DSDV「iPhone15」発表、気になる iPhone13の一括価格

iPhone
記事内に広告が含まれています。

デュアルSIMで、デュアルeSIMにも対応した、iPhone15が発表されました。

2023年9月22日に、4社のMNOと、Appleストアから発売です。

iPhone15 の、価格、スペックをまとめてるとともに、一番気になる、iPhone13の、実売価格についても、予想していきたいと思います。

DSDV「iPhone15」発表、気になる iPhone13の一括価格

iPhone15 が、2023年9月22日に、発売です。

DSDV「iPhone15」発表

発売は、いつものごとく、ドコモ、au、ソフトバク、楽天モバイルと、Appleストアからになります。

本日は、iPhone15シリーズの価格と、主に、iPhone15 の、仕様スペック・特徴をまとめていきます。

実は、気になっているのが、iPhone13の、実売価格です。

果たして、iPhone13の、一括価格が出てくるのか? そんな予想も書いていきます。

大々的に、宣伝をしていませんが、iPhone14もあります。

どれも、ハイスペックの、ハイエンドスマホになります。

まずは、iPhone15シリーズの価格と、iPhone15の、主な特徴からまとめていきます。

ちなみに、前機種である、iPhone14の、スペック特徴を、下記でまとめています。参考にしてください。

デュアルSIM iPhone15の主な特徴

デュアルSIM iPhone15の主な特徴
  • プロセッサーに A16 Bionic 搭載
  • ストレージ:128GB~512TB
  • 5G通信対応
  • メモリー 6GB
  • 充電ケーブル USB TYPE-C
  • 6.1インチ  解像度:2,556 x 1,179
  • オールスクリーンOLEDディスプレイ
  • メイン:4800万画素 デュアルカメラ
  • ワイヤレス充電、急速充電対応
  • nanoSIM + eSIM デュアルSIM DSDV対応i
  • デュアルeSIMにも対応

デュアルSIM DSDV対応 iPhone15の価格

iPhone15価格
128GB124,800円
256GB139,800円
512GB169,800円

iPhone14 から、miniシリーズが無くなっているので、一番、安い、iPhone15の価格になります。

デュアルSIM DSDV対応 iPhone 15 Plus の価格

iPhone 15 Plus価格
128GB139,800円
256GB154,800円
512GB184,800円

iPhone15と比較して、6.7インチと、ディスプレイサイズが、大きくなっています。

ダイナミックな、大画面が好きな方は、こちらが、お勧めです。

デュアルSIM DSDV対応 iPhone 15 Pro の価格

iPhone 15 Pro価格
128GB159,800円
256GB174,800円
512GB204,800円
1TB234,800円

ディスプレイは、iPhone15と同じ、6.1インチですが、トリプルカメラ搭載、A17 Proチップ搭載など、ハイスペック仕様となっています。

デュアルSIM DSDV対応 iPhone 15 Pro Max の価格

iPhone 15 Pro Max価格
256GB189,800円
512GB219,800円
1TB249,800円

iPhone 15 Pro の、ハイスペック仕様のまま、ディスプレイサイズを、6.7インチとした、iPhone15シリーズの、最上位機種になります。

気になる、iPhone13の、今後の価格を予想

気になる、iPhone13

iPhone13の価格が、改定されました。

・128GBモデル 107,800円→95,800円 12,000円の値下げ

・256GBモデル 122,800円→110,800円 12,000円の値下げ

・512GBモデル 152,800円→140,800円 12,000円の値

iPhone15の発売とともに、2世代前の、iPhone13の、実売価格が、気になるところです。

2世代前と言っても、十分に、ハイスペックの、ハイエンドスマホになります。

iPhone12と違い、iPhone13には、シネマティックモードが搭載されていて、背景をぼかした、動画撮影が可能です。

iPhone13は、長いこと、実質1円の販売が続いています。

ここまで、待ったので、一括価格での販売に、期待したいです。

2023年9月初旬の、iPhone13の、実質1円販売を、下記でまとめています。参考にしてください。

デュアルSIM DSDV対応 iPhone15のスペック

iPhone15シリーズから、本日は、iPhone15の、スペックをまとめます。

項目iPhone15
プロセッサーA16 Bionicチップ
OSiOS 17
ストレージ容量128GB/256GB/512GB
ディスプレイ6.1″
オールスクリーンOLEDディスプレイ
解像度2,556 x 1,179
アウトカメラデュアルカメラ
・メイン4800万画素
・超広角1200万画素
フロントカメラ1200万画素
バッテリー容量
ビデオ再生
最大20時間
おサイフケータイ
APPLE PAY
デュアルSIMnanoSIM×eSIM_DSDS
デュアルeSIM対応
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ147.6 mm
71.6 mm
7.80 mm
重量171g
カラーブラック
ブルー
グリーン
イエロー
ピンク

今後の価格動向がきになる、2世代前の、iPhone13のスペック仕様を、下記でまとめています。

参考にしてください。

デュアルSIM DSDV対応 iPhone15の特徴

ここでは、iPhone15の特徴をまとめていきます。

iPhone15 Pro、Pro MAX については、別途まとめていきたいと思います。

A16 Bionic搭載「システム性能」

A16 Bionic搭載「システム性能」
  • プロセッサーに A16 Bionic 搭載
  • ストレージ:128GB~512TB
  • 5G通信対応
  • メモリー 6GB

iPhone14 Proにも搭載された、A16 Bionic チップ が搭載されます。

iPhone15 Proは、A17 Bionic チップ 搭載なので、一世代古い、チップになります。

しかしながら、一世代古いと言えど、ハイエンドのチップであることに変わりはありません。

サクサク動作が、期待できます。

メモリーは、6GBとのこと。 こちらも、iPhone15 Proは、8GBなので、差がつけられています。

A14 Bionic チップを搭載した、iPhone12 の詳細を、下記でまとめています。参考にしてください。

充電ケーブル「USB TYPE-C」

充電ケーブル「USB TYPE-C」

従来のiPhoneと、大きな違いは、ここになります。

従来は、iPhone のみが使っている、Lightningコネクタでしたが、iPhone15からは、USB TYPE-C になります。

Android と同じケーブルが使えるようになったのは、嬉しい変化です。

古い機種でも、これから生産するものは、USB TYPE-C になるとの、噂も流れているので、期待しましょう。

USBコネクタの種類に関しては、下記でまとめています。参考にしてください。

6.1 インチの「ディスプレイ性能」

6.1 インチの「ディスプレイ性能」
  • 6.1インチ  解像度:2,556 x 1,179
  • オールスクリーンOLEDディスプレイ

前項でも、記載の通り、iPhone15、iPhone15 Proは、6.1インチのディスプレイになります。

MAXになると、6.7インチと、大きなサイズです。

iPhone13までは、mini が、発売されていたので、さらに小さいサイズもありましたが、iPhone14から、miniは、廃止されました。

小さいサイズの、コンパクトタイプが良い方は、iPhone SE が、お勧めです。

iPhone SE(第三世代)の詳細をかきでまとめています。参考にしてください。

4800万画素「カメラ性能」

4800万画素「カメラ性能」
  • メイン:4800万画素
  • デュアルカメラ
  • フロント:1200万画素

iPhoneのカメラ性能が、良いことは、有名です。

シングルカメラの、iPhoneSEシリーズでも、きれいに撮影が出来るので、それ以上のカメラ性能になります。

iPhoneが、人気のある理由の1つが、このカメラ性能の良さにあります。

同じく、カメラ性能が良いのは、Google Pixcelシリーズになります。

私は、Google Pixcel 7a を使っていますが、購入時の状況を下記でまとめています。

参考にしてください。

デュアルeSIM対応 DSDV

  • nanoSIM + eSIM デュアルSIM DSDV
  • デュアルeSIMにも対応

nanoSIM+eSIMの、デュアルSIMになります。

iPhoneは、デュアルSIM の構成に、デュアルeSIMが使える仕様となっています。

eSIMのみの構成で、DSDVが使えるのは、嬉しいポイントです。

デュアルSIM DSDV については、下記でまとめています。参考にしてください。

ちなみに、iPhone公式では、DSDSと書いてますが、DSDVとして使えます。

連続20時間動画再生「バッテリー性能」

  • 連続 20時間動画再生
  • ワイヤレス充電対応
  • 急速充電対応

iPhoneの、バッテリー性能は、〇〇mAh の表記でなく、動画再生時間で、表しています。

非常にわかりずらいですが、前期種と比較すると、良くなっています。

ワイヤレス充電対応は、UQモバイルから総額価格で販売している、Google Pixel 7 も同じように、対応しています。

総額価格については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

ワイヤレス充電に対応しているのも、iPhoneの嬉しいポイント1つです。

防塵防水/おサイフケータイ

防塵防水/おサイフケータイ

  • 防塵防水:IP68
  • Apple PAY 対応

FeliCaチップ搭載で、おサイフケータイに対応しています。

iPhoneは、iPhone8から、おサイフケータイに対応していて、これが、人気の1つとなっています。
防水防塵にも対応しているので、文句のつけようのない、ハイエンドスマホになります。

おサイフケータイについては、下記で詳細をまとめています。参考にしてください。

まとめ:DSDV「iPhone15」発表、気になる iPhone13の一括価格

日本シェア No1 の、iPhone の、新機種「iPhone15」が発表されたので、まとめました。

本日は、一番、お求めやすい、iPhone15を中心にまとめました。

気になるのは、iPhone13の、実売価格です。

販売価格が、下がったので、一気に、一括価格での、販売に期待したいと思います。

iPhone13の、一括価格は、以前、一回だけ見たことがあります。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

新機種である、iPhone15の、価格もきになります。

まずは、発売特価の、実質1円が、でてくるのでは? と予想しています。

iPhone15の、詳細は、下記、Apple 公式HPで確認してください。

Apple公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

iPhone
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました