SONYの新機種「Xperia 10 Ⅳ」デュアルSIM搭載ミドルレンジスマホ

Xperia

2022年5月11日に、SONYから発表された、Xperiaの新機種「Xperia 10 Ⅳ」

10シリーズは、ローエンドとの見方もありますが、ミドルレンジとして、間違いのない、スマホになります。

前期種である、「Xperia 10 Ⅲ」は、MNO、MVNO各社から発売されて、人気機種になります。

価格、デュアルSIMの情報を、更新しました

SONY新機種「Xperia 10 Ⅳ」

SONYから、2022年5月11日に発表された、3種類の内、本日は、「Xperia 10 Ⅳ」の仕様を、検証してみます。

  • Xperia 1 Ⅳ  ハイエンドスマホ
  • Xperia 10 Ⅳミドルレンジスマホ
  • Xperia Ace Ⅲ ローエンドスマホ

プロセッサーに、Qualcomm製「Snapdragon 695 5G」を搭載し、前期種より、約20%程、性能アップして、登場します。

Xperia 10 Ⅳ

前期種が、幅広い事業者から発売され、コストパフォーマンスの良さで、人気があっただけに、本機への、期待も、高いものとなっています。

発売は、ドコモ、au、UQモバイル、ソフトバンクを予定しています。前期種同様、これから、増えてくることを予想しています。

今回発表された、3機種のうち、ローエンドスマホの、「Xperia Ace Ⅲ」については、下記で、スペック仕様をまとめていますので、確認してみてください。

MNO 価格

価格発売
ドコモ64,152円7月8日発売
au69,985円7月8日発売
ソフトバンク74,880円7月8日発売
楽天モバイル59,800円7月8日発売

ドコモのみ、価格が、公表されています。その他事業者については、価格が判明次第、更新します。

MNO各社から、2022年7月8日に発売されました。各社、MNP転入などで、割引がありますので、下記、公式HPで、確認してください。

ドコモ公式HP

ソフトバンク

DSDV「デュアルSIM」

au、ソフトバンク、楽天モバイルの、Xperia 10 Ⅳ は、nanoSIM + eSIMの、デュアルSIM対応

ドコモ版のみ、デュアルSIM非対応との、情報があります。

なぜ、ドコモ版は、シングルSIMなのか、引き続き、調査していきます。

MVNO 価格

価格発売
IIJmio54,800円発売中
mineo59,400円発売中
nuroモバイル54,780円発売中
OCNモバイル44,900円発売中
UQモバイル63,385円発売中

MVNOも、MNP転入で、安くなるキャンペーンなど、実施中です。詳細は、各社公式HPで確認してください。

IIJmio

OCN モバイル ONE|ドコモのエコノミーMVNO

UQ mobile

NURO Mobile

UQ mobile

DSDV「デュアルSIM」

MVNO各社から発売されている Xperia 10 Ⅳ は、SIMフリー「nanoSIM + eSIM」DSDV対応です。

MNO独自の、アプリなども、入っていないので、MVNOから、選択するのを、勧めます

SONY新機種「Xperia 10 Ⅳ」のスペック

前期種と並べて、比較します。

項目Xperia 10 ⅣXperia 10 Ⅲ
プロセッサーSnapdragon 695 5GSnapdragon 690 5G
OSAndroid 12Android 11
メインメモリー6GB6GB
ストレージ容量128GB128GB
ディスプレイ6.0″ FHD+6.0″ FHD+
解像度2,520×1,0802,520×1,080
リフレッシュレート60Hz60Hz
アウトカメラトリプルカメラトリプルカメラ
・メイン1200万画素1200万画素
・超広角800万画素800万画素
・望遠800万画素800万画素
フロントカメラ500万画素800万画素
バッテリー容量5,000mAh4,500mAh
おサイフケータイ
デュアルSIMnanoSIM + eSIMnanoSIM×1
lite:nanoSIM + eSIM
充電コネクタUSB TYPE-CUSB TYPE-C
サイズ153mm
67mm
8.3mm
154mm
68mm
8.3mm
重量161g169g
カラーブラック
ホワイト
ミント
ラベンダー
ブラック
ホワイト
ブルー
ピンク
イエロー

「Xperia 10 Ⅳ」の特徴

システム性能

Xperia 10 Ⅳ システム性能
  • プロセッサー:Qualcomm製「Snapdragon 695 5G」搭載
  • メモリー:6GB 搭載
  • ストレージ:128GB搭載
  • 5G通信対応

前期種の「690」から、「Snapdragon 695 5G」に、変わりました。CPU性能として、20%程、向上しており、その他、GPU性能も向上しています。

メモリー、ストレージは、ミドルレンジスマホとして、標準的なスペック仕様となっていて、申し分ない容量となっています。

前期種である、「Xperia 10 Ⅲ」については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

カメラ性能

Xperia 10 Ⅳ カメラ性能
  • メイン:1200万画素
  • トリプルカメラ搭載

Xperiaの、カメラ性能が、良いことは、御存じの通りです。「カメラ/音楽」 などを重視して、Xperiaを、選択している方も多いかと思います。

最近では、1億万画素超えのカメラを搭載しているスマホもありますが、カメラ性能は、画素数だけではありません。

カメラに関しては、SONY Xperia が、一番です。

今回、10シリーズとして、始めて、光学式手ブレ補正を搭載しており、より一層、使い易くなっています。

Xperia 10 Ⅳ カメラ性能

ディスプレイ性能

Xperia 10 Ⅳ ディスプレイ性能
  • 解像度:2,520×1,080
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 6.0インチ「有機ELディスプレイ」

ディスプレイは、Xperia独特の、長細いディスプレイになっています。

スタイル・外観

Xperia 10 Ⅳ スタイル
  • ドコモ:ブラック / ホワイト / ミント / ラベンダー
  • au:ブラック / ホワイト / ミント / ラベンダー
  • UQモバイル:ブラック / ホワイト / ミント / ラベンダー
  • ソフトバンク:ブラック / ホワイト / ミント
  • サイズ:153mm×67mm×8.3mm
  • 重量:162g

質感は、Xperia Ace同様に、マットな質感で、キヅが付きにくく滑りにくい、外観です。なので、本機に、ケースは不要です。

重量162g と、軽量で、且つ、SONY独特の、細長い形状で、持ちやすく、携帯性に優れた、スマホと言えます。

Xperia 10 Ⅳ カラー

色も、拘りを持った、厳選された、カラーとなっています。見た目なので、重要な部分でもあります。

防水・防塵・耐衝撃/おサイフケータイ

Xperia 10 Ⅳ 防水
  • 防水:IPX5・IPX8
  • 防塵:IP6X
  • Corning 「Gorilla Glass Victus」を採用
  • おサイフケータイ搭載

日本では、当たり前のようになっている、防塵防水おサイフケータイは、当然のごとく、搭載されています。

最近では、OPPO、Xiaomiなどの、中国ブランドのスマホでも、日本発売品には、搭載されている機能になっています。

安心、安全を与えてくれる、本機能は、ローエンドスマホでも、普通に搭載されています。

おサイフケータイについては、下記で、メリットなど紹介していますので参考にしてください。

音楽

Xperia 10 Ⅳ 音源
  • ハイレゾ音源
  • 360 Reality Audio

音楽を、楽しむことが出来るスマホ、「SONY Xperia」。有線でも、無線でも、ハイレゾ音源を、楽しむことが出来ます。

「360 Reality Audio」で、全方位から、音が降り注いでくるので、臨場感のある、音を味わえます。

音を重要視しているのであれば、「Xperia」一択だと思います。

デュアルSIM

nanoSIM + eSIMの、デュアルSIMとなっています。

Xperia 10 Ⅲ は、DSDV でしたので、本機も、DSDV として、2つのSIMを使えると推測しています。

DSDVについては、詳細、メリットなどを、下記で紹介していますので、参考にしてください。

まとめ

Xperiaから、発表された、「Xperia 10 Ⅳ」 の、スペックと、特徴をまとめてみました。

Xperiaの中でも、手ごろな価格で購入でき、ハイスペック仕様となっているので、人気のシリーズでもあります。

コスパの良い、スマホです。

前期種は、MVNO各社から発売されていて、OCNモバイルでは、セール中を狙えば、20,000円程で、購入できました。本機も、日が経てば、同様になってくるのではないかと、期待しています。

OCNモバイルについては、下記公式HPで、確認してください。

OCN モバイル ONE|ドコモのエコノミーMVNO

「Xperia 10 Ⅳ」の詳細については、下記、SONY公式HPで確認してください。

SONY「Xperia」公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました