「酷評」ドコモ新プラン「irumo」低容量ギガ数で、2023年7月1日スタート

ドコモ

ドコモから、新プラン「irumo」が、発表されました。データー通信量が、低容量利用者向けの、プランになります。

NTTレゾナントとの合弁で、OCNモバイルONEの代わりとして、irumoが、提供される模様です。

ドコモの新プランになりますが、料金体系は、セット割りを強調した、Yモバイルや、UQモバイルに似たプランです。

「酷評」ドコモ新プラン「irumo」低容量ギガ数で、2023年7月1日スタート

ドコモの新プラン「irumo」が発表され、2023年7月1日より、サービスが開始されます。

データー通信量(ギガ数)が、少ないので、10GBまでの、低容量利用者向けのプランになります。

OCNモバイルONEの、代わりのプランが、ドコモの新プランとして、生まれ変わった感じです。

OCNモバイルONEは、MVNO格安SIMとして、活躍してきましたが、2023年6月26日までで、新規受付を終了します。

OCNモバイルONEの新規受付終了は、下記でまとめています。参考にしてください。

OCNモバイルONEと「irumo」

OCNモバイルONEの新規受付を終了し、irumo のサービスが、合弁とともに、開始されます。

irumo

これは、データー低容量帯は、irumo になると言うことになります。

OCNモバイルONEを、不満なく利用してた、私個人としては、改悪以外なにものでもない、プランの登場で、正直、ドコモには、がっかりです。

irumoの登場は、良いとしても、MVNO格安SIM「OCNモバイルONE」 の、継続を、熱望します。

MNOドコモのプランと、MVNO OCNモバイルONEは、全く別物で、人気があるのに、消滅させてしまうのは、疑問が残ります。

もしかして、OCNモバイルONE利用者の、大半は、irumo に、移動するのではと、勘違いしているのでしょうか?

確実に、IIJmio や、nuroモバイル、HISモバイルなどに流れます。

irumoプランの、失敗が、目に浮かびます。

IIJmio公式HP

NURO Mobile

HISモバイル

OCNモバイルONEの継続

OCNモバイルONEの、既存ユーザーは、継続して、サービスを受けられるとの、アナウスがされています。

自動で、irumoに移行するようなことは、無いはずなので、OCNモバイルONEの、料金体系は、維持されるはずです。

あとは、新規で受付するか、しないかの違いです。

企業にとって、合併と言う、大きな出来事があるので、一時、新規受付中止 は、やむないと思います。

2023年7月から、新規申込の、再開を願います。

「酷評」ドコモ新プラン「irumo」の料金体系

月額料金プラン

irumo参考
OCNモバイルONE
0.5GB550円550円
3GB2,167円990円
6GB2,827円1,320円
9GB3,377円1,760円(10GB)

irumoの特徴

ドコモ光とのセット割
  • 見て分かる通り、お高いです。誰も、入らないと思います。
  • 0.5GBプランは、速度:3Mbps、4Gのみで、5G不可、データ容量超過後速度128kbps です。
  • 3GB、6GB、9GBは、ドコモ光との、セット割が出来ます。
  • 通話料:22円/30秒 (OCNモバイルONEは、11円/30秒でした)
  • ドコモ光とのセット割:-1100円
  • dカードお支払割:ー187円

「酷評」ドコモ新プラン「irumo」のデメリット

本来、メリットから、書くべきですが、デメリットが多すぎるので、デメリットから、書きます。

  • お高いプラン
  • セット割でやっと、同等レベル
  • 通話料が高い
  • かけ放題が高い
  • 0.5GBプランは、5Gが使えない

お高いプラン

だれが、どう見ても、お高いと思います。

プラン自体が、セット割り前提になっています。と言うことは、irumoを使うには、ドコモ光を、使う必要があります。

ドコモ光を使っているユーザーの中では、irumo と言ったスマホプランの選択肢が、増えたことになります。

ドコモ光を使ってないユーザーにとっては、必要無いプランです。

セット割でやっと、同等レベル

  • ドコモ光セット割:-1100円
  • dカードお支払割:ー187円

この2つの、割引適用時の価格が下記になります。

  • 3GB:880円
  • 6GB:1,540円
  • 9GB:2,090円

セット割を適用しているのは、Yモバイルも、UQモバイルも同じですが、ギガ数が、全く違います。

irumoは、10GB以下の、3プランです。

唯一、同等レベル以下になるのは、3GB:880円 のみです。

Ymobile 公式HP

UQモバイル

通話料が高い

通話料は、22円/30秒 です。

OCNモバイルONEは、11円/30秒でした。

ドコモのプランになるので、ドコモと同じ、価格まで、料金が上がっています。

かけ放題が高い

通話料と同じく、OCNモバイルONEと比較すると、かけ放題の料金も上がっています。

  • 5分かけ放題:880円/月
  • 完全かけ放題:1980円/月(OCNモバイルONE:1430円)

0.5GBプランは、5Gが使えない

OCNモバイルONEと、唯一 同額の、0.5GBプランは、5G通信が使えません。

通信速度も、制限されているので、ドコモと同等品質での、データ通信は、望めないと想定します。

「酷評」ドコモ新プラン「irumo」のメリット

メリットは、下記になります。

  • ドコモ品質の速度
  • ドコモショップで手続き可

ドコモ品質の速度

OCNモバイルONEは、ドコモ回線ですが、格安SIMなので、データ通信速度などが、安定しません。

時間や、場所によって、繋がりにくくなる場合があります。

その点、irumoは、ドコモのプランなので、ドコモ品質で、データー通信など、使うことが出来ます。

ahamoの、ギガ数が減ったプラント考えれば、良いかと思います。

ahamoの詳細については、下記でまとめています。参考にしてください。

ドコモショップで手続き可

ドコモのプランなので、ドコモショップで、契約出来ます。

ただし、ahamoを、ドコモショップで契約する場合、サポートのみの提供なので、irumoも、同様になるかもしれません。

あくまでも、操作は自分で、分からないところなど、店員さんがサポートしてくれる形です。

ただ、ドコモと、エコノミーMVNOを締結していた、OCNモバイルONEも、ドコモショップや、家電量販店で、契約が出来ました。

それを考えると、対面で契約できると言ったメリットはありますが、OCNモバイルONEと、変わらないと言えます。

まとめ:「酷評」ドコモ新プラン「irumo」低容量ギガ数で、2023年7月1日スタート

irumoと、OCNモバイルONEを比較しつつ、プランの中身を、確認してみました。

ドコモの小容量プランとして、irumoの新プランが、開始するのは、全く問題ないです。

解せないのは、OCNモバイルONE が、無くなってしまうのか?

と言ったことです。

データー通信の安定性や、スマホを低価格で販売していたことなど、格安SIMの中でも、高評価だった、OCNモバイルONEを無くしてしまうのは、なぜ? と思ってしまいます。

MVNO事業者、格安SIM「OCNモバイルONE」の、再スタートを、望みます。

irumo の、詳細は、下記、irumo公式HPで確認して下さい。

irumo

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました