DSDV対応 モトローラ「moto g52j 5G」待望の「おサイフケータイ」搭載

Motorola
記事内に広告が含まれています。

2022年6月3日に、モトローラ「Motorola」から、「moto g52j 5G」が、発売されます。

今回の発売は、モトローラにとって、画期的な機種になります。

今まで、対応していなかった、おサイフケータイに対応した機種になります。

その他、防塵・防水にも対応し、型番にも、「j」の文字が入っている通り、日本仕様のスマホになります。

DSDV対応 モトローラ「moto g52j 5G」待望の「おサイフケータイ」搭載

モトローラの、新機種「moto g52j 5G」が、2022年6月3日から発売されます。

ミドルレンジスマホの、SIMフリーとなりますので、「moto store」はもとより、その他、MVNO事業者からも、発売が予想されます。

moto g52j 5G

本機の最大の特徴は、今まで、モトローラのスマホには、対応されてなかった、下記2点が搭載されたことです。

  • Felica機能搭載
  • IP68 相当の防水・防塵性能

ローエンドから、ハイエンドまで、様々なスマホを、低価格で、販売している、モトローラに、最強の武器が備わった感がします。

OPPO、Xiaomi と違い、OSに、純正「Android」を使っているので、おサイフケータイ搭載によって、人気急上昇の、可能性も否定できません。

モトローラの動向に、注視していきたいと思います。

DSDV対応 モトローラ「moto g52j 5G」の価格

価格
moto store39,800円
OCNモバイル36,500円

すでに、goo simseller「OCN モバイル」から、発売予告が出ています。2022年6月3日発売となっていますので、気になる方は、下記公式HPを確認してみてください。

OCNモバイルONEは、2023年6月24日に、新規受付を終了しています。

「moto g52j 5G」のスペック

項目moto g52j 5G
プロセッサーSnapdragon 695 5G
OSAndroid 11
メインメモリー6GB
ストレージ容量128GB
ディスプレイ6.8″ FHD+
解像度2,460×1,080
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン5000万画素
・超広角/深度センサー800万画素
・マクロ200万画素
フロントカメラ1300万画素
バッテリー容量5,000mAh
おサイフケータイ
デュアルSIMnanoSIM + eSIM
DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ171.0mm
76.8mm
9.1mm
重量206g
カラーインクブラック
パールホワイト

「moto g52j 5G」の特徴

ミドルレンジ「システム性能」

moto g52j 5G システム性能
  • プロセッサー:Qualcomm製「Snapdragon 695 5G」搭載
  • メモリー:6GB 搭載
  • ストレージ:128GB 搭載
  • 5G通信対応

Qualcomm製「Snapdragon 695 5G」を搭載。メモリー6GB、ストレージ128GBとあわせて、ミドルレンジクラスとして、申し分のないスペックとなっています。

構成としては、「Xperia 10 Ⅳ」と同じになりますが、価格は、約半分強になります。その他の機能で、「Xperia 10 Ⅳ」には、及ばないとしても、コスパで考えたら、本機の方が、良いかもしれません。

重要視する機能にもよりますが、低価格で、買える、ミドルレンジクラスの、スマホと言えます。

「Xperia 10 Ⅳ」については、下記で、まとめていますので、参考にしてください。

防水・防塵・おサイフケータイ

moto g52j 5G おサイフケータイ
  • IP68 相当の防水・防塵性能
  • おサイフケータイ対応

本機の、最大の特徴です。「モトローラ」初の、おサイフケータイ対応、スマホになります。

日本仕様として、つくられた、スマホであり、日本市場に対する、モトローラの、本気度が伺えます。

「ASUS Zenfone 8」に、おサイフケータイが搭載された時も、驚きましたが、今回も、とうとう、やってくれたかと、嬉しさ倍増でした。

これで、日本で正規販売されている、主要海外ブランドのスマホが、おサイフケータイに対応することになりました。いづれも、低価格で販売されているので、ミドルレンジクラスの、激闘を、楽しむことが出来ます。

moto g52j 5G 防塵防水

特化できる特徴を、持ったスマホが、勝ち残れると、考えています。

おサイフケータイの、メリット特徴などは、下記でまとめていますので、参考にしてください。

トリプルカメラ「カメラ性能」

moto g52j 5G カメラ性能
  • メイン:5000万画素
  • トリプルカメラ搭載
  • フロント:1300万画素
  • デュアル撮影

ミドルレンジクラスとして、標準的なスペックとなっています。800万画素「超広角カメラ」は、深度センサーを兼ねているので、ポートレートで、自動的に背景をぼかし、撮影することが可能です。

moto g52j 5G カメラ機能

フロントと、リヤカメラを、1枚の写真に取り込む、デュアル撮影モード。低光量で、鮮明な写真撮影が出来る、ナイトモードなど、カメラ機能は、充実しています。

6.8インチ「ディスプレイ性能」

moto g52j 5G ディスプレイ性能
  • 6.8インチ FHD+
  • リフレッシュレート:120Hz

6.8インチと、大きめのディスプレイになります。Mi 11 Lite 5G:6.55インチ、OPPO Reno5A:6.5インチで、私が使用している、AQUOS sense4 plus:6.7インチです。

リフレッシュレート120Hzで、滑かな表示、6.8インチで、ダイナミックな表示を、実現しています。

スタイル・外観・ボディ

moto g52j 5G カラー
  • カラー:インクブラック、パールホワイト
  • 重量:206g
  • サイズ:171.0mm×76.8mm×9.1mm

ディスプレイサイズが大きいので、外観サイズも、大きいです。

下記、Mi 11 Lite 5G、OPPO Reno5Aと、比較すると、大きさの違いが分かります。薄型・軽量 スタイリッシュデザイン形状とは、ならないようです。

サイズ
moto g52j 5G171.0mm×76.8mm×9.1mm
Mi 11 Lite 5G160.53mm×75.73mm×6.81 mm
OPPO Reno5 A162mm×74.6mm×8.2mm

薄型・軽量で、スタイリッシュデザインは、「Xiaomi Civi 1S」が、最良で、下記で、まとめていますので、参考にしてください。

Android搭載「OS」

moto g52j 5G OS
  • Android 11
  • Motoアクション

OPPO、Xiaomi との違いは、ここにあります。ベースは、Android と言え、独自OSを使っている、両社とは違い、モトローラは、純正Android です。

独自OSが、気になる人にとっては、モトローラの、日本仕様発売は、大歓迎ではないでしょうか。

Motoアクションは、昔から、使い易いとの評判です。3本指でスクリーンショット下向きでマナーモードなど、使い易い便利機能が入っているので、活用を勧めます。

デュアルSIM DSDV

nanoSIM + eSIM の、DSDV対応になります。

モトローラのスマホは、SIMフリーとなるので、ほぼ、DSDV対応機になります。私の好きな部分の1つです。

今回は、nanoSIM + eSIM のDSDVなので、物理SIMは、naoSIMが、1つのみです。

スロットは、2つありますが、一方は、マイクロSDカード専用になりますので、注意が必要です。

DSDVについては、詳細、メリットなどを、下記で紹介していますので、参考にしてください。

まとめ:DSDV対応 モトローラ「moto g52j 5G」待望の「おサイフケータイ」搭載

モトローラから発売された、おサイフケータイ搭載の、「moto g52j 5G」をまとめてみました。

画期的で、喜ばしい機能が、モトローラのスマホに、搭載されました。

おサイフケータイ・防塵防水 有り無しで、他メーカーと、差があっただけに、今回の日本仕様発売で、面白くなってきたと思います。

ミドルレンジクラスでも、低価格帯の、争いが、激しくなってくることを、予想しています。

日本メーカーも、うかうかしていたら、シェアを、奪われる可能性も、あると思います。

「moto g52j 5G」の詳細は、下記、モトローラ公式HPで確認してください。

「Motorola」公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

Motorola
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました