DSDVスマホ「OPPO A73」薄型・軽量で「有機EL」ディスプレイ採用

OPPO

2020年11月に発売された「OPPO A73」。格安で購入できるとあって、にわかに人気がでています。

今回の格安の意味は、数千円レベルではなく、「1円」です。

MVNO各社で発売されており、MNP転入などの条件を揃えれば、「1円」~「数百円」で購入可能です。

「OPPO A73」

2020年11月に発売された、ローエンドスマホ「OPPO A73」

1年以上前の機種となりますが、有機EL、FHD+ディスプレイ4眼カメラなど、ローエンドにしては、ハイスペック仕様のスマホで、最近人気がでています。

OPPO A73

人気の最大の、理由は、格安で購入できることで、MVNO各社から、発売されています。

キャンペーンや、セールなど、購入のタイミングさえ間違わなければ、「1円」で購入可能な、スマホです。

要チェックな、スマホと言えます。

OPPOの「Aシリーズ」は、中国で、2022年2月に「OPPO A96 5G」が発売されています。メモリーが、8GB搭載さ入れた、ローエンドスマホで、下記でまとめていますので、参考にしてください。

価格

価格
楽天モバイルポイント還元で実質「0円」
iijmioMNP限定「110円」
OCNモバイル16,501円

代表的な、価格のみ、記載してみました。その他、イオンモバイル、BIGLOBE MOBILE など、MVNO各社で発売されています。

楽天モバイル

楽天モバイルは、製品価格:15,000円に対し、ポイントを還元するシステムになり、実質「0円」となります。詳細は、下記、楽天モバイルの公式HPで確認してください。

OCNモバイル

OCNモバイルは、2022年4月のセールで、「1円」で発売実績があります。現在は、16,501円となっていますが、セールが始まれば、「1円」の発売が、期待できます。OCNモバイルの詳細は、下記公式HPで確認してください。

「OPPO A73」のスペック

項目
プロセッサーQualcomm Snapdragon 662
OSColorOS 7.2
Android10ベース
メインメモリー4GB
ストレージ容量64GB
ディスプレイ6.44″ FHD+
解像度2,400×1,080
リフレッシュレート60Hz
アウトカメラクアッドカメラ
・メイン1600万画素
・超広角800万画素
・モノクロ200万画素
・ポートレート200万画素
フロントカメラ1600万画素
バッテリー容量4,000mAh
NFC×
デュアルSIMnanoSIM+eSIM
DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ159.8mm
72.9mm
7.45mm
重量162g
カラーネービー ブルー
ダイナミック オレンジ

「OPPO A73」の特徴

軽量・薄型の、スタイリッシュデザイン形状で、カラーも、ブルー、オレンジと、目立つ色を採用しています。

システム性能

OPPO A73 システム性能
  • Qualcomm製「Snapdragon 662」搭載
  • メモリー「4GB」搭載
  • ストレージ「64GB」搭載
  • 5G通信非対応

ローエンドスマホの、標準的なスペック仕様です。通常使いには、全く問題ないスペックです。

5G通信は、非対応なので、自身の通信環境で、「5G」必須の場合は、選択しない方が良いです。

OPPO「Aシリーズ」で、5G通信に対応した、スマホは、「OPPO A54 5G」があります。A54については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

スタイル

OPPO A73 スタイル
  • サイズ:159.8mm×72.9mm×7.45mm
  • 重量:162g
  • カラー:ネービー ブルー、ダイナミック オレンジ

本機の、最大の特徴と言ってよい、スタイリッシュな外観形状で、携帯性が良いスマホとなっています。

薄型・軽量を意識して開発されたことが、分かるスマホとなっていて、色も、カラフル色を採用し、女性ユーザーを意識した、機種と言えます。

ケースも、レザー質感で出来ており、他機種とは、力の入れ方が、違うことが分かります。

カメラ性能

OPPO A73 カメラ
  • メイン1600万画素の、クアッドカメラ搭載
  • フロントカメラは、1600万画素カメラ搭載

1年以上前に、発売されたスマホと言うこともあり、カメラ性能は、低スペックとなっています。ただし、クアッドカメラ(4眼)搭載なので、普通に、奇麗な撮影が出来ます。

カラフル・スタイリッシュなデザインで、女性を意識したスマホと言うこともあり、フロントカメラも、1600万画素と高画質カメラを搭載しています。

ディスプレイ性能

OPPO A73 ディスプレイ
  • 6.44インチ「FHD+」有機ELディスプレイ
  • 解像度「2,400×1,080」
  • リフレッシュレート:60Hz

有機ELディスプレイを採用しているので、奇麗な表示性能となっています。

デュアルSIM_DSDV

OPPO A73 DSDV

nanoSIM+eSIMの、デュアルSIM_DSDVに、対応しています。

一方は、eSIMとなっているので、DSDVで活用する場合は、eSIMを発行している、事業者を、選択する必要があります。

nanoSIM+eSIMも含め、DSDVについては、下記で紹介していますので、参考にしてください。

デメリット

  • おサイフケータイ未搭載
  • 5G通信非対応
  • 防水・防塵 非対応

Aシリーズということもあり、おサイフケータイは、非搭載です。日本では、おサイフケータイ搭載機が多く、活用している人も多いので、デメリットと言えます。

おサイフケータイについては、下記で、詳細・メリットなどを紹介していますので、参考にしてください。

まとめ

「OPPO A73」の、スペックと特徴をまとめてみました。

ローエンドスマホとなりますが、有機ELディスプレイを採用など、特徴的なスペックとなっています。

何と言っても、最近の傾向と言える、薄型・軽量・スタイリッシュデザイン形状となっているが、最大の特徴と言えるスマホだと感じました。

「薄型・軽量・スタイリッシュ」スマホの、代表的な機種に、「Xiaomi Civi 1S」があります。

厚さ:6.98mmの、「Xiaomi Civi 1S」は、下記でまとめていますので、参考にしてください。

「OPPO A73」の詳細は、下記、OPPO公式HPで確認してください。

OPPO公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました