日本発売「OPPO Reno9 A」6月22日発売のスペックと価格

OPPO
記事内に広告が含まれています。

2023年6月13日に、OPPOが発表した、日本発売の発売の「OPPO Reno9 A」のスペックと価格をまとめます。

Reno7 A 同様に、Qualcomm Snapdragon 695 を搭載のミドルレンジスマホになります。

OPPO Reno7 A からの、変化点なども、説明していきたいと思います。

日本発売「OPPO Reno9 A」6月22日発売のスペックと価格

OPPO Reno9 A が、2023年6月13日に発表され、6月22日より、発売されます。

AI を使った、カメラ機能の強化や、メモリー 8GB 搭載 など、現行機種より、グレードアップしています。

日本発売「OPPO Reno9 A」6月22日発売

一方、プロセッサーは、現行機種同様に、Qualcomm Snapdragon 695 が搭載され、変わらない部分も、見受けられます。

現行機種からの変化点など、詳しく説明していきたいと思います。

ちなみに、OPPO Reno9 A の予想を、下記でまとめています。

3機種の海外モデルから、ベースモデルを予想しましたが、すべてハズレでした。 ベースモデルは、現行機種の、OPPO Reno7 A と言えます。

まずは、気になる価格と、主な特徴から、まとめていきます。

OPPO Reno9 A の主な特徴

  • プロセッサーに、Qualcom Snapdragon 695 5G 搭載
  • メモリー 8GB、ストレージ 128GB
  • システム劣化防止機能
  • メイン4800万画素のトリプルカメラ
  • AIカラーポートレート
  • 薄型軽量:7.8mm、183g
  • デュアルSIM DSDV対応
  • 6.4インチ 有機ELディスプレイ
  • おサイフケータイ搭載
  • 防塵防水:IP68
  • 5G通信対応
  • OS:ColorOS 13(Android 13 ベース)

OPPO Reno9 A の価格

価格
OPPOストア46,800円
IIJmioMNP限定セール価格19,800円

格安SIM IIJmio の、MNP限定セール価格になります。

2023年7月3日までの限定セールとなっているので、最新の情報は、下記、IIJmio公式HPで確認して下さい。

IIJmio公式HP

OPPO Reno9 A と、Reno7 A の違い

OPPO Glow 背面ガラスパネル加工

大きく変化しているのは、下記になります。

  • メモリー 8GB搭載
  • OPPO Glow 背面ガラスパネル加工
  • AIカラーポートレート

長く使えるための、システム劣化防止機能 などは、OPPO Reno9 A にも、継承されています。

日本発売「OPPO Reno9 A」のスペック

項目OPPO Reno9 A
プロセッサーQualcom Snapdragon 695 5G
OSColorOS 13
Android 13 ベース
メインメモリー8GB
ストレージ容量128GB
ディスプレイ6.4″ FHD+
解像度2,400×1,080
リフレッシュレート90Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン4,800万画素
・超広角800万画素
・マクロ200万画素
フロントカメラ1600万画素
バッテリー容量4,500mAh
おサイフケータイ
デュアルSIMnanoSIM + eSIM
DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ160mm
74mm
7.8mm
重量183g
カラームーンホワイト
ナイトブラック

日本発売「OPPO Reno9 A」の特徴

ミドルレンジ「システム性能」

ミドルレンジ「システム性能」
  • プロセッサーに、Qualcom Snapdragon 695 5G 搭載
  • メモリー 8GB
  • ストレージ 128GB
  • 5G通信対応
  • OS:ColorOS 13(Android 13 ベース)
  • システム劣化防止機能

冒頭にも述べている通り、プロセッサーは、ミドルレンジで採用機種が多く、OPPO Reno7 A にも搭載されている、Qualcom Snapdragon 695 5G を採用しています。

特徴的なのは、メモリー を、8GB搭載しているところになります。

また、メモリーは、ストレージを使って、最大16GB相当まで、拡張することができます。

複数のアプリを同時に立ち上げても、スピードを落とすことなく、サクサク動作が期待できます。

ちなみに、先日 まとめた、moto g53j 5G も、メモリー8GB搭載で、注目されています。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

トリプルカメラ「カメラ性能」

トリプルカメラ「カメラ性能」
  • メイン4800万画素のトリプルカメラ
  • フロント1600万画素
  • AIカラーポートレート

カメラの構成としては、OPPO Reno7 A と同じになります。

ただし、機能として、AIカラーポートレートが追加されています。背景を、モノクロとすることで、被写体を際立たせる、機能になります。

その他、アウト/イン同時動画撮影や、AIビューティー 機能は、Reno7 A から、継承されており、使うことが出来ます。

OPPO Reno7 A については、下記で詳細をまとめていますので、参考にしてください。

薄型・軽量「デザイン」

薄型・軽量「デザイン」
  • サイズ:160mm × 74mm × 7.8mm
  • 重量:183g
  • カラー:ムーンホワイト、ナイトブラック
  • OPPO Glow 背面ガラスパネル加工

背面が、ガラスパネル加工に変わっています。

見た目も、スリキズなどの耐久性も、OPPO Reno7 A と比較して、向上しました。

その分、厚みと、重量が、微増しています。

  • 厚み:7.6mm⇒ 7.8mm
  • 重量:175g⇒ 183g

微増したとはいえ、十分に、薄型・軽量スマホといます。

薄型軽量と言えば、Xiaomiの、Civiシリーズが、上げられます。

Xiaomi Civi 3 を下記でまとめています。参考にしてください。

デュアルSIM DSDV対応

  • nanoSIM + nanoSIM 又は
  • nanoSIM + eSIM
  • デュアルSIM DSDV対応
  • 5G通信バンド:n3/n28/n41/n77/n78
  • 4G通信バンド:1/3/4/5/8/12/17/18/19/26/28/38/40/41/42

前期種同様に、デュアルSIM DSDV対応です。

nanoSIM + nanoSIM 又は、nanoSIM + eSIM のどちらかの組み合わせを、選択できます。

非常に便利です。

ただし、Yモバイル発売の、OPPO Reno9 A は、nanoSIM + eSIM の組み合わせのみとなります。

一方、対応バンドは、4G通信は、ドコモ、au、ソフトバンク回線と、楽天モバイル のどの回線でも使えます。

ただし、いつものごとく、ドコモの 5Gバンド:n79は、非対応です。

中国ブランドのスマホで、n79に対応している機種は、あまり見ないので、致し方ないと言えます。

デュアルSIM DSDVの詳細は、下記でまとめています。参考にしてください。

6.4インチ「ディスプレイ性能」

6.4インチ「ディスプレイ性能」
  • 6.4インチ 有機ELディスプレイ
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート 90Hz

ディスプレイ性能は、現行機種の、OPPO Reno7 A と変わりません

ミドルレンジスマホとして、十分なスペックと言えます。

ミドルレンジスマホでも、下記で紹介している、サムスン Galaxy A53 などは、リフレッシュレート 120Hzになります。参考にしてください。

おサイフケータイ・防水防塵

おサイフケータイ・防水防塵
  • おサイフケータイ搭載
  • 防塵防水:IP68

RenoAシリーズになるので、おサイフケータイ対応になります。

また、防水 IPX8 、防塵 IP6X に対応しているので、水場でも、安心して使うことができます。

おサイフケータイについては、下記で詳細をまとめています。

参考にしてください。

まとめ:日本発売「OPPO Reno9 A」6月22日発売のスペックと価格

日本発売される、OPPO Reno9 A ミドルレンジスマホをまとめました。

海外発売モデルから、ベースモデルを予想しましたが、ベースモデルは、前機種の、OPPO Reno7 A でした。

大きな変化点をまとめると、下記になります。

  • メモリー 8GB搭載
  • OPPO Glow 背面ガラスパネル加工
  • AIカラーポートレート

気になる、システム劣化防止機能などは、継承されるので、長く使うことが出来ると思います。

薄型・軽量で使い易い、スマホです。

OPPO Reno9 A の詳細は、下記、OPPO公式HPで確認して下さい。

OPPO

閲覧いただき、ありがとうございました。

OPPO
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました