「DSDA」デュアルアクティブ「POCO F5」SDM7+Gen2搭載でグローバル発売

POCO
記事内に広告が含まれています。

2023年5月9日に、POCOのグローバル発表が行われ、POCO F5、POCO F5 Pro が、発売されました。

本日は、Qualcomm Snapdragon 7+ Gen 2 を搭載した、POCO F5 を中心に、まとめていきたいと思います。

と言うのも、スペックに、デュアルSIM デュアルアクティブ「DSDA」対応とあるからです。

「DSDA」デュアルアクティブ「POCO F5」SDM7+Gen2搭載でグローバル発売

Xiaomiの、スマホメーカー POCO が、予定通り、グローバル向けに、POCO F5シリーズの、発表を行いました。

「DSDA」デュアルアクティブ「POCO F5」

下記、2機種が、グローバル向けとして、発売されました。

  • POCO F5
  • POCO F5 Pro

POCO F5 は、噂通り、ベースモデルが、Xiaomi Redmi Note 12 Turbo のようで、プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 7+ Gen 2 が搭載されています。

本日は、ミドルレンジスマホ POCO F5 中心にまとめていきます。

POCOのグローバル発表の予告については、下記でまとめています。参考にしてください。

まずは、POCO F5 の価格と、主な特徴から、確認していきます。

POCO F5 シリーズの価格

POCO F5価格
8GB + 256GB\50,269
12GB + 256GB\54,591
POCO F5 Pro価格
8GB + 256GB\74,225
12GB + 256GB\78,434
12GB + 512GB\86,853

価格は、AliExpress(アリエクスプレス) の、価格になります。

POCO F5 の主な特徴

  • プロセッサー:Qualcomm Snapdragon 7+ Gen 2
  • メモリー LPDDR5 8GB/12GB 搭載
  • ストレージ UFS 3.1 256GB 搭載
  • デュアルSIM「DSDA」対応
  • 6.67インチ 有機ELディスプレイ
  • メイン 6400万画素、トリプルカメラ搭載
  • 67W 急速充電対応
  • デュアルスピーカー搭載
  • OS:MIUI 14 for POCO (Androidベース)
  • 5G通信対応

気になるのが、デュアルSIMデュアルアクティブ DSDAです。

POCO F5 の「DSDA」デュアルSIMデュアルアクティブ

POCOグロバル公式HPの、スペックに、デュアルSIMデュアルアクティブと記載があるので、DSDA対応で、間違いないと確信しています。

Qualcomm Snapdragon 7+ Gen 2 は、DSDAに対応しているので、スマホとして、対応するかどうか、気になっていました。

一方、DSDAに対応していないプロセッサー搭載の、POCO F5 Proには、スペックに、デュアルSIM デュアルスタンバイと書かれています。

これは、いつもの、DSDVになります。

DSDA対応のスマホが、市場に出回りつつあり、今後増えていくと予想されます。

DSDA、DSDVの詳細については、下記でまとめています。参考にしてください。

POCO F5 のスペック

項目仕様
プロセッサーQualcomm Snapdragon 7+ Gen 2
OSMIUI 14 for POCO
(おそらく、Android13ベース)
メインメモリー8GB/12GB
ストレージ容量256GB
ディスプレイ6.67″ FHD+
解像度2400 x 1080
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン6400万画素
・超広角800万画素
・マクロ200万画素
フロントカメラ1600万画素
バッテリー容量5000mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2 DSDA
インターフェイスUSB TYPE-C
サイズ161.11mm
74.95mm
7.9mm
重量181g
カラーブラック
ホワイト
ブルー

POCO F5 の特徴

ミドルレンジ「システム性能」

ミドルレンジ「システム性能」
  • プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 7+ Gen 2 を採用
  • メモリー LPDDR5 8GB/12GB 搭載
  • ストレージ UFS 3.1 256GB 搭載
  • OS:MIUI 14 for POCO (Androidベース)
  • 5G通信対応

プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 7+ Gen 2 を搭載しています。

4nmプロセス製造で、Snapdragon 8 Gen 1 と同等とのベンチマーク結果もあるほどで、ハイエンドクラスの、性能となります。

メモリー規格:LPDDR5、 ストレージ規格:UFS 3.1 など、ハイエンド級のスペックで、今後、Snapdragon 7+ Gen 2 搭載機が、増えるのではと、予想されます。

メモリー規格:LPDDR5、 ストレージ規格:UFS 3.1

日本での、正式販売に、期待したいスマホになります。

POCOが、日本で発売しているスマホには、ハイエンドスマホ「POCO F4 GT」があります。

下記でまとめているので、参考にしてください。

デュアルSIM「DSDA」と対応バンド

  • デュアルSIMデュアルスタンバイ DSDA対応
  • 5Gバンド: n1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/77/78
  • 4Gバンド: B1/2/3/4/5/7/8/20/28/38/40/41

冒頭でも述べている通り、デュアルSIMデュアルアクティブ DSDAに対応していると確信しています。

DSDAは、一方のSIMで、通話中に、もう一方のSIMで、データ通信が出来ると言った、すぐれた機能になります。

ただし、気になるのが、4Gの、対応バンドです。

ドコモと、au の、プラチナバンドに対応していません。

ソフトバンク、楽天モバイルは、問題なさそうですが、このままだと、日本で使うのは、厳しいかもしれません。

正式に日本販売となれば、改善されると予想されるので、日本での正規販売に期待したいと思います。

6.67インチ「ディスプレイ性能」

6.67インチ「ディスプレイ性能」
  • 6.67インチ 有機ELディスプレイ
  • 解像度:FHD+ 2400 x 1080
  • リフレッシュレート:120Hz
  • 680億色表示

6.67インチの、有機ELディスプレイになります。

Snapdragon 7+ Gen 2 の搭載で、AI画像処理性能も向上しているので、ディスプレイ表示や、カメラ性能の向上が、期待できます。

POCO F5 は、冒頭でも述べている通り、Xiaomiの、Redmi Note 12 Turbo がベースモデルとなっていて、性能も、Redmi Note 12 Turbo と同等になっています。

Redmi Note 12 Turbo については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

メイン6400万画素「カメラ性能」

メイン6400万画素「カメラ性能」
  • メイン 6400万画素、トリプルカメラ搭載
  • フロント:1600万画素カメラ

メインカメラは、OmniVision製の、OV64Bで、センサーサイズ、1/2インチになります。

ミドルレンジスマホとしては、主流のイメージセンサーで、POCOブランドとしては、POCO X3 GT に搭載されているセンサーになります。

POCO X3 GT については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

67W 急速充電「バッテリー性能」

67W 急速充電「バッテリー性能」
  • 大容量:5000mAh
  • 67W 急速充電対応

67Wの、急速充電対応です。

67Wの充電器も、同梱されているため、改めて買う必要は無く、急速充電が使えます。

Xiaomiが、日本で販売している、Xiaomi 12T Pro も、急速充電器が同梱されています。

Xiaomiの常識なのか、中国の常識なのか分かりませんが、いづれにしても、充電器が、同梱されているのは、有難いポイントの1つです。

Xiaomi 12T Pro については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

冷却性能

冷却性能

冷却性能を、35%増加させた、新設計の、高効率ベーパーチャンバーを採用しています。

高性能化に伴い、冷却性能も、重要な要素の1つです。

スタイル。形状、外観、他機能

スタイル。形状、外観、他機能
  • サイズ:161.11mm × 74.95mm × 7.9mm
  • 重量:181g
  • カラー:ブラック、ホワイト、ブルー
  • デュアルスピーカー搭載
  • イヤホンジャック

Redmi Note 12 Turbo の流れなのか、POCOカラーである、イエローがありません。

気に入っていただけに、残念です。

デュアルスピーカー搭載

その他、デュアルスピーカー搭載や、イヤホンジャックもあります。、

まとめ:「DSDA」デュアルアクティブ「POCO F5」SDM7+Gen2搭載でグローバル発売

2023年5月9日に、POCOから発売された、POCO F5 シリーズから、POCO F5 を中心にまとめました。

Qualcomm Snapdragon 7+ Gen 2 を搭載したスマホで、日本での、正式販売を期待したいスマホです。

一番気になるのは、デュアルSIMデュアルアクティブ DSDA 対応になります。

DSDVの進化型で、使ってみたい機能の1つです。

ちなみに、POCO F5 は、Redmi Note 12 Turbo がベースモデルとなっていますが、POCO F5 Pro は、Redmi K60 がベースになっている模様です。

どちらも、Xiaomiの、スマホになります。

POCO F5び詳細は、下記、POCOグローバル公式HPで確認して下さい。

POCOグローバル公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

POCO
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました