Apple「iPhone13」デュアルSIM「DSDV」対応_価格とスペック詳細

iphne13iPhone

iPhone14より、人気の高い、APPLE「iphone13」。昨年価格が改訂され、さらに、高額となりました。

2021年9月から発売され、他機種に先駆けて、デュアルeSIMに対応したDSDVとして、使うことが出来ます。

「iphone13」の価格、スペック等、確認していきます。

デュアルeSIM対応_Apple「iPhone13」

グローバルでは、Xiaomi、OPPOが、グイグイとシャアを拡大していますが、日本での、シェアNo1は、今でも、Appleの、iPhoneになります。

そんな、iPhoneの中から、人気が衰えない、iPhone13 の、仕様スペックと、価格を確認していきます。

すでに、iPhone14が、発売され、MNO各社から、販売されていますが、家電量販店などで、目につくのは、iPhone13の文字です。

人気機種であることの証拠だと思います。

iPhone14については、詳細を下記でまとめています。参考にしてください。

iPhone13の価格

(追記)2022年7月 から、価格改定されています。新価格、旧価格を併記します。

Phone 13 Pro Max新価格旧価格
128GB15万9800円13万4800円
256GB17万4800円14万6800円
512GB20万4800円17万800円
1TB23万4800円19万4800円
iPhone 13 Pro新価格旧価格
128GB14万4800円12万2800円
256GB15万9800円13万4800円
512GB18万9800円15万8800円
1TB21万9800円18万2800円
iPhone 13新価格旧価格
128GB11万7800円9万8800円
256GB13万2800円11万800円
512GB16万2800円13万4800円
iPhone 13 mini新価格旧価格
128GB9万9800円8万6800円
256GB11万4800円9万8800円
512GB14万4800円12万2800円

「MIN:128GB」から、「MAX:1TB」までバリエーションがあります。最低でも、「128GB」としたところは、今の主流を意識した容量になっています。

最大が、「1TB」です。今後の他機種にも、影響しそうな、大容量となっています。「1TB」が、普通の時代も、そう遠くないかもしれません。

iPhone13の実売価格

(追記)大手MNO各社とも、主流は、「実質:1円/月」となっています。

一見安いと思えますが、2年後に、返却しなければなりません。返却しない場合は、買取となりますが、数万円の費用がかかります。

契約時に、しっかりと確認してから、買うことを勧めます。

ドコモの出張店舗で、一度だけ、一括価格をみました。

その時の、情報が、下記になります。

これ以降、一括価格を、見ることが無くなりました。

APPLE「iphone13」のスペック

項目iPhone13 miniiPhone13iPhone13 ProiPhone13 prp MAX
プロセッサーA15 Bionic
OSiOS 15
ストレージ容量128GB / 256GB / 512GB128GB / 256GB / 512GB / 1TB
ディスプレイ5.4″ XDR6.1″ XDR6.1″ XDR6.7″ XDR
解像度2,340 x 1,0802,532 x 1,1702,532 x 1,1702,778 x 1,284
ディスプレイ有機EL
OLEDディスプレイ
リフレッシュレートMax:120Hz
アウトカメラ1200万画素
デュアルカメラ
1200万画素
トリプルカメラ
広角・超広角広角・超広角・望遠
インカメラ1200万画素
バッテリー
ビデオ再生時間
最大17時間最大19時間最大22時間最大28時間
デュアルSIMnanoSIM + eSIM
おサイフケータイ
インターフェイスLightningコネクタ
サイズ131.5㎜×64.2㎜×7.65㎜146.7㎜×71.5㎜×7.65㎜146.7㎜×71.5㎜×7.65㎜160.8㎜×78.1㎜×7.65㎜
重量140g173g203g238g
カラースターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンクグラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルー

APPLE「iphone13」の特徴

A15「システム性能」

  • A15 Bionicチップ搭載
  • 2つの高性能コアと、4つの高効率コアを搭載した、新しい6コアCPU

いろいろなサイトで、確認してみましたが、評判は、かなり良いようです。他社製の、チップと比較しても、高速であることを、アピールしています。

iPhone SE 第2世代を使っていますが、それですら、ストレス無く使えているので、「iPhone」の、人気が、うかがえるところでもあります。

同じA15チップを搭載した、iPhone SE(第三世代)を下記でまとめています。参考にしてください。

1200万画素「カメラ性能」

  • 1200万画素 デュアルカメラ
  • 1200万画素 トリプルカメラ

iPhonee13 と、miniは、デュアルカメラPro、Pro MAX は、トリプルカメラ搭載です。

iPhoneのカメラ品質は、最高です。SEですら、そう思いますので、iPhone13シリーズは、さらに、進化した、カメラ性能になります。

スタイル・形状

  • Mini:131.5㎜×64.2㎜×7.65㎜
  • 13/Pro:146.7㎜×71.5㎜×7.65㎜
  • Pro MAX:160.8㎜×78.1㎜×7.65㎜

「6.7インチ」の「Pro MAX」が、最大になりますが、それでも、Androidと比較すると、コンパクト仕上がりです。

厚さも「7.65㎜」なので、携帯性に優れています。iPhoneが、人気があるのが分かります。

前機種であるiPhone12の厚みは、7.4 mmでした。

下記で、iPhone12 をまとめていますので、参考にしてください。

ディスプレイ

  • 有機ELディスプレイ
  • Pro、Prp MAX:リフレッシュレート:MAX:120Hz

ProMotionテクノロジーを搭載しているので、可変リフレッシュレートになり、最適なディスプレイ表示が可能です。

有機ELディスプレイを採用しているので、美しい表示が可能です。

デュアル eSIM

  • nanoSIM + eSIMの、デュアルSIM搭載
  • デュアル eSIM対応

iPhone は、DSDS対応との、記載がありますが、DSDV対応です。

iPhone13 からは、「nanoSIM + eSIM」の他に、デュアルeSIMとして、「eSIM×2」の構成で、DSDVを楽しめます。

nanoSIM と、eSIM×2 なので、実質、3つのSIM構成となりますが、「トリプルSIM」での使用はできません。

DSDVについての詳細は、eSIMも含めて、下記でまとめています。参考にしてください。

防水・防塵・おサイフケータイ

  • おサイフケータイ
  • IP68等級の防塵・防水

「FeliCa」チップ搭載で、おサイフケータイ対応です。

APPLE pay になるので、Android と違って、使えない、アプリもあるようですが、suicaなど、主要な、おサイフケータイは、使えます。

動画背景ぼかし機能「シネマティックモード」

写真のポートレート機能の、動画版になる、シネマティックモードが使えます。

後から編集で、ぼかしを入れる必要が無いので、使い道は、多いかと感じます

Google Pixel 7 にも、同様の機能「シネマティックぼかし」機能があります。

Google Pixel 7 については、下記で、Google Pixel 7 Proをまとめています。参考にしてください。

まとめ

iPhone13シリーズの、スペックと、特徴を、確認しました。

日本では、圧倒的な、シェアを誇る、「iPhone」シリーズの人気機種になります。

iPhoneは、スペック、形状、性能とも、最高級なので、人気があるのもうなずけます。

価格も立派です。いつ、どの機種を買うのが、お得か。そんなことを考えながら、選ぶことが出来るのも、iPhoneの特徴化と思います。

iPhone13の詳細は、下記、APPLE公式HPで確認して下さい。

APPLE公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました