MVNO格安SIM「OCNモバイルONE」エコノミーMVNOのユーザーメリットと料金プラン

ocn_economy_mvnoドコモ

OCNモバイルONEが2021年10月から、データ通信量「0.5GB」の料金プランを追加しています。

あせて、同じく2021年10月から、エコノミーMVNO として、NTTドコモと、連携しています。

これにより、全国の「ドコモショップ」で、「OCNモバイルONE」への契約が可能となりました。

MVNO格安SIM「OCNモバイルONE」ドコモとエコノミーMVNO

「OCNモバイルONE」と言えば、スマホを、低価格で提供している、MVNO格安SIM事業者で、このブログでも、その破格ぶりを、何度も、紹介させていただいています。

そんな、ONモバイルONEについて、このブログでは、下記2点をメインに、説明していきたいと思います。

  • ドコモとエコノミーMVNO連携
  • 0.5GB:550円 プランの定着
ocn_economy_mvno

この2つは、ドコモ、OCNモバイルONE そして、ユーザーにとっても、大きなメリットがあります。

ユーザーにとってのメリットを重点的に、OCNモバイルONEの良さや、料金プランを解説していきます。

「OCNモバイルONE」ドコモとエコノミーMVNOによるユーザーメリット

ドコモと「エコノミーMVNO」連携

ソフトバンクのLINEMO、auのPovo2.0 が、低容量利用者のための、データ通信3GBのプランを追加しましたが、ドコモは、20GB、ワンプランのままです。

低容量の穴を埋めるべく、エコノミーMVNOの連携になります。

ドコモのメリット

  • 低価格プランを提供できる

3G回線の廃止に伴い、ほとんど、データ通信を必要としない、ユーザーが、増えています。

先にも述べている通り、ahamoの 20GBも、必要ないユーザーに、ONCモバイルONEの低容量、低価格のプランを、提供できます。

ONCモバイルONEは、ドコモ回線になるので、ユーザー逃がさないためには、データ通信低容量のプランが必要なのです。

ONCモバイルONEのメリット

  • ドコモショップで、ONCモバイルONEが契約できる
  • 宣伝効果

MVNO格安SIMは、基本ネットでしか、契約ができません。

エコノミーMVNO締結により、ドコモショップで、契約が可能となりました。

家電量販店でも、「エコノミーMVNO ONCモバイルONE」の文字を見るようになり、宣伝効果も抜群です。

ユーザーのメリット

  • ドコモショップで、低容量プランの契約ができる
  • 対面で、内容の確認ができる
  • 低価格プランに加入できる

ネットで、訳が分からない、手順を踏むことなく、低容量プラン・低価格の、ONCモバイルONE への加入を、ドコモショップで、契約可能となります。

詳しい内容なども、確認しながらできるので、メリットは、大きいと感じます。

特に、3G回線終了と共に、強制的に、4Gへの移行が必要となる方にとっては、月額価格の上昇は、抑えたいはずです。

そんな方にとっては、低価格プランに加入が出来る、エコノミーMVNO 締結は、有難い出来事だと感じます。

当然、ドコモや、ahamoなどへ、契約することも可能で、ユーザーの選択肢が増え、選ぶことができるのも、ポイント1つです。

ドコモのエコノミーMVNO連携による他社の状況

au「Povo2.0」/ソフトバンク「LINEMO」

先にも述べている通り、auの、Povo2.0と、ソフトバンクの、LINEMO は、3GBプランが追加されていて、低価格プランへも加入が出来ます。

どちらも、詳細は、下記でまとめていますので、参考にしてください。

au「Povo2.0」

主な特徴は、Povo2.0 にかわってから、3GBが追加されたことだけでなく、トッピング方式で、月額「0円」の基本料金から、データー通信や、かけ放題などを、追加していく方式をとっています。

ソフトバンク「LINEMO」

何処よりも早く、データ3GBの、低容量低価格プラン「ミニプラン」を出して、低容量プランが必要なユーザーに、提供を始めています。

個人的に私も、契約していた時期があります。

MVNO格安SIM事業者

数多くの、MVNO事業者がありますが、ドコモ、au、ソフトバンクの低価格プランの出現は、MVNOの存在意義を、かき消されてしまい、強力なライバルになっています。

独自の優位性などを打ち出して、ユーザー獲得に、乗り出しています。

低容量プランの料金比較を、下記でまとめていますので、参考にしてください。

ドコモ「エコノミーMVNO」

ドコモとエコノミーMVNO を締結しているのは、OCNモバイルONEだけではありません。

以下の、MVNO格安SIM事業者も、エコノミーMVNO 締結しています。

  • TONEモバイル
  • LIBMO

どちらも、詳細を、下記でまとめていますので、参考にしてください。

続いて、OCNモバイルONEの、料金プラン詳細を確認していきます。

OCNモバイル 料金プラン詳細

MVNOで格安SIMを提供している事業者になります。

ドコモのエコノミーMVNO となっているので、ドコモショップでも、契約できます。

通話料金

  • 通話料金:11円/30秒

MVNO格安SIMは、11円/30秒としているところが多いです。

ahamo, povo, LINEMOは、22円/30秒になります。

最安は、HISモバイルの、9円/30秒

HISモバイルは、下記でまとめていますので参考にしてください。

手数料

  • 解約手数料無し、MNP転出手数料無し、最低利用期間無し
  • 契約時に、初期手数料:3300円、SIMカード手配料:434円 がかかる。

ちなみに、大手MNOの、プランの1つになる、ahamo, povo, LINEMO は、初期費用がかかりません

月額料金が安い、MVNO 格安SIM の、どうしようもない部分です。

料金プラン

データ通信量音声通信プランSIM
0.5GB550円
1GB770円
3GB990円
6GB1,320円
10GB1,760円

データー量追加:500円/1GB(OCNアプリからの追加の場合)

「かけ放題」オプション

  • 10分かけ放題オプション:935円
  • トップ3かけ放題オプション:935円
  • 完全かけ放題オプション:1,430円

料金プラン詳細は、下記、OCNモバイルONE公式HPで確認して下さい。

OCNモバイルONE公式HP

次に、主な特徴を、2つ挙げます。

通話専用アプリ不要

OCNモバイルONEは、通話専用アプリが不要です。

通話専用アプリは、MVNO格安SIMの、デメリットの1つで、普段の何気ない通話で、大事な要素です。

特に、かけ放題などの、通話オプションに加入した場合、顕著になります。

その通話専用アプリが、OCNモバイルはONEは、不要としています。

通話専用アプリ不要に関しては、こちらでまとめています。参考にしてください。

かけ放題が、2000円以下

かけ放題などで、通話メインの方は、0.5GB:550円 + かけ放題が、お勧めです。

550円 + 1,430円で、2000円以下で、かけ放題SIMとなります。

私は、メインSIMを、OCNモバイルONEの、かけ放題SIMとして、使っています。

まとめ:「OCNモバイルONE」エコノミーMVNOのユーザーメリットと料金プラン

ドコモと、エコノミーMVNO を締結した、OCNモバイルONEについて、まとめてました。

ドコモショップで、低容量低料金のプランに加入できると言いった、ユーザーにとっても、メリットが多い、エコノミーMVNO締結です。

私自身、メインSIMで、OCNモバイルONEを使っていて、割るところが見当たらない、いい事業者だと、思っています。

そもそも、OCNモバイルONE の、運営企業は、NTT 系列で、信頼のおける企業でもあります。

OCNモバイルONEの詳細は、下記、公式HPで確認して下さい。

OCNモバイルONE公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました