OPPO Reno7 シリーズを2022年2月海外で発売開始

OPPO

「OPPO」から、OPPO Reno7 シリーズが、発表になりました。

「OPPO reno 5A 5G」で、人気を集めた、同シリーズの最新機種になります。

日本での発売は、今のところ未定ですが、期待して待ちたいと思います。

OPPO Reno7シリーズ

日本で、Androidスマホの人気の、立役者である「OPPO」。Xiaomiと、競い合って、Androidスマホのシェアを伸ばしています。

OPPO Reno7 Pro 5G

日本では、まだまだ、iphone が人気ですが、シェアをジワジワと、奪っています。

人気の、ipnone13 は、下記記事で紹介していますので、参考にしてください。

「OPPO」の「Reno」シリーズ最新機種である、OPPO Reno7 Pro 5Gの、詳細に迫ってみます。

今でも人気の、「OPPO Reno5A」と、Xiaomi「Mi 11 Lite 5G」については、下記記事で紹介していますので、参考にしてください。

価格

OPPO Reno7 Pro 5G価格(中国元)参考価格
(日本円)
8GB+256GB3,699元\67,000円
12GB+256GB3,999元\72,000円
OPPO Reno7価格(中国元)参考価格
(日本円)
8GB+128GB2,699元\49,000円
8GB+256GB2,999元\54,000円
12GB+256GB3,299元\60,000円
OPPO Reno7 SE価格(中国元)参考価格
(日本円)
8GB+128GB2,199元\40,000円
8GB+256GB2,399元\43,000円

日本円は、中国元から換算した、参考価格になります。

日本発売

2022年6月16日に、「OPPO Reno7 A」が、発表になりました。

システム劣化防止機能を搭載し、「ときめき、長持ち」をコンセプトにした、新スマホになります。

詳細は、下記で、まとめていますので、参考にしてください。

「OPPO Reno7 Pro 5G」のスペック

項目OPPO Reno7 Pro
プロセッサーMediaTek Dimensity 1200-MAX
OSColorOS 12
Android 11ベース
メインメモリー8GB/12GB
ストレージ容量128GB/256GB
ディスプレイ6.55″ FHD+
AMOLED有機EL
解像度2,400×1,080
リフレッシュレートMAX:90Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン5000万画素
・超広角800万画素
・マクロ200万画素
フロントカメラ3,200万画素
バッテリー容量4500mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2_DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ158.2mm
73.2mm
7.45mm
重量180g
カラーゴールド
オーロラ
ブラック

「OPPO Reno7 Pro 5G」の特徴

システム性能

システム性能
  • MediaTek製の、最高峰プロセッサー「Dimensity 1200-MAX」を採用
  • メモリー「8GB/12GB」搭載
  • ストレージ容量「128GB/256GB」搭載

日本では、Qualcomm製が一般的ですが、「Reno7 Pro」MediaTek製の、最上位のプロセッサーを採用しています。

メモリー、ストレージも十分な容量を確保。ハイエンドスマホとの、記事も見受けられますが、スペック的には、ミドルレンジになります。

OPPOのハイエンドスマホ「OPPO Find X5 Pro」については、下記で詳細をまとめています。参考にしてください。

カメラ性能

カメラ性能
  • メイン「5000万画素」のトリプルカメラ搭載
  • フロントカメラも、高画質の、3200万画素搭載

メインカメラに、SONYの、「IMX766センサー」を採用、フロントカメラにも、SONY「IMX709センサー」を採用しています。

カメラ性能は、抜群だと言えます。

最近は、1億万画素超えの、ミドルレンジスマホが登場していますので、実際使ってみて、性能を比較してみたいスマホと言えます。

ディスプレイ性能

ディスプレイ性能
  • 6.55インチ「FHD+」解像度「2,400×1,080」
  • 有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート「Max:90Hz」

最近よく見受ける、ミドルレンジスマホの仕様スペックと同等となります。

特別、突出している部分はないですが、十分に、活躍できる、仕様スペックと言えます。

ボディ

スタイル
  • サイズ:158.2mm×73.2mm×7.45mm
  • 重量:180g

中国のスマホは、見た目重量形状に、気を使っているスタイリッシュなスマホが、目立ちます。

今回のスマホも、軽くて、薄くできているので、携帯性、そして、見た目にも、優れたスマホと言えます。

コストパフォーマンスに加え、スタイルの良さが、「OPPO」「Xiaomi」の、人気の秘密だと思います。

その他機能

  • DSDV対応
  • NFC搭載
  • 大容量バッテリー「4500mAh」65W急速充電

DSDVと、NFCへの対応は、いつもの通りになります。

DSDVのメリットは、下記で紹介しています。

まとめ

「OPPO」が海外で、2022年2月に発売予定の、「OPPO Reno7 Pro 5G」の仕様スペックを確認してみました。

是非、日本での発売も、検討してほしいところです。

OPPOは、OPPO Reno A から、おサイフケータイに対応したスマホを、日本発売しています。Reno7シリーズも、日本で発売となれば、おサイフケータイへの対応が、期待できます。

今後の、OPPOの動向に期待しましょう。

詳細は、下記、OPPOグローバル公式HPで確認してください。

OPPOグローバル公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました