OPPOが「Reno6」シリーズを発表_スペックと特徴と検証

OPPO_Reno6_Pro_puls格安スマホ

OPPOが「Reno6」シリーズを発表しました。

日本での発売は、未定です。

「Reno6」「Reno6 PRO」「Reno6 PRO+」のスペックを、分かっている範囲で、検証してみたいと思います。

Reno6 シリーズ

「OPPO」が、新製品を発表しました。

「Reno6」「Reno6 PRO」「Reno6 PRO+」の、3機種、「Reno6シリーズ」になります。

先日、日本での、「OPPO Reno5 A」SIMフリーの発売日程が、2021年6月11日とのニュースを見ましたが、中国では、「Reno6シリーズ」を発表しています。

本日は、そんな、「Reno6シリーズ」のスペックを検証してみたいと思います。

4月末時点の、DSDV 格安スマホランキングでは、「 Xiaomi 「Redmi Note 10 Pro」 にトップを、明け渡してしまいましたが、日本で、「OPPO」人気は、絶大です。

「OPPO Reno5 A」SIMフリーもそうですが、日本での発売の場合、「おサイフケータイ」「防塵防水」に対応してくるところが、 人気の秘密ではないでしょうか?

今回の「Reno6シリーズ」の、日本発売は、決まっていませんが、期待して待ちましょう

「Reno6シリーズ」のスペック

項目「Reno6」「Reno6 PRO」「Reno6 PRO+」
プロセッサーMediaTek Dimensity 900MediaTek Dimensity 1200Qualcomm Snapdragon 870
OSColorOS11.3
Android 11ベース
メインメモリー8GB/12GB
ストレージ容量128GB/256GB
ディスプレイ6.43″ FHD+
AMOLED
6.55″ FHD+
AMOLED曲面
6.55″ FHD+
AMOLED曲面
解像度2,400 × 1,080
リフレッシュレートMAX:90Hz
アウトカメラ3眼4眼4眼
・メイン6400万画素6400万画素5000万画素
・超広角800万画素800万画素1600万画素
・マクロ200万画素200万画素200万画素
・ポートレート200万画素
・望遠1300万画素
インカメラ3200万画素
バッテリー容量4,500mAh4,300mAh4,500mAh
NFC
デュアルSIM2slot_DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
参考価格
メモリー8GB
2799元
(約48,000円)
3499元
(約60,000円)
3999元
(約69,000円)

「Reno6シリーズ」の特徴

「Reno6 PRO+」のみに、「Qualcomm」プロセッサーを使用。

いずれのプロセッサーも、「高速プロセッサー」を搭載

「AMOLED」有機ELディスプレイ

リフレッシュレート高速「90Hz」ディスプレイ

大容量メモリー「8GB/12GB」搭載

大容量ストレージ「128GB/256GB」搭載

メイン、6400万画素の「高画質カメラ」

デュアルSIM「DSDV」対応

大容量バッテリー「4,300/4,500mAh」

65W超高速フラッシュ充電対応

まとめ

日本でも、信頼を勝ち取ってる、「OPPO」の「Reno6シリーズ」

気になる方は、中国公式HPReno6シリーズを確認してみてください。

日本の発売は未定ですが、発売のアナウスが出たところで、ブログを更新したいと思います。

デュアルSIMで、DSDV対応 は、私にとっては、ありがたい機能です。

あとは、「おサイフケータイ」が、搭載されるのかが、気になるところです。

今後の「OPPO」の動向に、に注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました