「MNO低価格プラン」「MVNO格安SIM」スマホ料金を安くする3つのポイント

DSDV
記事内に広告が含まれています。

スマホ料金が高いと思っている方、料金を、安くする方法の、選択肢は、いっぱいあります。

MNO低価格プランへの見直し、MVNO格安SIMへの移行など、さまざまな方法で、安くできます。

是非、見直してみてください。私にできることは、サポートいたします。

「MNO低価格プラン」「MVNO格安SIM」スマホ料金を安くする3つのポイント

スマホ安くするための、秘訣です。

それは、現状を把握することです。まずは、下記を確認してみてください。

スマホ料金を安くする3つのポイント

  1. データ通信がメインか? 通話がメインか?
  2. 毎月のデーター通信量
  3. 毎月の電話使用量

これだけあれば、安くできるプランが必ず見つかります。

同じ通信事業者、同じプランで、入り続けているのは、デメリットはあれど、メリットはありません。

特に、今は、法的な理由から、「2年縛り」の違約金が、ありませんが、旧プランを入り続けていると、解約時の違約金が発生する可能性があります。

大手MVNO旧プランでも、違約金廃止

大手MNO、ドコモ、au、ソフトバンク共、旧プランでも、解約時の違約金を廃止することを発表していますが、分かりずらい文言が多く、知っていないと、損をする場合があります。

  1. ドコモ 2021年10月1日より、旧プランの違約金廃止済み
  2. au 2022年3月より、旧プランの違約金廃止
  3. ソフトバンク 2022年2月より、旧プランの違約金廃止

大手MNOは、旧プランに入っていても、2022年、違約金が無くなりましたが、このように、旧プランを使い続けることにより、デメリットが生じます。

「MNO低価格プラン」「MVNO格安SIM」の低価格プラン

まずは、MVNO低価格プランと、MVNO格安SIMの、価格を確認し、比較していきます。

大手「MNO」 低価格プラン

現在は、大手MNOからも、格安プランが運用されており、MVNO事業者の「格安SIM」では不安と思っている方でも、安いプランを選ぶことが出来ます。

  1. ドコモ ahamo(アハモ)
  2. au Povo2.0(ポヴォ)
  3. ソフトバンク LINEMO(ラインモ)
  4. 楽天モバイル

「MVNO」格安SIMの低価格プラン

ドコモが、エコノミーMVNO を始めたことで、MVNOの文字を、目にすることが多くなりました。

MVNOは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で、大手MNOから電波を借りて、運営し、料金を安く抑えた、プランを出している事業者になります。

有名なところでは、Yモバイル、UQモバイルになります。

Yモバイル、UQモバイルは、少々お高いので、それ以外の事業者に、価格を見ていきます。

ちなみに、MVNO 格安SIMにする場合は、通話専用アプリ不要の、MVNO事業者がお勧めです。

  1. OCNモバイル
  2. 日本通信
  3. イオンモバイル
  4. NUROモバイル
  5. J:COM MOBILE
  6. HISモバイル

通話専用アプリは、MNOと、MVNOの違いが、浮き彫りになっているシステムで、いろいろと面倒なことや、デメリットが多いため、お勧めできません。

アプリ不要が実現したことによって、大手MNOとの差が、縮まったと思います。

通話専用アプリの特徴、メリットなどは、下記で紹介していますので、参考にしてください。

「MNO低価格プラン」「MVNO格安SIM」の低価格プラン比較

各プランの料金を比較してみます。(2022年時点)

MVNOは、代表的な、事業者のみ記載しています。

比較ahamopovo2.0LINEMO楽天モバイルOCNモバイルイオンモバイルnuroモバイル
3GB990円990円1,078円990円1,078円792円
10GB1,760円1,848円1,485円
20GB2,970円2728円2700円1980円2,178円2,699円
無制限2980円
通話22円/30秒22円/30秒22円/30秒22円/30秒11円/30秒11円/30秒11円/30秒
5分かけ放題含む550円550円550円550円
10分かけ放題1,100円935円935円935円
完全かけ放題1100円1,650円1,650円1,430円1650円1650円
事業者NTTドコモKDDI(au)ソフトバンク楽天NTT
コミュニケー
ションズ
イオンリテールソニーネット
ワークコミュニ
ケーションズ
MNOMNOMNOMNOMVNOMVNOMVNO

低価格プラン各社の特徴

MVNO格安SIMは、代表的でかつ、通話アプリ不要の事業者を選んでいます。

ahamo

20GBプランが、3社で一番高く見えるが、5分かけ放題を含んでいるため。

OCNモバイル、トーンモバイルと、エコノミMVNOを締結。

小容量プラン希望の場合、ドコモショップで、どちらかと契約が可能。

povo2.0

データ容量、通話オプションなど、トピックスシステムを導入している。

1ヶ月と言うより、30日単位で、トッピングを購入していくシステムになっている。

トッピングの自動購入が出来ないのが、ネックとなる。

LINEMO

3社の中で、いち早く、3GBプランを投入し、低容量利用者 用のプランが出ている。

楽天モバイル

段階的な価格設定で、データー通信の使用容量に応じて、毎月の価格が変動する。

専用アプリ「Rakuten Link」利用で、通話料無料(※)

OCNモバイル

550円(500MB/月)から選択可能。

通話専用アプリ不要で、完全かけ放題と組み合わせて、2000円以下で、カケホスマホが出来る。

通話アプリ不要。

イオンモバイル

1GB単位で、料金プランを、選ぶことができる。

オンラインの他、イオンショップで契約可能。

nuroモバイル

3GB 最安です。ソニー系列で、この価格は魅力的。

「Xperia」購入に特典がある。

通話専用アプリ不要。

お勧め料金プラン「通話メイン」の方向け

「2000円以下で、かけ放題スマホ」

私個人は、OCNモバイルに加入しています。完全かけ放題で、2000円以下です。

通話専用アプリ不要なので、最初からスマホに入っている、通話アプリで電話ができます。

プラン例

  • 0.5GBプラン 550円 + かけ放題 1,430円 = 1,980円/月
  • 0.5GBプラン 550円 + 10分かけ放題 935円 = 1,485円/月

上記のような、プランが想定できます。

参考とはなりますが、個人的な SIM構成を、下記で紹介しています。参考にしてください。

データ通信は2枚目のSIMで

私の場合、DSDVの活用を、考えているため、2枚目のSIMをデータ通信専用として使っています。

従って、メインのデーター通信量は、こんな感じで十分です。

あくまでも、通話重視 のプランです。

電話は、あまり使わない方であれば、データ通信量でプランを考えて下さい。

DSDVの詳細は、こちらでまとめています。参考にしてください。

お勧めプラン「データ通信重視」の方向け

データ通信量に応じて、お勧めのプラン

データー通信量お勧めプラン詳細
~3GBMVNO 格安SIM
Povo2.0
LINEMO
1~3GBプラン
3GBプラン
3GBプラン
4GB~10GBMVNO 格安SIM6~10GBプラン
10GB以上ahamo 
Povo2.0
LINEMO
20GBプラン

通話料

通話料に、ちがいがあります。MVN格安SIMの方が、安いです。

  • MVNOが、11円/30秒
  • MNOが、22円/30秒

データー通信 翌月繰り越し

データー繰り越しも、違いがあります。

  • MVNOは、翌月繰り越し有り
  • ahamo、Povo2.0、LINEMO は、繰り越し無し

ahamoは、見た目高くなっていますが、5分間の通話無料込みなので、20GBプランの、最安は、ahamoになります。

5分の無料通話もいらない方は、Povo2.0、LINEMO が最安です。

「スマホ」本体の価格

今の端末を継続利用

今までの、話には、「スマホ」自体の料金が入っていませんが、今回紹介している、プランは、すべて、現在使っているスマホを使用できます。

MNP(ナンバーポータビリティ」で、プラン変更すれば、「SIM」の入れ替えと、ちょっとした設定のみで、プラン変更が出来ます。

端末を購入

スマホも買い換えたい場合は、OCNモバイルONE が、お勧めです。

格安でスマホを、入手できます。

ちなみに、私は、OCNモバイルONEで購入した、「AQUOS sense4 plus」を使っています。

セール中であれば、「1円」で購入できるスマホもあるので、チェックしてみてください。

(追記)その他、大手MNOからも、一括:1円で、販売されているスマホもあります。

2023年1月の、一括:1円の情報です。

家電量販店などで、特価スマホとして、販売している場合があります。

まとめ:スマホ料金を安くする3つのポイント

と言うことで、通信事業者が増え、いろいろとややこしいことが多く、今のままでいいや! と思ってしまう理由も分かります。

ややこしくして、プランを見直さないのは、ドコモ、au、ソフトバンクの、術中に、はまっているだけとも言えます。

そのような、みなさんの、プランの見直しを、お手伝いできればと考えています。

問合せから、連絡をいただければ、最適のプランを考えます。

一緒に最善のプランを、見つけましょう!

閲覧いただき、ありがとうございました。

DSDV
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました