「Xiaomi」インド市場_格安スマホ「Redmi 10 Prime」発表

redmi_10_primeXiaomi

「Xiaomi」が、インド市場向けに、格安スマホ「Redmi 10 Prime」を発表しました。

プロセッサーに「MediaTek Helio G88」を採用した、低価格な、スマホになっています。

日本での発売は、未定ですが、スペックと特徴を確認してみます。

「Redmi 10 Prime」

インド市場向けの、格安スマホで、価格の割には、高スペックな、コストパフォーマンスに優れた、スマホです。

「Xiaomi」は、日本でも、知名度が上がってきている、中国メーカーですが、世界市場でみても、上位クラスの、メーカーです。

先日も、「APPLE」を抜いたとの、ニュースも流れており、世界No.1 になる日も、近いかもしれません。

価格

発売価格は、下記の通りです。日本円は、円換算した参考価格なので、ご了承ください。

  • 4GB+64GB :12,499 ルピー(約1.9万円)
  • 6GB+128GB :14,499 ルピー(約2.2万円)

位置づけとして、ローエンドスマホですが、スペック仕様は、ミドルレンジと言っても、おかしくないので、この価格での提供は、コスパ最高と言えます。

「Redmi 10 Prime」のスペック

「Redmi 10 Prime」のスペックとなります。詳細は、下記の、「Xiaomi」グローバル公式HPで、確認してください。

項目Redmi 10 Prime
プロセッサーMediaTek Helio G88
OSMIUI 12.5
Android 11ベース
メインメモリー4GB/6GB
ストレージ容量64GB/128GB
ディスプレイ6.5″ FHD+
解像度2,400×1,080
リフレッシュレートMax:90Hz
アウトカメラ4眼
・メイン5000万画素
・超広角800万画素
・マクロ200万画素
・深度200万画素
インカメラ800万画素
バッテリー容量6,000mAh
デュアルSIMnanoSIM×2_DSDV
トリプルスロット
充電コネクタUSB TYPE-C

「Redmi 10 Prime」の特徴

システム

  • プロセッサーに、「MediaTek Helio G88」を搭載
  • メモリーは、「最大:6GB」、ストレージは、「最大:128GB」搭載
  • リフレッシュレート:「Max:90Hz」

どれをとっても、申し分ありません。低価格、格安スマホで、ローエンドスマホですが、ミドルレンジクラスの、スペックとなっています。

カメラ

  • メイン「5000万画素」の、4眼カメラ搭載

これも、ミドルレンジクラスと言っていいほど、ハイスペックです。高画質な写真撮影が可能です。

ボディ

  • カラー:ブラック、グラデーションブルー、ホワイトの3色
  • 161.95㎜ x 75.57㎜ x 9.56mm。重量:192g

最近の「Xiaomi」のスマホ全般に言えますが、厚さを抑え、軽量化し、更に、デザイン性にも、優れたスマホになっています。

バッテリー

  • 高容量バッテリー「6,000mAh」搭載
  • 18W急速充電をサポート(22.5W充電器同梱)

十分すぎるほどの、バッテリー容量です。同梱の、急速充電器が、18Wの、急速充電に対応しているので、問題無しです。

他機能

  • トリプルスロット「DSDV」対応
  • デュアルステレオスピーカー対応

まとめ

「Xiaomi」の、「Redmi 10 Prime」の、スペックと、特徴と検証してみました。

参考になれば、幸いです。

「Redmi 10 Prime」の詳細については、「Xiaomi」グローバル公式HPで、確認してみてください。

「Xiaomi」グローバル公式HPの、リンクは、「Redmi 10 Prime」のスペックに、記載しています。

日本での発売は未定ですが、「Xiaomi」ツイッターで、2021年9月15日に、新製品発表の、アナウスがされています。

今度は、どの様な、スマホを、日本市場に投入してくるのか、今から、楽しみです。

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました