OCNモバイル「Redmi Note 10 Pro」_到着から開通まで

ocn_モバイル契約OCNモバイル

発売特価セールで、購入した、OCNモバイル「Redmi Note 10 Pro」

本日は、開通までの、注意点と、「OCNモバイル」のメリット、デメリットを書きたいと思います。

参考にしていただければ、幸いです。

OCNモバイル「Redmi Note 10 Pro」

発売特価セールで、購入した、OCN モバイル ONE  から、SIMと、DSDV格安スマホ「Redmi Note 10 Pro」が届きました。

届くまで、5日程かかりました。

購入が殺到していたことを考えれば、まずまずの日程感だと、思います。

ホームページ上には、発送遅延のアナウスがされていただので、多少、遅くなることは、覚悟の上での購入です。

ちなみに、楽天モバイル契約時は、楽天モバイル契約_動作対象外機種で開通 でも、記載の通り、金曜日申込、土日を挟んで、月曜日に届きました。

「OCNモバイル」から届いた商品は、「SIM」と、「Redmi Note 10 Pro」になります。

スマホは、こんな感じです。

「Xiaomi」の「格安スマホ」でありがたいのは、「CASE」が付属しているところです。

「OCNモバイル」Redmi Note 10 Pro

あらためてOCN モバイル ONE の、プランと、特徴を記載します。

私は、NMP転入で、3Gプランに、かけ放題オプションを付けています。

特価セール「18,000円」から、「-7,700円」で、「\10,300」 で、購入しました。

音声通信プラン
1GB770円
3GB990円
6GB1,320円
10GB1,760円

10分かけ放題オプション:935円トップ3かけ放題オプション:935円完全かけ放題オプション:1,430円

2021年2月1日~未定まで、
完全かけ放題オプションキャンペーンを実施中:12か月間 1,100円

私の場合は、

\990円(3G)+ \1,430(完全かけ放題オプション)= \2,420円

となります。

まだ、支払いが発生してないのですが、キャンペーン期間中なので、

-320円 = \2,100円

を、予想しています。

「OCNモバイル」メリット・デメリット

「メリット」

DSDVの、使い方として、「かけ放題音声SIMと、データー通信SIMで、安くする」が、ありましたが、3Gの消滅と共に、かけ放題のSIMが 無くなってきました。

電話メインの方は、かけ放題で、税込み「\2,420円」実体験として、音声通話に、全く、違和感ありません。Y!mobileに比べ、通話品質は、良くなった気がします「最低利用期間」「MNP転出手数料」「解約違約金」無し通話専用アプリ不要。。理由 及び、詳細は、通話専用アプリ不要の「MVNO」はどこか_各社まとめてみますで、紹介しています。

「OCNモバイル」を使って、3Gの時と、同額で、かけ放題が出来ます。

「デメリット」

「MVNO」なので、大手「MNO」4社に比べて、通信速度は、落ちます。

「MVNO」をメインとして、利用したことが無いので、今のところ、デメリットは、見当たりません。

開通までの、注意点

開通で、大事なことがあります。

特に、メインを転入する場合、「開通させる時間」に注意が必要です。

以下、OCN モバイル ONE からの転記になります。

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)についての注意事項

お申し込み時間と開通までの時間の目安は以下の通りとなります。
9:00~20:59にお申し込みが完了した場合:お申し込み後すぐに開通
上記以外の時間にお申し込みが完了した場合:翌9:00を目途に開通
※あくまで目安になります。月末等、混雑時は処理が遅れる場合がございます。

開通させる申請を、「9:00~20:59」にしてください。

それ以外に申請すると、次の日の9時まで、電話が使えません。私の場合、これを、調べてから、実際、購入するまでに、日程が空きすぎて、忘れてしまいました。22時頃申請ボタンを押したため、次の日の、10時ころまで、電話が使えませんでした。

SIMの交換は、「9:00~20:59」の間にして、電話が不通の時間を、極力少なくすることを勧めます。

1時間たっても、開通しない場合、「飛行機モード」を試してみてください。

通信に異常がある時に、試す「飛行機モード」。開通時にも、使えます。私の場合、次の日の朝、10時になっても、電波が入らなかったので、「飛行機モード」を試したところ、繋がりました。なかなか繋がらない場合は、試す価値は、有りますので、お勧めです。

まとめ

「Redmi Note 10 Pro」のレビューは、別途とします。

現在、メイン(通話)が「OCNモバイル」、サブ(データー通信)が「楽天モバイル」のDSDV 構成です。

データ通信に、「楽天モバイル」を使っているので、データ通信速度に、不満はありません。

意外に、この構成は、正解だったと思っています。

「OCNモバイル」の、かけ放題キャンペーン、「楽天モバイル」の、1年無料キャンペーンが、終わる来年になったら、プランの見直しも考えてみます。

どの構成で、「DSDV」を活用していくか、みなさんも、考えてみては、いかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました