1円スマホ「arrows We」など、2024年も継続の一括1円スマホ

au
記事内に広告が含まれています。

2024年に入っても、スマホが1円で売られ続けている機種があります。

1円スマホと言っても、実質価格ではありません、一括1円のスマホになります。

ローエンドスマホとなりますが、スマホ初心者や、高齢者などに優しいスマホなので注目です。

1円スマホ「arrows We」など、2024年も継続の一括1円スマホ

2024年も、1円スマホは、存在しています。しかも、一括1円のスマホです。

ローエンドスマホとはなりますが、スマホ初心者や、高齢者には、十分なスペックのスマホになります。

1円スマホ「arrows We」

このようなスマホに規制をかけると、弱者が困ってしまいます。

一括1円のスマホが、残っていることに感謝しつつ、今後もこのランクの、規制が強まることが無い事を願います。

本日は、3機種の一括1円スマホをまとめていきます。

まずは、いつものように、価格と、購入条件から、説明していきます。

ちなみに、ハイエンド、iPhone14の、2024年の価格を下記でまとめているので、参考にしてください。

1円スマホ 2024年も継続の、ローエンドスマホの価格

機種セール価格機種のみ価格
arrows We一括1円22,001円
Redmi Note 10T一括1円21,984円
Libero 5G Ⅳ一括1円21,996円

ローエンドスマホとはなりますが、5G通信対応、おサイフケータイ搭載など、不便の無い、1円スマホになります。

ちなみに、2023年11月末に、一括1円のスマホをまとめているので、参考にしてください。

arrows We auの購入条件

arrows We  auの購入条件
  • auへのMNP転入
  • 新規でも可

ローエンドスマホなので、特別厳しい条件はありません。

MNP転入又は、新規で、auへの加入が条件となります。

下記でまとめている、ハイエンドスマホになると、22歳以下以外は、新規は対象外となります。

Redmi Note 10T ソフトバンクの購入条件

Redmi Note 10T  ソフトバンクの購入条件
  • ソフトバンクへ、MNP転入
  • 22歳以下は、新規でも可
  • メリハリ無制限+ への加入
  • 又は、ペイトク(30/50/無制限)への加入
  • スマホデュープラン+ベーシックへの加入

ソフトバンクの条件は、ハイエンドスマホの条件と変わりません。

ソフトバンクの高額のプランへの加入が条件となるので、厳しい条件と言えます。

ソフトバンクのハイエンドスマホについては、下記でまとめているので、参考にしてください。

Libero 5G Ⅳ Yモバイルの購入条件

Libero 5G Ⅳ  Yモバイルの購入条件
  • YモバイルへMNP転入
  • M 又は Lプランへの加入

Yモバイルの条件も、他のスマホの条件と同じになります。

Yモバイルのライバルプランとなる、UQモバイルの、ハイエンドスマホの総額価格をかきでまとめています。参考にしてください。

1円スマホ、3機種の特徴と、どれが一番良いのか?!

一括1円のスマホの特徴と、3機種の中で一番良いのはどれか を下記に沿ってまとめていいきます。

  • arrows We の特徴
  • Redmi Note 10T の特徴
  • Libero 5G Ⅳ の特徴
  • 1円スマホ お勧めはこの機種で決まり

arrows We の特徴

arrows We の特徴

ローエンドスマホで、2021年12月発売なので、息の長い人気となっている1円スマホです。

一括1円で販売されてからも、長く売られ続けています。

使い勝手、耐久性、5G対応、機能など、万能型のスマホなのが、人気の長続きしている理由となります。

まずは、この機種からスタートと考えても良い気がします。

arrows Weの詳細は、下記でまとめているので参考にしてください。

Redmi Note 10T の特徴

Redmi Note 10T の特徴

Xiaomiのローエンドスマホになります。

こちらも、おサイフケータイ、5G通信、防塵防水対応で、長く売られているスマホになります。

arrows Weと違い、nanoSIM + eSIMの、DSDV対応になるので、2つのSIMを使う方は、こちらの方が良いです。

ただし、使い勝手は、画面表示などを考えると、arrows Weの方が上になります。

Redmi Note 10T の詳細は、下記でまとめているので、参考にしてください。

Libero 5G Ⅳ の特徴

Libero 5G Ⅳ の特徴

2023年12月に発売の、ローエンドスマホになります。

Yモバイルからの発売となりますが、発売直後から、一括1円で売られているスマホになります。

ZTE製のスマホで、Libero 5G Ⅱ、Ⅲ なども、Yモバイルから発売されています。

本機も、5G通信対応、おサイフケータイ、防水防塵に対応しています。

Libero 5G Ⅳ の詳細については、下記、ZTE公式HPで確認してください。

ZTE

1円スマホ お勧めはこの機種で決まり

まる洗い出来る arrows We

お勧めスマホは、もちろん、arrows We になります。

初心者、高齢者に優しい、シンプルな画面設定が可能なのに加え、洗うことも、除菌シートで拭くこともできます。

arrowsブランドになるので、安心して使い続けることに、期待ができる機種になります。

1円スマホとして、長く売られ続けていると言うことは、それだけ、人気がある証拠です。

注意点として、シングルSIMである事です。

購入又は、検討時は、この点を、理解しておく必要があります。

AQUOS wishシリーズも同じように、初心者に優しいスマホになります。

下記で、AQUOS wish3 をまとめているので、参考にしてください。

まとめ:1円スマホ「arrows We」など、2024年も継続の一括1円スマホ

2024年に入っても、1円スマホとして、一括1円で売られている、ローエンドスマホをまとめました。

  • arrows We
  • Redmi Note 10T
  • Libero 5G Ⅳ

やはり、一番のお勧めは、arrows Weになります。

FCNT社の、民事再生により、どうなってしまうのかと思っていましたが、レノボの出資により、FCNT合同会社として、生まれ変わりました。

FCNT合同会社のこれからの、スマホ事業に、注目しています。

arrows We の詳細は、下記、FCNT合同会社公式HPで確認してください。

FCNT合同会社

閲覧いただき、ありがとうございました。

au
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました