「DSDV」デュアルSIM_AQUOS「sense6」「zero6」の価格・スペックと特徴

aquos_sense6AQUOS

シャープが、2021年9月28日に、発表した、「sense6」「zero6」の2機種が、各社から発売されています。

前期種である、sense4 と比較して、5G通信に対応し、ディスプレイサイズが大きくなり、使い易いスマホに改善されています。

各事業者から発売されていますので、スペック仕様などを、まとめます。

「AQUOS sense6」「AQUOS zero6」の価格

各社から発売されている、「AQUOS sense」シリーズの、「sense6」「zero6」 。

5G通信に対応し、最近の流行である、「薄型」「軽量」を意識した、「格安スマホ」で、日本発売では必須の、「おサイフケータイ」「防塵・防水」に対応した、期待が持てるスペック仕様のスマホになります。

まずは、AQUOS sense6s も追加され、さらに、性能が向上した、2機種の、価格から確認していきます。

「AQUOS sense6」「AQUOS zero6」

MNO各社販売価格

MNOAQUOS sense6AQUOS sense6sAQUOS zero6
ドコモ31,724円
au33,055円
ソフトバンク74,880円
楽天モバイル30,980円33,700円56,980円
  • 2023年1月時点の価格になります。
  • - 欄は、販売がありません。
  • 各社、MNP(ナンバーポータビリティ)などで、割引があります。
  • 2022年4月より、AQUOS sense6s が発売され、au、楽天モバイルから発売されています。(追記)

MVNO 各社販売価格

MVNO各社から販売されています。(追記)

セール期間中を狙えば、2万前後で、購入可能です。

特に、OCNモバイルONE、IIJmio は、セール期間が長いので、チェックしてみてください。

OCNモバイルONE公式HP

IIJmio公式HP

SIMフリーで、デュアルSIM DSDVに対応しているので、MVNOからの購入がお勧めです。

「AQUOS sense6」「AQUOS zero6」のスペック

項目AQUOS sense6AQUOS zero6
プロセッサーSnapdragon 690 5G
6s:Snapdragon 695 5G
Snapdragon 750 5G
Android 11Android 11
メインメモリー4GB/6GB8GB
ストレージ容量64GB/128GB128GB
ディスプレイ6.1″ FHD+
GZO OLEDディスプレイ
6.4″ FHD+
有機ELディスプレイ
10億万色表示
解像度2,432×1,0802,340×1,080
リフレッシュレートMAX:120HzMAX:240Hz
アウトカメラトリプルカメラトリプルカメラ
・メイン4,800万画素4,800万画素
・超広角800万画素800万画素
・望遠800万画素800万画素
レーザーAFセンサー
フロントカメラ800万画素1,630万画素
バッテリー容量4,570mAh4,010mAh
おサイフケータイ
デュアルSIMDSDVDSDV
インターフェイスUSB TYPE-CUSB TYPE-C
サイズ152mm×70mm×7.9mm158mm×73mm×7.9mm
重量158g146g

「AQUOS sense6」の特徴

sense 5G との比較

前機種である、AQUOS sense 5G と比較して、主に、下記の点で、性能が向上しています

  • 最大の変化は、「薄型」「軽量」となりました。
  • カメラ性能の強化されています。
  • メモリー、ストレージ容量が向上しています。

「薄型」「軽量」

厚さで「約1㎜」、重量で「約20g」スタイリッシュにしてきました。「Xiaomi」のスマホが、薄型軽量として、人気を博しているので、「AQUOS」としても、対応が必要です。

薄型軽量

今回の、「AQUOS sense6」で挽回できていると、言えます。

sense 5G については、下記で紹介していますので、参考にしてください。

カメラ性能の強化

カメラ性能

メインカメラに、高画質「4800万画素」を採用しています。私も使っている、「AQUOS sense4 plus」は、「4800万画素」のカメラを採用しています。

同等レベルまで、引き上げて来ましたので、他社と比較しても、カメラ性能で劣ることはありません

「AQUOS sense4 plus」については、下記で紹介していますので、参考にしてみてください。

メモリー、ストレージ容量の向上

メモリー6GB、ストレージ128GBの、機種が追加されています。

ミドルレンジスマホとして、このくらいのスペックは、必要です。

AQUOS sense 6s が追加

  • プロセッサーが、Snapdragon 695 5G に性能アップ(追記)

ミドルレンジスマホ定番の、Qualcomm Snapdragon 695 に、性能アップしています。

本機の後継機種である、AQUOS sense 7 も、同じプロセッサーを搭載しています。

AQUOS sense 7は、こちらでまとめていますので、参考にしてください。

「AQUOS zero6」の特徴

「AQUOS」も、実力を発揮してきた感じです。性能としては、こちらの方が俄然、上になります。

ミドルレンジ「システム性能」

システム性能
  • プロセッサーに、「Qualcomm Snapdragon 750G 5G」搭載
  • メモリー大容量「8GB」搭載
  • ストレージ大容量「128GB」搭載

「sense4」までは、控えめだった、「AQUOS」も、今回で、ハイスペックスマホへ、グレードアップです。

人気のある、他社製のミドルレンジスマホと、比較しても、見劣りしない、スペック仕様となっています。

6.4インチ「ディスプレイ性能」

ディスプレイ性能
  • 6.4インチ「有機EL」ディスプレイ採用。
  • リフレッシュレート「MAX:240Hz」
  • 「10億色表示」可能、ディスプレイ

レスポンスモード切り替えにより、ハイレスポンスモードでは、「MAX:240Hz」のリフレッシュレートを実現しています。

「10億色表示」ディスプレイと、「240Hz」駆動で、滑らかで、美しいディスプレイ表示を可能としました。

トリプルカメラ「カメラ性能」

zero6 カメラ性能
  • メイン「4800万画素」の、3眼カメラ搭載
  • 「Laser AF sensor」レーザーAFセンサー搭載

暗所専用のレーザーを搭載することにより、暗いところでの、ピント合わせを素早く出来ます。

「AQUOS zero6」の特徴の1つでもあり、他社と比較して、優位性の部分でもあります。

スタイル・形状

スタイル形状
  • 158mm×73mm×7.9mm
  • 重量「146g」

これぞ、「薄型」「軽量」と言えます。

防塵/防水/おサイフケータイ

  • 「おサイフケータイ」搭載
  • 「防水/防塵」対応「IPX5・IPX8/IP6X」

AQUOS sense6 にもある機能、防塵・防水・おサイフケータイ

日本では、必須の機能になります。

デュアルSIM DSDV

  • DSDVに対応
  • nanoSIM + eSIM

ドコモから発売されている、AQUOS sense6は、DSDVに対応していないので、注意してください。

他については、nanoSIM + eSIM のDSDVに対応しているようです。

このあたり、同じ機種でも、キャリアの都合で、対応、非対応が分かれますので、各社販売店などで、確認してからの、購入を勧めます。

まとめ_「DSDV」デュアルSIM_AQUOS「sense6」「zero6」

2021年に発売されたの、「AQUOS sense6」「AQUOS zero6」をまとめてみました。

ハイスペックにまとめてきた感があり、個人的には、嬉しい気持ちで、いっぱいです。

現在「AQUOS sense4 plus」を使っている私としては、これからも、「AQUOS」の活躍に、期待しています。

「AQUOS sense6」「AQUOS zero6」の詳細は、シャープ公式HPで確認して下さい。

シャープ公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました