DSDVスマホ_ZTE「Axon 40 Ultra」2022年6月8日グローバル発売

ZTE
記事内に広告が含まれています。

2022年6月8日に、ZTE「Axon 40 Ultra」のグローバル版が、発売されます。

Qualcomm製 Snapdragon 8 Gen 1 を搭載している、ZTEの、ハイグレードスマホになります。

先行して、中国で発売されている、「Axon 40 Ultra」のスペックに迫ってみます。

DSDVスマホ_ZTE「Axon 40 Ultra」2022年6月8日グローバル発売

日本でも、発売されている、ZTEのスマホ。

日本展開は、OPPO、Xiaomi より早く、大手MNO各社からも、ZTEのスマホが、発売されています。

米国の、Huawei・ZTE に対する、厳しい制裁が無ければ、OPPO、Xiaomiに、抜かれることは、無かったかもしれません。

Axon 40 Ultra

そんな過去を持つ、ZTEですが、今でも、日本で購入できる、中国のスマホメーカーの1つになります。

その、ZTEの、最新ハイエンドスマホ「Axon 40 Ultra」の、グローバル版が、発売されますので、現在、販売中の、中国仕様の、スペックを確認してみたいと思います。

ちなみに、前期種である、「Axon 30 Ultra」については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

価格

ZTE Axon 40 Ultra価格(中国元)価格(円換算)
8GB+256GB4,998元約97,000円
12GB+256GB5,298元約103,000円
12GB+512GB5,798元約113,000円
16GB+1TB5,798元約142,000円
ZTE Axon 40 Pro価格(中国元)価格(円換算)
8GB+256GB2999元58,000円
12GB+256GB3,298元約64,000円
12GB+512GB3,798元約74,000円

日本円は、中国元から換算した、参考価格になります。

ZTE Axon 40 Proは、「Snapdragon 870」を搭載した、同系列、下位バージョンののスマホで、メインカメラ:1億800万画素を搭載した、優れモノになります。

ZTE「Axon 40 Ultra」のスペック

項目ZTE Axon 40 Ultra
プロセッサーQualcom Snapdragon 8 Gen 1
OSMyOS 12
Android 12ベース
メインメモリー8GB/12GB/16GB
ストレージ容量256GB/512GB/1TB
ディスプレイ6.8″ FHD+
解像度2,480×1,116
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン6400万画素
SONY MX787センサー
・超広角兼マクロ6400万画素
SONY MX787センサー
・望遠6400万画素
フロントカメラ1600万画素
バッテリー容量5,000mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2
DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ163.28mm
73.56mm
8.41mm
重量204g
カラーブラック
ゴールド

「OPPO Reno8 Pro」の特徴

ハイエンドクラス「システム性能」

  • プロセッサー:Qualcomm製 最速「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載
  • メモリー LPDDR5:8GB/12GB/16GB 搭載
  • ストレージ UFS3.1:256GB/512GB/1TB 搭載
  • 5G通信対応
Axon 40 Ultra システム性能

Qualcomm製 最速「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載した、ハイエンドスマホになります。

ストレージの最高が、1TBになります。スマホでは、あまり聞いたことがない、大容量まで、選択できます。高速SDカードを搭載しているようなイメージです。

ハイエンドスマホとして、申し分ないスペック仕様となっています。

日本発売の、Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1 を搭載したスマホは、SONY Xperia 5 Ⅳ があります。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

トリプルカメラ搭載「カメラ性能」

  • メイン:6400万画素 SONY MX787センサー
  • 超広角・マクロ:6400万画素 SONY MX787センサー
  • 望遠:6400万画素
  • ToFセンサー 搭載
Axon 40 Ultra カメラ性能

SONYの、MX787イメージセンサーを、2つも搭載した、6400万画素×3の、トリプルカメラになります。

ToFセンサーも、搭載されていて、素早い、オートフォーカスが可能で、カメラ性能を、堪能できる、スマホと言えます。

SONYのイメージセンサーを搭載した、スマホとして、気になっているのが、i型センサー搭載の、Vivo X90 Pro+ になります。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

ディスプレイ性能

  • 6.8インチ FHD+ 解像度「2,480×1,116」
  • リフレッシュレート:120Hz
  • AMOLED有機ELディスプレイ
Axon 40 Ultra ディスプレイ性能

6.8インチと、大きい、ディスプレイを採用しています。

リフレッシュレート:120Hzと、有機ELディスプレイで、滑らかで、奇麗な表示を、堪能できます。

日本で、ZTEのスマホと言えば、6.7インチディスプレイを採用した、ZTE Libero 5G Ⅱが有名です。

ローエンドスマホとなりますが、Yモバイルで、一括:1円で買うことが出来ます。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

スタイル・外観

  • カラー:ブラック、ゴールド
  • 重量:204g
  • サイズ:163.28mm×73.56mm×8.41mm
Axon 40 Ultra スタイル

丸みを帯びた、外観形状となっていて、ディスプレイサイズが大きい割には、持ちやすいデザインとなっています。

大きさの割には、携帯性は、悪くないと感じます。

Axon 40 Ultra カラー

DSDV_デュアルSIM

nanoSIM × 2 の、DSDV対応になります。

DSDVについては、詳細、メリットなどを、下記で紹介していますので、参考にしてください。

5,000mAh「バッテリー性能」

 Axon 40 Ultra バッテリー性能

5,000mAh 大容量バッテリーを搭載

80W 急速充電対応

まとめ:DSDVスマホ_ZTE「Axon 40 Ultra」2022年6月8日グローバル発売

ZTEの、「Axon 40 Ultra」をまとめてみました。

すでに、日本販売実績のある、ZTEなので、スマホとしての、機能・品質は、申し分ありません。

ただ、OPPO、Xiaomiに、押され気味なのが、悔やまれます。

それにしても、1TBの、ストレージ搭載は、スマホでは、あまり聞かないので、ちょっと驚きました。ミドルレンジでも、128GBが定着している段階なので、かなり、先を言っている感があります。

1TBを、チョイスする人は、何を、保存するのか、聞いてみたい気がします。

ZTE「Axon 40 Ultra」の詳細は、下記、公式HPで、確認してください。

ZTE中国公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

ZTE
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました