激安ハイエンドスマホ「モトローラ」デュアルSIM 「moto X40」を中国で発売

Motorola
記事内に広告が含まれています。

モトローラが、中国で、moto X40 を、発売しました。Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 を搭載した、ハイエンドスマホですが、激安価格です。

最近、格安ハイエンドが出てきていますが、それを、飛び越えて、激安ハイエンドスマホになっています。

日本でも、発売して欲しいと思うのは、私だけでしょうか。

激安ハイエンドスマホ「モトローラ」デュアルSIM 「moto X40」を中国で発売

モトローラが、中国で、moto X40を発売しました。

moto X40

驚くのは、その価格です。

Qualcomm製プロセッサー、最新の、Snapdragon 8 Gen 2 を搭載していながらも、激安価格での発売になります。

モトローラの、力強さが、感じられます。

気になる価格の前に、moto X40 の、主な特徴を上げていきます。

moto X40 の、主な特徴

moto X40 スペック
  • プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2 を搭載。
  • メモリー LPDDR5 8GB/12GB 搭載
  • ストレージ UFS4.0 128GB/256GB/512GB 搭載
  • 6.7インチ 有機ELディスプレイ
  • メイン 5000万画素 トリプルカメラ搭載
  • フロント 6000万画素 カメラ搭載
  • 4,600mAh バッテリー
  • 急速充電:120W / ワイヤレス充電:15W

価格

気になる価格は、以下の通りです。

moto X40/th>価格(中国元)参考価格(日本円)
8GB+128GB3,399元約65,000円
12GB+256GB3,999元約76,000円
12GB+512GB4,299元約82,000円

日本円は、中国元から換算した、参考価格となります。

しかし、この価格で販売されたが、ほんとうに、激安ハイエンドスマホになります。

moto X40 のスペック

項目仕様
プロセッサーQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
OSmyui 5.0
Android 13 ベース
メインメモリー8GB/12GB
ストレージ容量128GB/256GB/512GB
ディスプレイ6.7″ FHD+
解像度2,400 × 1,080
リフレッシュレート165Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン5,000 万画素
・超広角5,000 万画素素
・ポートレート1,200 万画素
フロントカメラ6000万画素
バッテリー容量4600mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2 DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ161.16mm
74mm
8.59mm
重量199g
カラーブラック
ブルー

moto X40 の特徴

ハイエンド「システム性能」

moto X40 システム性能
  • プロセッサーに、Qualcomm製 Snapdragon 8 Gen 2を搭載
  • メモリー LPDDR5 8GB/12GB 搭載
  • ストレージ UFS4.0 128GB/256GB/512GB 搭載
  • 5G通信対応
  • OS:myui 5.0 Android 13 ベース

Qualcomm製、最新の、Snapdragon 8 Gen 2 を搭載しています。

Xiaomiからも、同プロセッサーを搭載した、ハイエンドスマホ「Xiaomi 13 Pro」を、2022年12月に、中国で発売しています。

モトローラは、今まで、Android だったのですが、独自OS、myui 5.0 になりました。

OS:myui 5.0 、気になります。

6.7 インチ「ディスプレイ性能」

moto X40 ディスプレイ性能
  • 6.7インチ 有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート 165Hz
  • 解像度: 2,400 × 1,080

6.7インチと、大きめのディスプレイは、モトローラらしい、サイズになります。

リフレッシュレート 165Hz と、平均的に、120Hz だったのが、グレードアップしています。

トリプルカメラ「カメラ性能」

moto X40 カメラ性能
  • メイン:5000万画素
  • トリプルカメラ搭載
  • フロントカメラ:6000万画素

フロントカメラ、6000万画素は、驚異的な、ハイスペック仕様になっています。

自撮りの美しさを、追及した、スペックと言えます。

moto X40 フロントカメラ

2022年9月に、モトローラがグローバル向けに発売した、ハイエンドスマホ「Motorola Edge 30 Ultra」も、フロントカメラ 6000万画素になります。

120W急速充電「バッテリー性能」

moto X40 バッテリー性能
  • 125W急速充電
  • 15W急速ワイヤレス充電
  • 4600mAh バッテリー

ハイエンドスマホでは、標準となりつつある、100Wを超えた、急速充電対応になっています。

ワイヤレス充電にも、対応しているので、バッテリーで、悩むことは、無さそうです。

2022年12月に、日本で発売された、ハイエンドスマホ、Xiaomi 12T Pro も、120Wの急速充電対応です。

こちらで、まとめていますので、参考にしてください。

冷却性能

moto X40 クーリング性能
  • ベイパーチャンバー 3,000mm2

ハイエンドスマホとなると、発熱の問題から、冷却性能も、重要な要素となります。

冷却機構である、ベイパーチャンバー 3,000mm2 で、きっちりと、クーリングします。

防塵防水

moto X40 防塵防水性能
  • IP68

IP68 の、防塵・防水対応です。

海外発売のスマホでは、対応しないことが多いですが、本機は、ハイスペックな、防塵防水規格に対応しています。

日本で発売しているスマホと、堂々の基準になります。

デュアルSIM DSDV

  • nanoSIM × 2

2つのSIM とも、5G通信対応の、デュアルSIM DSDVになります。

普及しつつある、デュアルSIM。現在使っている、スマホも、DSDV対応であることが、多いです。

確認してみて、DSDV対応であれば、デュアルSIMを、楽しんでみては、いかがでしょうか。

デュアルSIM DSDVについては、こちらでまとめています。

参考にしてください。

まとめ_激安ハイエンド、モトローラ「moto X40」中国で発売

2022年12月に、中国で発売された、ハイエンドスマホ、モトローラ「moto X40」をまとめました。

単純に、中国元から、日本円に換算してみると、8GB/128Gモデルで、6万円台の、激安価格になります。

スペックとしても、Qualcomm製、最新の、Snapdragon 8 Gen 2 を搭載したりと、特別、落ちる部分は見当たらないです。

日本で発売されているスマホが、高すぎるのか、それとも、単純に、安くなってきているのか?

定かでは無いですが、驚きの価格であることは、間違いないです。

気になるのは、OSが、独自OS となっていること。

日本で発売される、モトローラのスマホにも、myui が、搭載されるのか、今後のモトローラのスマホに、注目です。

モトローラ「moto X40」 の詳細は、モトローラ中国公式HPで、確認して下さい。

モトローラ中国公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

Motorola
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました