Xiaomi「Redmi Note 11 Pro 5G」DSDVとおサイフケータイ搭載

Xiaomi
記事内に広告が含まれています。

2022年5月30日、Xiaomi「Redmi Note 11 Pro 5G」が、発売になりました。

「Redmi Note」シリーズは、FeliCa未搭載でしたが、Redmi Note 11 Pro 5G は、FeliCa搭載「おサイフケータイ」対応になります。

性能としては、メインに、1億800万画素の、カメラを搭載した、ミドルレンジスマホ、「nanoSIM + eSIM」の、DSDVにも、対応しているので、十分、遊べるスペックとなっています。

Xiaomi「Redmi Note 11 Pro 5G」DSDVとおサイフケータイ搭載

Xiaomiの、新機種「Redmi Note 11 Pro 5G」SIMフリーが、2022年5月30日に、発売になりました。

「Redmi Note」シリーズですが、FeliCa搭載「おサイフケータイ」に対応し、防塵・防水にも対応しています。

Redmi Note 11 Pro 5G

先日、モトローラからの、初となる、おサイフケータイ搭載機「moto g52j」が、発表されましたが、やはり、日本発売には、欠かせない機能となっており、対応・非対応で、売れ行きも変わってくると、想像します。

最近、おなじみの、「nanoSIM + eSIM」のDSDV搭載で、物理SIMは「nanoSIM」 1つですが、eSIMとの組合せで、DSDVとして、活躍できます。

そんな、「Redmi Note 11 Pro 5G」の、スペック仕様を、確認してみます。

おサイフケータイ搭載「moto g52j」については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

Redmi Note 11 Pro 5G の価格

価格
Xiaomi store44,800円

上記の他、イオンモバイル、iijmioなど、MVNO各社から、発売されています。

楽天モバイルは、最大20,000ポイント還元キャンペーンを実施中です。

最新の情報は、下記、楽天公式HPで確認してください。

楽天モバイル

Redmi Note 11 Pro 5G の主な特徴

  • プロセッサー:Qualcomm Snapdragon 695 5G
  • メモリー:6GB、ストレージ:128GB
  • メイン:1億800万画素 トリプルカメラ
  • 6.67インチ 有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート:120Hz
  • 防塵、防水、おサイフケータイ
  • nanoSIM + eSIM DSDV
  • 67W 急速充電
  • 5G通信対応

「Redmi Note 11 Pro 5G」のスペック

項目Redmi Note 11 Pro 5G
プロセッサーSnapdragon 695 5G
OSMIUI 13
Android 11 ベース
メインメモリー6GB
ストレージ容量128GB
ディスプレイ6.67″ FHD+
解像度2,400 x 1,080
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン1億800万画素
・超広角800万画素
・マクロ200万画素
フロントカメラ1600万画素
バッテリー容量5,000mAh
おサイフケータイ
デュアルSIMnanoSIM + eSIM
DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ164.19mm
76.1mm
8.12mm
重量202g
カラーポーラーホワイト
グラファイトグレー
アトランティックブルー

「Redmi Note 11 Pro 5G」の特徴

ミドルレンジ「システム性能」

  • プロセッサー:Qualcomm製「Snapdragon 695 5G」搭載
  • メモリー:6GB 搭載
  • ストレージ:128GB 搭載
  • 5G通信対応
Redmi Note 11 Pro 5G システム性能

Qualcomm製「Snapdragon 695 5G」を搭載。メモリー6GB(LPDDR4X)ストレージ128GB(UFS2.2)とあわせて、ミドルレンジクラスとして、申し分のないスペックとなっています。

奇しくも、モトローラ「moto g52j」と、同スペックとなります。

価格も、同価格帯での発売となっていて、予想していた通り、ミドルレンジクラスで、激しい、バトルが、繰り広げられそうです。

これに、6月1日に、発表されるであろう、OPPOの新製品が、加わると、さらに、面白くなります。

忘れてはいけないのが、日本ブランドの、「Xperia 10 Ⅳ」です。価格としては、高価になりますが、その分、サウンド、カメラは、ハイエンドなみです。

「Xperia 10 Ⅳ」については、下記で、まとめていますので、参考にしてください。

メイン1億800万画素「カメラ性能」

  • メイン:1億800万画素の、高画質カメラ搭載
  • トリプルカメラ搭載
  • フロント:1600万画素
Redmi Note 11 Pro 5G カメラ性能

「Redmi Note」シリーズの、特徴でもある、1億万画素超えの、カメラ搭載です。

1億800万画素のカメラは、Xiaomi Redmi Note 10 Pro に、初めて搭載され、一躍有名となり、人気機種となっています。

最近では、モトローラなどからも、1億万画素超えのカメラを搭載された、スマホが発売されており、目立つことは無くなりましたが、カメラの性能としては、ミドルレンジクラスを、超えた仕様となっています。

6.67インチ「ディスプレイ性能」

  • 6.67インチ FHD+
  • リフレッシュレート:120Hz
  • AMOLED 有機ELディスプレイ
Redmi Note 11 Pro 5G ディスプレイ性能

リフレッシュレート120Hzで、滑かな表示、有機ELディスプレイで、奇麗な表示を、実現しています。

ミドルレンジクラスとして、申し分のないスペックになっています。

ちなみに、リフレッシュレート120Hzも、Xiaomi Redmi Note 10 Pro が、発端で、市場に、出回るようになりました。「Redmi Note 10 Pro」は、神機だったのかもしれません。

「Redmi Note 10 Pro」は、下記でまとめています。参考にしてください。

防水・防塵・おサイフケータイ

  • IPX3/IP5X:防水防塵性能
  • おサイフケータイ対応

日本では、必須の、機能になります。ローエンドスマホでも、搭載されている、おサイフケータイと、防水・防塵 機能。

「Redmi Note」シリーズでも、搭載され、更に、使い易くなっています。

おサイフケータイの、メリット特徴などは、下記でまとめていますので、参考にしてください。

スタイル・外観・形状

  • カラー:ポーラーホワイト、グラファイトグレー、アトランティックブルー
  • 重量:202g
  • サイズ:164.19mm×76.1mm×8.12mm
Redmi Note 11 Pro 5G カラー

Xiaomiらしい、鮮やかな、色合いの、外観になります。

スタイリッシュなデザインも、健在です。ただ、カメラ部の凸形状が、気になります。

デュアルSIM DSDV

nanoSIM + eSIM の、DSDV対応になります。

最近よくある、nanoSIM + eSIM のDSDVなので、物理SIMは、naoSIMが、1つのみです。

DSDVについては、詳細、メリットなどを、下記で紹介していますので、参考にしてください。

クーリング「冷却性能」

Redmi Note 11 Pro 5G 冷却性能

スマホにとって、冷却性能も大事な要素の1つです。

LiquidCoolテクノロジーとして、ヒートパイプシステムと、多層グラファイトシートを搭載しています。

急速充電しながら、冷却するシステムで、安心して、使用することができます。

5,000mAh「バッテリー性能」

大容量「5,000mAh」バッテリー搭載

  • 67W 急速充電対応
Redmi Note 11 Pro 5G バッテリー

67W 急速充電器が、同梱されています。15分で、50%の、充電が可能。

バッテリーも、大容量なので、電池の心配は、無用の、スマホになります。

まとめ:Xiaomi「Redmi Note 11 Pro 5G」DSDVとおサイフケータイ搭載

Xiaomiから、発売された、「Redmi Note 11 Pro 5G」を、まとめてみました。

おサイフケータイが搭載され、だいぶ、使い易い、「Redmi Note」になったと思います。

1億万画素超えの、カメラを、体験してみたい方は、手に取ってみることを、勧めます。

MVNO各社から、発売されているので、これを機に、機種変更をしてみるのも、良いかもしれません。

ただ、2022年6月1日に、OPPOから、新製品が、アナウスされそうなので、それを、待ってからでも、遅くはないと思います。

噂されている、「OPPO Reno7」については、下記で、まとめていますので、参考にしてください。

「Redmi Note 11 Pro 5G」の詳細は、下記、Xiaomi公式HPで確認してください。

Xiaomi公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

Xiaomi
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました