デュアルSIM_APPLE「iPhone SE3【第3世代】」のスペックと特徴

iPhone
記事内に広告が含まれています。

2022年3月18日に発売された、デュアルSIM搭載の、iPhone SE3(第3世代)。

日本では、圧倒的なシェアを誇る、APPLEの、「iPhone」中でも、安く手に入れることが出来る、SEシリーズを、持っている方も多いかと思います。

そんな人気機種SEの、最新機種 SE3(第3世代)の、仕様スペックを確認してみます。

デュアルSIM_APPLE「iPhone SE3【第3世代】」のスペックと特徴

「iPhone」現在の最新機種は、「iPhone13」シリーズです。2021年の9月に発売されています。

欲しくても、高額で、手に入れられない方も多いかと思います。

そんな方にとって、「iPhone SE」は、ありがたい存在です。

iphoneSE第3世代

そして、そのSEシリーズが、第3世代へと、進化しました。

iPhone13 シリーズについては、下記で紹介していますので、参考にしてください。

発売は、2022年3月18日です。是非、手に取ってみてください。

iPhoneSE3 は、SE と言えど、デュアルSIM DSDSに対応し、iPhone13 と、同じ、A15チップを搭載し、5G通信にも、対応している、優れものになります。

APPLEストア:iPhone SE3(第3世代)の価格

価格
64GBモデル57,800円
128GBモデル63,800円
256GBモデル76,800円
  • 直販価格になります。ショップや、家電量販店ネット販売などで、キャンペーンを実施している場合は、価格が変わります。

家電量販店、各キャリア:iPhone SE3(第3世代)価格

  • 家電量販店で、実質 2年間1円/月 の、看板を見かけるようになっています。下記で、一例になります、参考にしてください。
  • 楽天モバイルで、他社からの乗り換え(MNP)で、最大35,000ポイントプレゼントの、キャンペーンを実施しています。最新の情報は、下記楽天モバイルの、公式HPで確認してください。

【楽天モバイル】

iPhone SE3 は、MNOだけでなく、MVNO格安SIMでも、販売しています。

下記で、IIJmioの、iPhone価格をまとめています。参考にしてください。

デュアルSIM「iPhone SE(第3世代)」のスペック

項目iPhone SE(第3世代)
プロセッサーA15 Bionic
OSiOS 15
ストレージ容量64GB/128GB/256GB
ディスプレイ4.7″
解像度1,334 x 750
リフレッシュレート
アウトカメラシングルカメラ
・メイン1200万画素
フロントカメラ700万画素
バッテリー容量最大15時間
ビデオ再生
おサイフケータイ
APPLE PAY
デュアルSIMnanoSIM×eSIM_DSDS
充電コネクタLightningコネクタ
サイズ138.4 mm
67.3 mm
7.3 mm
重量144g
カラーミッドナイト
スターライト
(PRODUCT)RED

デュアルSIM「iPhone SE(第3世代)」の特徴

A15チップ搭載「システム性能」

iphne13_a15システム
  • プロセッサーに「A15 Bionic」搭載
  • メモリー「4GB」搭載
  • ストレージ「64GB/128GB/256GB」搭載
  • 「5G」通信対応

プロセッサーは、「iPhone13」と同じ、「A15 Bionic」が、搭載されます。サクサク動きます。

SE2との、大きな違いとして、5G通信に対応になります。CPU も ネットも、サクサクとなります。

Androidスマホとは、違うので、諸々、比較が難しい部分もありますが、現在の、第2世代 に比べれば、かなりの進歩と言えます。

シングルカメラ「カメラ性能」

iphoneSEカメラ性能
  • 「1200万画素」シングルカメラ
  • フロントカメラ「700万画素」

カメラ自体は、第2世代と変わっていませんが、そもそも、画質が良いので、問題無しです。会社のスマホが、iPhoneSE 第2世代ですが、拡大しても、奇麗に写っていて、感動します。

Deep Fusionと、フォトグラフスタイル が、追加されます。iPhone11 行こうで、使えるようになっている機能が、SEでも使えるようになります。

薄型・軽量「ボディ・外観・スタイル」

iphoneSEボディスタイル
  • ディスプレイ:4.7インチ(解像度:1,334 x 750)
  • サイズ:67.3 mm×138.4 mm×7.3 mm
  • 重量:144g
  • カラー:ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)RED

ディスプレイサイズは、SE第2世代と同じで、4.7インチです。なので、サイズも同じになります。

最近のスマホの大きさから比較すると、コンパクトになります。

デュアルSIM DSDV(DSDS)

  • nanoSIM + eSIM DSDV
  • eSIM × 2
  • デュアルeSIMに対応

DSDSと記載されていますが、Androidで言う、「DSDV」に対応しています。なので、4G + 4G (5G)の、デュアル待ち受けが可能です。

一方が、eSIMであることも、重要な要素となります。

iPhone13と同様に、SE3 から、デュアルeSIMに対応しています。 eSIM × 2 の構成で、デュアルSIMを、楽しむことができます。

DSDV及び、eSIMについては、下記で紹介していますので、参考にしてください。

iphoneの、デュアルSIM活用については、下記 アップルサポートを参照ください。

APPLEサポート_デュアルSIM

バッテリー性能

  • ビデオ再生時間で、下記になります。
  • 第2世代:13時間  
  • 第3世代:15時間

バッテリーの持ちは、第2世代と比較して、1.15倍。微妙な数値ですが、プロセッサーなど、性能が向上していることを考えると、良しと言えます。

おさいふケータイ

iphoneSE アップルペイ

APPLE pay で、「おサイフケータイ」ができます。

Androidとの違いが、定かではないですが、スイカ、WAON、nanaco など、使えます。

「おサイフケータイ」の詳細は下記で紹介していますので、参考にしてください。

まとめ:デュアルSIM_APPLE「iPhone SE3【第3世代】」のスペックと特徴

「iPhone SE3(第3世代)」をまとめてみました。

日本では、大人気の「iPhone」の中で、コストを抑えた、SEシリーズは、注目のスマホです。

第3世代も、売れまくることが、予想されます。半導体不足など、懸念される事もありますが、通常で考えれば、兼ねり売れると思います。

Android 贔屓の私にとっては、嬉しくもあって、そうでない部分もありますが、「iPhone」に、かなわないのも現実です。

どれだけ売れるのか、これから注目していきたいと思います。

iPhone12、13、SE3 の、比較を、下記ページで、まとめていますので、参考にしてください。

iPhone SE3の、詳細は、APPLE公式HPで確認してください。

APPLE公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

iPhone
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました