DSDV対応_モトローラ「motorola edge 20」シリーズの、特徴とスペック

motorola_edge_20Motorola

2021年10月に発売された、モトローラの「motorola edge 20」「motorola edge 20 fusion」

メインカメラに、1億800万画素を搭載した、ミドルレンジスマホで、モトストアや、MVNO格安SIM各社から発売されています。

独自OSでなく、Android11 が搭載されている、motorola edge 20 シリーズの、スペックと特徴をまとめます。

DSDV対応_モトローラ「motorola edge 20」シリーズ

motorola edge 20 シリーズは、モトローラの、2021年の機種で、2021年10月に、発売された、スマホになります。

「1億800万画素」のメインカメラを搭載しており、「Xiaomi」「OPPO」の人気機種を意識した、ミドルレンジスマホで、モトストアや、MVNO格安SIMから、発売されています。

motorola edge 20

ローエンドスマホの、「moto G50 5G」に続き、「5G通信」対応機種の発売になります。

「moto G50 5G」 については、下記で紹介していますので、参考にしてください。

motorola edge 20 の主な特徴

  • プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 778Gを搭載
  • メモリー 6GB、ストレージ128GB 搭載
  • 6.7インチ 有機ELディスプレイ搭載
  • リフレッシュレート 144Hz
  • メイン 1億800万画素、トリプルカメラ搭載
  • nanoSIM × 2 デュアルSIM DSDV対応
  • 4,000mAh 大容量バッテリー
  • 薄肉・軽量

motorola edge 20 fusion の主な特徴

edge 20 との相違部のみ、記載します。

  • プロセッサーに、MediaTek Dimensity 800Uを搭載
  • リフレッシュレート 90Hz
  • 5,000mAh 大容量バッテリー

価格

モトストアの価格になります。

格安スマホ価格
edge 2054,800円
edge 20 fusion43,800円

MVNO 格安SIMの価格

OCNモバイルONE や、IIJmio などの、MVNO 格安SIMから、発売されています。

各社、キャンペーンなどで、安くなったりもしていますので、最新の情報は、下記、公式HPで確認して下さい。

OCNモバイルONE公式HP

IIJmio公式HP

「motorola edge 20」シリーズのスペック

項目motorola edge 20motorola edge 20
fusion
プロセッサーQualcomm Snapdragon 778GMediaTek Dimensity 800U
OSAndroid 11Android 11
メインメモリー6GB6GB
ストレージ容量128GB128GB
ディスプレイ6.7″ FHD+6.7″ FHD+
解像度2,400×1,0802,400×1,080
リフレッシュレートMAX:144HzMAX:90Hz
アウトカメラトリプルカメラトリプルカメラ
・メイン1億800万画素1億800万画素
・超広角/マクロ1600万画素800万画素
・望遠800万画素200万画素
インカメラ3200万画素3200万画素
バッテリー容量4,000mAh5,000mAh
NFC
デュアルSIMnaoSIM×2_DSDVnaoSIM×2_DSDV
インターフェイスUSB TYPE-CUSB TYPE-C
サイズ163mm
76mm
6.77mm
166mm
76mm
8.25mm
重量163g185g
カラーフロストオニキスエレキグラファイト

「motorola edge 20」シリーズの特徴

Qualcomm Snapdragon 778G「システム性能」

motorola edge 20 システム
  • メモリー「6GB」搭載
  • ストレージ「128GB」搭載

日本での人気機種である、Xiaomi「Mi 11 Lite 5G」 OPPO「Reno5 A」と、同等スペックの、ミドルレンジスマホで、申し分のない、スペックとなっています。

モトローラは、1ランク落としたスマホが、多い印象ですが、「edge 20」に関しては、日本市場に、力を入れてきている感があります。

(追加)edge 20 の、上位機種として、motorola edge 30 Pro が、日本で発売されています。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

「10億色の色彩表現」のディスプレイ性能

motorola edge 20 ディスプレイ
  • 「6.7インチ」HDR10+有機ELディスプレイ搭載
  • リフレッシュレート:MAX:144Hz

ディスプレイにも、力を入れてきました。リフレッシュレート「MAX:144Hz」は、滑かな表示を実現します。

「HDR10+」による、より的確な輝度の調整を可能としているため、適切で、奇麗なディスプレイ表示を、実現可能としています。

1億万画素越えの「カメラ」性能

motorola edge 20 カメラ性能
  • メイン1億800万画素の、トリプルカメラを搭載
  • フロントカメラも、3200万画素の、高画質カメラ搭載

モトローラも、1億万画素超えのカメラを搭載してきました。高画質な画像を提供できます。

(追加)2022年末時点で、モトローラは、2億万画素超えのカメラを搭載した、スマホを発売しています。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

厚さ:6.77mmの、薄型ボディ

motorola edge 20 スタイル
  • サイズ:163mm × 76mm × 6.77mm
  • 重量:163g

軽量、薄型のボディに仕上げてきました。「Mi 11 Lite 5G」 が、厚さ:6.81mm、重量:158g なので、厚みは、「edge 20」の方が、薄いです。

ここでも、日本での、人気機種を意識した仕様に、まとめてきています。ユーザーにとっては、携帯性を考慮した、軽量、薄型は、有難い仕様になります。

デュアルSIM_DSDV

  • nanoSIM × 2
  • DSDV 対応

nanoSIM × 2 の、DSDV対応機種になります。

eSIMには、対応していないので、注意が必要です。

DSDVについては、eSIMも含めて、下記でまとめていますので、参考にしてください。

「4,000mAh」の大容量バッテリー搭載

最近では、普通になりつつある、4,000mAhのバッテリー搭載です。

大容量なので、バッテリー不足の心配は、無用のスマホと言えます。

Android 11

  • 便利機能「Motoアクション」搭載
  • OSは、「Android 11」

「Xiaomi」「OPPO」とは違い、独自OSは、搭載していません。OS「Android 11」は、使い慣れているユーザーにとって、有難い仕様です。

まとめ_DSDV対応_モトローラ「motorola edge 20」シリーズ

モトローラの、「motorola edge 20」シリーズについて、まとめてみました。

2021年10月に発売されています。

スペック仕様としては、「薄型・軽量」など、日本市場での人気機種を意識した物となっているため、検討の余地はあると思います。

1点物足りないのが、「おサイフケータイ」になります。

おサイフケータイが搭載された、モトローラのスマホは、「moto g52j 5G」 ミドルレンジスマホスマホがあります。

こちらでまとめていますので、参考にしてください。

「motorola edge 20」の詳細については、下記、モトローラ公式HPで、確認してみてください。

モトローラ公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました