日本発売に期待_「Xiaomi」低価格ハイエンドスマホ「Redmi K60 Pro」を中国で発売

Xiaomi

Xiaomiが、中国で、ハイエンドスマホ「Redmi K60 Pro」を発売しました。

Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 を搭載した、低価格ハイエンドスマホで、日本発売にも、期待したいスマホになります。

本日は、ハイエンドスマホ「Redmi K60 Pro」の、スペック仕様を、確認していきます。

「Xiaomi」低価格ハイエンドスマホ「Redmi K60 Pro」を中国で発売

2022年12月27日に、Xiaomiが、中国で発売した「Redmi K60 Pro」

Redmi K60 Pro

Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2」を搭載した、ハイエンドスマホになります。

価格は、これぞ、低価格ハイエンドと言える価格で、日本円に換算してみると、驚きの価格となっています。

日本では、2022年12月16日に、同じくハイエンドスマホ「Xiaomi 12T Pro」が発売となって、話題になりました。

プロセッサーが、Snapdragon 8+ Gen 1 なので、中国では、1歩先を行く、スマホが発売されていることになります。

本日は、Xiaomi「Redmi K60 Pro」のスペック・価格・特徴などを確認していきます。

Redmi K60 Pro の主な特徴

Redmi K60 Pro スペック
  • プロセッサー「Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2
  • メモリー LPDDR5 8GB/12GB/16GB
  • ストレージ UFS4.0128GB/256GB/215GB
  • 6.67インチ、有機ELディスプレイ
  • メインカメラ:5,000万画素 SONY IMX800センサー
  • デュアルSIM DSDV対応
  • 120W急速充電対応
  • 5G通信対応
  • MIUI 14(Android 13 ベース)

Redmi K60 Pro の価格

仕様中国元日本円換算
(参考)
8GB+128GB3299 元63,800
8GB+256GB3599 元69,600
12GB+256GB3899 元75,400
12GB+512GB4299 元83,200
16GB+512GB4599 元89,000

日本円は、中国元から、日本円に換算した参考価格となりますが、驚きの価格です。

Xiaomi Redmi K60 Pro のスペック

項目仕様
プロセッサーQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
OSMIUI 14
Android 13ベース
メインメモリー8GB/12GB/16GB
ストレージ容量128GB/256GB/512GB
ディスプレイ6.67″ WUXGA+
解像度3,200×1,440
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン5,000 万画素
・超広角800 万画素素
・マクロ200 万画素
フロントカメラ1600万画素
バッテリー容量5,000mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2 DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ162.78mm
75.44mm
8.59mm
重量205g
カラーブラック
ホワイト
グリーン
チャンピオン エディション

Xiaomi Redmi K60 Pro の特徴

ハイエンド「システム性能」

Redmi K60 Pro システム性能
  • プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 を採用
  • メモリー LPDDR5 8GB/12GB/16GB 搭載
  • ストレージ UFS4.0 128GB/256GB/215GB 搭載
  • 5G通信対応
  • OS MIUI 14(Android 13 ベース)

Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 を搭載した、ハイスペック仕様となっています。

メモリー、ストレージも、高速仕様で、ハイエンドスマホとして、文句のつけようがない、スペックです。

Xiaomi は、本機以外にも、Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 を搭載したハイエンドスマホ「Xiaomi 13 Pro」を、中国で発売しています。

1インチカメラを搭載しているので、本機よりは、高額です。下記でまとめていますので、参考にしてください。

トリプルカメラ「カメラ性能」

Redmi K60 Pro カメラ性能
  • メイン:5,000万画素 SONY IMX800 1/1.49 インチセンサー 搭載
  • 超広角/マクロ の、トリプルカメラ搭載
  • フロント:1600万画素

メインに、SONY IMX800イメージセンサーを搭載した、トリプルカメラ仕様となっています。

SONY IMX800センサーは、上記で、紹介した、Xiaomi 13 Proの、下位機種である、Xiaomi 13 にも搭載されています。

価格は落としても、カメラ性能は落とせない、そんな流れが、2023年は、続くと予想しています。

6.67インチ 「ディスプレイ性能」

Redmi K60 Pro ディスプレイ性能
  • 6.67インチ、有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート 120Hz
  • 2K対応 HDR+
  • 解像度:3,200×1,440 WUXGA+

6.67インチと、サイズは大きめの、有機ELディスプレイになります。

強い光の下でも、明るく見える高輝度と、ブルーライトを抑えた仕様が、組み込まれています。

Redmi K60 Pro ブルーライト軽減

解像度も高く、ハイエンドにふさわしい、スペックです。

5,000mAh「バッテリー性能」

Redmi K60 Pro バッテリー性能
  • 120W 急速充電
  • 30W ワイヤレス充電対応
  • 5,000mAh 大容量バッテリー搭載

5,000mAh の大容量バッテリーに、強力な、120W急速充電に対応しています。

30Wの、ワイヤレス充電にも対応しているところも、ポイントの1つにかと思います。

日本で売られている、Xiaomi 12T Pro も、120Wの急速充電対応です。

また、2021年 中国の、スマホ販売台数トップの、Vivoから発売されている、Vivo X90 Pro も、120W急速充電対応です。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

冷却性能

Redmi K60 Pro 冷却性能
  • ベイパーチャンバー 5,000mm2

ハイスペックであるが故の、冷却性能も、忘れていません。

5,000mm2 の、巨大な、ベイパーチャンバーで、常にスマホを、冷却します。

デュアルSIM DSDV

  • nano SIM × 2
  • デュアル 5G
  • DSDV対応

どちらのSIMも、5G通信対応です。

Snapdragon 8 Gen 2 は、DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)に対応しているとの情報です。

本機が、DSDAとして、使えるのかは不明ですが、2023年は、DSDAスマホの普及が、進むと、嬉しいです。

デュアルSIM に関しては、下記でまとめていますので、参考にしてください。

まとめ_「Xiaomi」低価格ハイエンドスマホ「Redmi K60 Pro」を中国で発売

2022年12月に中国で、発売された、Xiaomiの「Redmi K60 Pro」をまとめました。

ハイエンドスマホですが、低価格です。

単純円換算でみると、驚いてしまうほどの、低価格です。しかも、Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 搭載。

Xiaomiの、人員削減などの、ニュースも聞かれますが、もう少し高くしてもいいのではないか? と思えてしまいます。

様々な、Snapdragon 8 Gen 2 を搭載したスマホが、海外で販売されてます。

日本への販売も、期待したいと思います。

Redmi K60 Pro カラー

Redmi K60 Pro の詳細は、Xiaomi中国公式HP で、確認して下さい。

Xiaomi中国公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました