投げ売り「iPhone14」MNO大手3社の実質価格を比較します

ドコモ
記事内に広告が含まれています。

日本シェアNo1の、iPhoneで、現在の売れ筋機種が、iPhone14になります。

2024年に入り、実質価格が変動しているので、まとめていきたいと思います。

今までは、各社、投げ売りの実質1円と、横並びで競い合っていましたが、はたして、どう変わっているのでしょうか?!

投げ売り「iPhone14」MNO大手3社の実質価格を比較します

投げ売りの、実質1円で販売され続けていた、iPhone14ですが、2024年に入り、価格が変動しています。

ドコモ、au、ソフトバンクで、価格が変化しているので、まとめていきます。

投げ売り「iPhone14」MNO大手3社の実質価格

2023年12月27日の、1円スマホ廃止規制の影響で、各社の価格が変わったのは、言うまでもありません。

個人的には、各社、一括価格のでの販売を期待していましたが、実質価格での販売が継続しているのが現状です。

一括低価格は、Yモバイル、UQモバイル、IIJmio など、格安SIMからの発売を期待するしかないようです。

まずは、iPhone14の、投げ売り実質価格と、購入条件からまとめていきます。

ちなみに、UQモバイルが発売の、Xiaomi 13T の総額価格を下記でまとめています。参考にしてください。

投げ売り「iPhone14」MNO大手3社の実質価格

キャリアMNPセール価格
ドコモ12円/月/1年
au19,860円/2年
ソフトバンク23,650円/2年

価格は、各社でバラバラです。

ただし、どれも、実質価格で、ドコモ、auは、2年後まで、ソフトバンクは、1年後までの価格となります。

ソフトバンクの価格については、2023年12月27日以降も、同額となっています。

下記で、まとめているので、参考にしてください。

投げ売り「iPhone14」ドコモの購入条件

投げ売り「iPhone14」ドコモ
  • ドコモへMNP転入
  • eximo(エクシモ) への加入
  • 22歳以下は、新規でも可

ドコモの実質価格が、一番高くなっています。

irumo契約でもOKであれば、この価格も納得いきますが、irumo契約は、購入条件対象外です。

ドコモのirumoについては、下記でまとめているので参考にしてください。

投げ売り「iPhone14」auの購入条件

投げ売り「iPhone14」au
  • auへMNP転入
  • 22歳以下は、新規でも可

いつものごとく、auは、プランの指定がありません。

auの中で、最安のプランを選ぶことができます。ただし、どれも高いです。

ちなみに、auのサブブランド、UQモバイルが投げ売りで発売している、スマホの情報を下記でまとめています。

参考にしてください。

投げ売り「iPhone14」ソフトバンクの購入条件

投げ売り「iPhone14」ソフトバンク
  • ソフトバンクへMNP転入
  • メリハリ無制限+ への加入
  • 又は、ペイトク(30/50/無制限)への加入

契約期間が、1年と短縮されましたが、ソフトバンクだけは、投げ売りの実質1円を貫いています。

下記で、2024年新年早々の、実質1円スマホをまとめているので、参考にしてください。

投げ売り iPhone14の特徴と主なスペック

実質価格の投げ売りで販売されている、iPhone14の特徴と、主なスペックを、下記に沿ってまとめていきます。

  • iPhone14の特徴
  • iPhone14の主なスペック
  • 投げ売り iPhone どこで買ったらお得

iPhone14の特徴

iPhone14の特徴

iPhone14 は、Apple独自チップ:A15 Bionic を搭載した、ハイエンドスマホになります。

A15 Bionic は、iPhone13と同じチップで、イマイチ、人気が上がってこないのが、iPhone14になります。

大手MNOでは、iPhone13を販売しなくなったため、iPhone14 か、iPhone15 の販売となり、必然的に、iPhone14が、目立って来ているところです。

同額で、iPhone15が販売されれば、iPhone15の方が、売れてくることが予想されます。

iPhone14の詳細は、下記でまとめているので、参考にしてください。

iPhone14の主なスペック

iPhone14の主なスペック
  • A15 Bionicチップ搭載
  • メイン1200万画素の、デュアルカメラ搭載
  • 衝突事故を自動検出、緊急SOS発信
  • 6.1 インチオールスクリーンOLED(有機EL)ディスプレイ
  • nanoSIM + eSIM デュアルSIM
  • DSDS(DSDV)対応
  • デュアルeSIM対応
  • Face ID 認証
  • 防塵防水:IP68
  • APPLE pay おサイフケータイ

iPhone14 の後継機種である、iPhone15の詳細を、下記でまとめています。参考にしてください。

投げ売り iPhone どこで買ったらお得

iPhoneは、格安SIMでも販売しています。

拘りがなければ、iPhone8 など、格安SIM IIJmio で、投げ売りの、数千円で購入できます。

格安SIM IIJmio では、iPhone13 も販売しているので、月額の料金プランも含めて、お得に購入することができます。

さすがに、iPhone14、iPhone15 は、格安SIMでは販売してないので、大手MNOの、実質価格で購入するのが安いです。

以前、iPhone13の価格比較を、行っています。下記でまとめているので、参考にしてください。

まとめ:投げ売り「iPhone14」MNO大手3社の実質価格を比較します

iPhone14の、MNO各社からの投げ売り、実質価格をまとめました。

  • 最安は、実質1円の、ソフトバンク
  • ただし、2年間から、1年間に変わっている
  • ドコモ、auは、実質価格が上がったが、期間は2年間
  • iPhone13 以下であれば、格安SIMからも買える

今回、iPhoneをまとめましたが、Google Pixel 7a から、ドコモでも販売されていることで、Google Pixel人気が、上昇しているようです。

以前のように、キャリアによる、対応バンドの違いも無くなっているので、価格にもよりますが、Google Pixel 7a 以降の選択も、有りだと思います。

私は、ドコモirumo契約で、Google Pixel 7a を購入し、快適に使っています。

iPhone14の詳細は、下記、Apple公式HPで確認してください。

Apple公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

ドコモ
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました