「OPPO A55s 5G」発売_気になるスペックを検証

OPPO

2021年11月26日に、「OPPO A55s 5G」が、発売されます。

ソフトバンク、楽天モバイル、MVNO各社からの発売となります。

5G通信対応の、ローエンド、エントリーモデルの、「OPPO A55s 5G」を、検証してみます。

「OPPO A55s 5G」

「OPPO」の、ローエンドの、最新機種になります。

OPPO A55s 5G

OPPO製品は、下記、3つのシリーズがあります。

  • ハイエンド:「Find X」シリーズ
  • ミドルレンジ:「Reno」シリーズ
  • ローエンド:「A」シリーズ

今回、発売されるのは、Aシリーズの「ローエンドモデル」となり、価格を抑えた、格安スマホです。

前期種の「OPPO A54 5G」については、下記のブログで紹介していますので、確認してみてください。

価格

価格
OPPO A55s 5G33,800円

発売元により、価格が変わるので、各社発売元の、価格を、確認下さい。

今回も、「発売記念セール」があるのか、「OCNモバイル」の発売価格が、気になります。

「OPPO A55s 5G」のスペック

項目仕様
プロセッサーSnapdragon 480 5G
OSColorOS 11
Android 11ベース
メインメモリー4GB
ストレージ容量64GB
ディスプレイ6.5″ FHD+
解像度2,400×1,080
リフレッシュレートMAX:90Hz
アウトカメラデュアルカメラ
・メイン1,300万画素
・深度200万画素
フロントカメラ800万画素
バッテリー容量4,000mAh
NFC×
デュアルSIMnanoSIM×2/eSIM_DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ162.1mm
74.7mm
8.2mm
重量178g
カラーブラック
グリーン

「OPPO A55s 5G」 の特徴

ローエンドモデルシステム

システム性能
  • プロセッサーに、「Qualcomm Snapdragon 480 5G」を採用
  • メモリー「4GB」搭載。
  • ストレージ「64GB」搭載。

ローエンドモデルとしては、普通の仕様スペックになります。

通常使う分には、全く問題ないスペックになっています。

「90Hz」のディスプレイ

ディスプレイ性能
  • 6.5インチ「FHQ+」ディスプレイ
  • リフレッシュレート「90Hz」

ローエンドモデルとしては、ハイスペック仕様になっています。ディスプレイ性能は、ミドルレンジクラスと言っても過言ではありません。

スタイル

ボディ形状
  • サイズ:162.1mm×74.7mm×8.2mm
  • 重量:173g
  • カラー:ブラック/グリーン

デザインは、今どきの、スタイリッシュなデザインで、厚さ、重量を抑えて、携帯性も考慮した、ボディ形状となっています。

その他機能

防水性能
  • 防水 / 防塵: IPX8・IP6X
  • 高容量バッテリー「4,000mAh」搭載
  • DSDV対応

DSDVは、物理SIMの、nanoSIM×2 と、eSIM との組合せになります。販売各社によって、組合せが変わりますので、販売元の、ホームページで、確認してみてください。

まとめ

OPPO、ローエンドモデルの最新機種になります。

スペック仕様から判断すると、ローエンドとは言え、少々、高額な気がしており、実売価格は、不明ですが、この価格では、コストパフォーマンスは、低いと感じました。

MNO、MVNO 各社からからの販売となるので、実売価格が、気になるところで、特に、OCNモバイルは、「発売特価セール」を始める可能性もあります。

OPPOの、Aシリーズと言うことで、「おサイフケータイ」は、未対応となっており、「OPPO Reno5 A」が、2万程で、購入可能なので、そちらを選ぶのも、良いかもしれません。

「OPPO Reno5 A」のスペック・特徴は、下記の記事で紹介していますので、確認してみてください。

「OPPO A55s 5G」の詳細は、OPPOの公式HPで確認してみてください。

OPPO公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました