの、MNO事業者に限られます。

(格安SIMでも、iijmio は、発行できます)

事業者が限られているので、nanoSIM+eSIMの組み合わせの「DSDVスマホを、購入する場合は、eSIM を、どの事業者にするのか、検討してからの購入を勧めます。

基本的には、eSIMを大手nanoSIMMVNOになると思います。

大手と言っても、ahamo、LINEMO、Povo 、UQモバイル、Yモバイルなども、eSIMが使えます。

組合せを考えておくことが大事になります。

(追加)2023年1月現在、MVNOでも、eSIMを発行している事業者があります。

iPhone のデュアルSIM対応

日本で、シェアNo.1の、「iPhone」も、デュアルSIM対応です。(2018年9月に発表の「XS」、「XR」以降)

構成は、nanoSIM+eSIM になります。

2022年3月に発売された、「iPhoneSE(第三世代)も、nanoSIM+eSIM の、DSDS(DSDV)対応です。

iPhone13以降は、デュアルeSIMにも対応し、物理SIM(nanoSIM)不要で、2つのeSIMを使って、DSDVができるようになりました。

2022年9月に発売された、iPhone14を、下記でまとめています。参考にしてください。

デュアルSIMの経緯

dsdv

「DSDV」デュアルSIMデュアルVoLTE

4G・5Gの、2枚のSIMで、待ち受けが可能となるため、SIM1は、プライベート、SIM2は、仕事用など、1台のスマホで、2つのSIMを搭載できます。

(機種によって、4G+4G、5G+4G、5G+5G などがありますので、各スマホのHPで確認下さい)

DSDS から、4G + 4G を可能にした、システムになります。

「DSDS」デュアルSIMデュアルスタンバイ

こちらのシステムも、2つのSIMを、同時待ち受け可能です。ただし、「4G + 3G」の組合せのみで、1つは、3G回線とする必要があります。

DSSSから、同時待ち受け可能としたシステムになります。

「DSSS」デュアルSIMシングルスタンバイ

1台の、スマホに対して、2つの SIM を搭載できるスマホになります。同時待ち受けは、出来ないため、設定で、SIMを切り替える必要があります。

デュアルSIMの進化

dsdv

デュアルSIMの進化を、書くと、下記のようになります。

DSSS

2つの SIM を、搭載できる。

待機状態にできるのは、1つのSIM のみ

DSDS

2つの SIMを搭載し、常に2つとも、待機状態にできる。 ただし、3G + 4G の組合せ

DSDV

4G5G+ 4G(5G) の組合せで、待機状態にできる。

ただし、1つのSIMで、通話中は、もう片方のSIMは、使用不可。

DSDA

最近では、DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)の機種が出てきて、1つのSIMで、通話中でも、もう片方のSIMで、データ通信可能になってます。

デュアルSIM DSDVのメリット・デメリット

デュアルSIMの、メリット、デメリットを上げていきます。

DSDVのメリット

dsdv

使い方はいろいろあります。

  • プライベート用、仕事用で、、2枚のSIMを活用
  • プライベートで、2枚のSIMを活用

以前は、「MNO_3G通信かけ放題」+ 「MVNOデータ通信専用」が主流で、トータルの電話料金を下げる方法で、使われることが多かったです。

組合せは、自由なので、自分に会ったSIM、2つを、利用することができます。

MVNO格安SIMは、複数の事業者が、参入していて、何処を選んでよいのか、難しい選択かと思います。

選択の目安として、通話アプリ不要の、MVNOを選択することが、良いかと思います。

通話アプリ不要のメリット・詳細などは、下記で詳しく説明しています。参考にしてください。

DSDVのデメリット

大手MNO各社とも、格安のプランが出てきたため、以前の様に、2枚のSIMで、電話料金を下げることが難しくなりました。

MNOの低価格プランや、MVNO格安SIMについては、下記でまとめていますので、確認ください。

シングルSIMで、20GBに、かけ放題オプションを付けても、(税込)4500円程で、おさまります。

デメリットと言うより、メリットが、消された感じとなっており、「デュアルSIM_DSDV」の、メリットが、薄れていると言わざるを得ません。

2023年「DSDA」 スマホの動向

デュアルSIM DSDV でも、十分、活躍できるスマホとなっていますが、気になるのが、DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)の状況です。

下記、2つの、プロセッサー(チップセット)が、DSDA対応となっています。

  • Qualcomm snapdragon 8 gen 2
  • MediaTek Dimensity 9000

いづれも、ハイエンドスマホ用の、プロセッサーで、搭載スマホも、まだまだ少ないです。

2023年「DSDA」元年

あくまでも、願望と、期待を込めての、2023年DSDA元年とさせてもらいました。

通話中にも、もう一方のSIMで、データ通信をして、調べたい。

そんなことも、あろうかと思います。

DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)搭載の、スマホの普及に期待したいと思います。

まとめ

DSDVの概要、メリット、デメリットを、まとめてみました。

スマホ自体は、DSDV機が、多くなってきたのですが、大手MNOの格安プランの提供によって、DSDVのメリットが、薄れてきた感はあります。

通信会社を、分けておくことにより、繋がりにくいときは、もう1つのSIMにしたりと、便利に使えることはありますが、「電話料金を安くする」と言う、最大のメリットが、無くなりつつあるのも現実で、まだまだ、調査が必要だと感じています。

「5G + 5G」への対応や、「DSDA」機の情報など、変化がありましたら、また、更新したいと思います。

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました