ドコモ「5G対応」2021年~22年の、冬春モデルが発表

docomo_5Gドコモ

ドコモから、「5G対応」2021年~22年の、冬春モデルが発表されました。

ハイスペックの、折りたたみスマホから、あんしんスマホまで、ラインナップが揃っています。

これから発売されるスマホは、「5G通信対応」が当たり前になるのでしょうか?

ドコモ「冬春モデル」

ドコモの、2021年・22年の、冬春モデルのラインナップになります。

今回発表されたモデルは、すべて、「SIMロックフリー」となりますが、「eSIM」には、未対応になります。

2021年10月から、「SIMロック」原則禁止となった対応で、ユーザーにとっては、選択肢が増え、分かりやすくなりました。

ラインナップ

機種メーカー発売時期価格
Galaxy Z Flip3 5G(SC-54B)サムスン電子2021年10月6日14万8896円
Galaxy Z Fold3 5G(SC-55B)サムスン電子2021年10月6日23万7600円
Xperia 5 Ⅲ(SO-53B)ソニー2021年11月12日113,256円
AQUOS sense6(SH-54B)シャープ2021年11月11日57,024円
arrows We(F-51B)FCNT2021年12月3日21,450円
Galaxy A22 5G(SC-56B)サムスン電子2021年12月2日22,000円
らくらくスマートフォン(F-52B)FCNT2022年2月24日51,744円
あんしんスマホ(KY-51B)京セラ2022年2月24日46,976円

スペック仕様

本ブログでも、紹介している機種があります

下記の記事を参考にしてみてください。

以下、京セラの、「あんしんスマホ(KY-51B)」について、スペックと特徴をまとめてみます。

あんしんスマホ(KY-51B)のスペック

項目あんしんスマホ
KY-51B
プロセッサーSnapdragon 480
Android 11
メインメモリー4GB
ストレージ容量64GB
ディスプレイ6.1″ HD+
解像度1,080×2,400
アウトカメラ4,800万画素
フロントカメラ800万画素
バッテリー容量4,500mAh
おサイフケータイ
防水/防塵IPX5・8/IP6X
インターフェイスUSB TYPE-C
カラーピンクゴールド
ネイビー

あんしんスマホ(KY-51B)の特徴

システム

「Qualcomm Snapdragon 480」「メモリー4GB」「ストレージ64GB」の、ローエンド、エントリーモデルになります。

エントリーモデルですが、「5G通信」には、対応しています。

特別なことをやらない限り、十分なスペックを搭載しています。

カメラ

シングルカメラとはなりますが、「4800万画素」のカメラを搭載しています。

洗えるスマホ

下記紹介の、FCNT「arrows We」と同様に、洗うことができます

洗い方については、京セラの公式HPで、紹介していますので、参考にしてみてください。

アルコール除菌や、洗う事ができる、スマホが、増えてきている気がします。

「コロナ禍」いかに、ユーザーを獲得するか、各社、知恵を絞っている感じです。

電話・メール簡単操作

シニア層向けの「格安スマホ」になるので、「電話をする」「メールをする」「ホームに戻る」を加えた、3点を、簡単に出来るよう、レイアウトされています。

よく使う電話 3件を、ホーム画面に、表示できる機能も、有難いのではないでしょうか。

通話録音

「最大:60分間」通話の録音ができます。

何度、注意を呼びかけても、電話による、詐欺が、なくなりません。

いかに、スマホ側で、制限できるのか、メーカーの対応も、重要になってくると思います。

おサイフケータイ

シニア層向けと考えると、おサイフケータイの必要性も、微妙な感もありますが、日本市場には、おサイフケータイは、必須機能です。

まとめ

NTTドコモの、2021年~22年の、春冬モデルを、紹介しました。

今回、あんしんスマホ(KY-51B)を取り上げた、理由は、3G通信終了に伴う、シニア層への対応状況を、確認してみたかったからになります。

終了させるのには、現在使っているユーザへの、対応が必須で、おろそかになってはいけません。

格安の料金プランは、下記で紹介の通り「エコノミーMVNO」で対応出来そうなので、NTTドコモの、シニア層への対応が、着々と進んでいる感があります。

これからも、ドコモの活躍に、期待しています。

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました