デュアルeSIM対応「iPhone15 Pro」の価格とスペック・特徴

iPhone
記事内に広告が含まれています。

先日、iPhone15 の、スペック仕様・特徴などをまとめました。

本日は、上位機種である、iPhone15 Proの、スペック特徴などをまとめていきます。

iPhone15は、デュアルeSIMに対応していて、DSDV機として使いやすいスマホになります。

デュアルeSIM対応「iPhone15 Pro」の価格とスペック・特徴

先日まとめた、iPhone15の、上位機種で、デュアルeSIMに対応している、iPhone15 Proをまとめていきます。

デュアルeSIM対応「iPhone15 Pro」

そもそも、iPhone15シリーズは、スペック仕様が、大きく2つに分かれます。

  • iPhone15、iPhone15 MAX
  • iPhone15 Pro、iPhone15 Pro MAX

iPhone15 Proシリーズは、プロセッサーに、最新 A17 Proチップが搭載され、リアカメラも、トリプルカメラになったりと、スペック仕様が、向上しています。

Proか、Proでないかの差は、大きな差となります。

MAX 有、無しは、ディスプレイサイズが、6.1インチか、6.7インチの差なので、ダイナミックな大画面か、携帯性のコンパクトサイズか、自分にあった方を選ぶと良いかと思います。

まずは、iPhone15 Proの、価格と、主な特徴からまとめていきます。

ちなみに、iPhone15 のスペック仕様を、下記でまとめています。参考にしてください。

デュアルeSIM対応 iPhone15 Proの価格

iPhone 15 Pro価格
128GB159,800円
256GB174,800円
512GB204,800円
1TB234,800円

トリプルカメラ搭載、A17 Proチップ搭載など、ハイスペック仕様となっています。

デュアルeSIM対応 iPhone15 Pro MAXの価格

iPhone 15 Pro Max価格
256GB189,800円
512GB219,800円
1TB249,800円

iPhone15シリーズ、最高位機種になります。

ハイスペック仕様のシステムに、6.7インチディスプレイになります。

デュアルeSIM対応 iPhone15 Proの主な特徴

デュアルeSIM対応 iPhone15 Proの主な特徴
  • プロセッサー:A17 proチップ
  • ストレージ:128GB/256GB/512GB/1TB
  • メモリー:8GB
  • 5G通信対応i
  • OS:iOS 17
  • 6.1インチ リフレッシュレート 120Hz
  • チタニウムボディ
  • メイン 4800万画素
  • トリプルカメラ
  • デュアルeSIM 対応 DSDV

デュアルeSIMに対応しているのは、嬉しいポイントの1つになります。

物理SIM無しで、使うことが出来ます。

UQモバイルから、投げ売りされている、Google Pixel 7 は、eSIMには対応しているものの、デュアルeSIMは、非対応です。

デュアルeSIM対応 iPhone15 Proのスペック

項目iPhone15 Pro
プロセッサーA17 Proチップ
OSiOS 17
ストレージ容量128GB/256GB/512GB/1TB
ディスプレイ6.1″ (MAX:6.7″)
オールスクリーンOLEDディスプレイ
解像度2,556 x 1,179
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン4800万画素
・超広角1200万画素
・望遠1200万画素
フロントカメラ1200万画素
バッテリー容量
ビデオ再生
最大23時間
おサイフケータイ
APPLE PAY
デュアルSIMnanoSIM×eSIM_DSDS
デュアルeSIM対応
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ146.6 mm
70.6 mm
8.25 mm
重量187 g
カラーブラックチタニウム
ホワイトチタニウム
ブルーチタニウム
ナチュラルチタニウム

3世代前の、iPhone12 を下記でまとめています。参考にしてください。

デュアルeSIM対応 iPhone15 Proの特徴

ハイエンド「システム性能」

ハイエンド「システム性能」
  • プロセッサー:A17 proチップ
  • ストレージ:128GB/256GB/512GB/1TB
  • メモリー:8GB
  • 5G通信対応i
  • OS:iOS 17

iPhone15 Proは、A17 proチップ搭載です。

A16 Bionic と比較して、CPU速度で10% 、GCU速度で20% の速さ向上となっています。

演算処理も、2倍の速さとなっているので、ゲームなどの、ヘビーユーザーは、iPhone15 Pro が良いかと思います。

同じ、iPhone15シリーズですが、中身は、全く違う、システム構成となっています。

ちなみに、前期種つである、iPhone14 を、下記でまとめています。参考にしてください。

6.1インチ「ディスプレイ性能」

6.1インチ「ディスプレイ性能」
  • 6.1インチ iPhone15 Pro
  • 6.7インチ iPhone15 Pro MAX
  • リフレッシュレート 120hz

ディスプレイ性能も、iPhone15 Proの方が、上回っています。

120hzのリフレッシュレートと、A17 proチップ との組み合わせで、レイトレーシング性能が、全機種と比較して、4倍となっています。

このディスプレイ性能も含めて、ゲームなどは、iPhone15 Pro がお勧めです。

ここまで性能が良いと、ディスプレイサイズも、大画面で、ダイナミックな、iPhone15 Pro MAXの方が、良い気がします。

ちなみに、敵対する、Google Pixcel の、Pixcel 7 Pro を、下記でまとめています。参考にしてください。

トリプルカメラ「カメラ性能」

トリプルカメラ「カメラ性能」
  • メイン 4800万画素 の、トリプルカメラ搭載
  • 1200万画素 超広角
  • 1200万画素の 望遠が追加

iPhone15 のデュアルカメラから、Proは、トリプルカメラにグレードアップしています。

望遠カメラが追加されていることにより、さらに、カメラ機能の幅が広がります。

この構成は、iPhone13でも、同じです。

iPhone13の詳細は、下記でまとめています。参考にしてください。

チタニウムのデザイン「ボディ・形状」

チタニウムのデザイン「ボディ・形状」
  • チタニウムのデザインボディ
  • 薄型・軽量ハイエンド

航空宇宙産業レベルのチタニウムを採用したことで、iPhone 15 Pro、Pro Maxは、最も軽量なProラインアップ”となっています。

高級感のある、外観は、良いデザインと言えます。

デュアルeSIM 対応 DSDV

デュアルeSIM 対応 DSDV
  • デュアルeSIM 対応
  • デュアルSIM DSDV対応
  • nanoSIM + eSIM

冒頭でも述べている通り、iPhone15は、デュアルeSIMに対応しています。

iPhoneSE(第三世代)を含め、iPhone13から、デュアルeSIMに対応してきてます。

nanoSIM + eSIM となっていますが、2つの eSIMだけで、DSDVを楽しむことができます。

今後、さらに、eSIMが拡大し、いつかは、物理SIMが無くなると予想します。

デュアルeSIMを含め、デュアルSIM DSDVについては、下記で詳細をまとめています。参考にしてください。

ワイヤレス充電対応「バッテリー性能」

ワイヤレス充電対応「バッテリー性能」
  • ワイヤレス充電対応
  • 急速充電対応
  • 連続動画再生 26時間

iPhone15と比較して、バッテリー性能は上がっています。
ワイヤレス充電・急速充電は、iPhone15 と、同じになります。

一方で、同じ、iPhoneでも、iPhoneSE(第三世代)は、ワイヤレス充電非対応となります。

この辺りは、差が出ている部分でもあります。

iPhoneSE(第三世代)については、下記でまとめています。参考にしてください。

まとめ:デュアルeSIM対応「iPhone15 Pro」の価格とスペック・特徴

先日まとめた、iPhone15につづき、上位機種である、iPhone15 Pro をまとめました。

様々な部分で、ハイスペックとなっている、iPhone15 Proです。

最大の違いは、プロセッサーになります。

  • iPhone15 Pro:A17 proチップ
  • iPhone15:A16 Bionic

A16 Bionic は、iPhone14 Proに、搭載された、チップで、一世代古いチップになります。

ただ、スマホのヘビーユーザーでない限り、体感で、違いが分かることは無いかと思います。

私から見れば、どちらも、最高のプロセッサーになります。

ちなみに、やはり、気になるのは、iPhone13の、一括価格です。

期待して、待ちたいと思います。

iPhone15 Proの、詳細は、下記、Apple公式HPで確認してください。

Apple公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

iPhone
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました