2022年8月_折りたたみハイエンドスマホ_モトローラ「moto razr 2022」海外で発売

Motorola
記事内に広告が含まれています。

モトローラ「moto razr 2022」が、中国で発売されています。

2021年3月に、発売された、折りたたみスマホ「motorola razr 5G」の、後継機となります。

Qualcomm製、最高峰の、Snapdragon 8+ Gen 1を搭載した、ハイエンド、折りたたみスマホの、実力を、検証してみます。

モトローラ「moto razr 2022」

2022年8月に、中国で発売された、折りたたみスマホ「moto razr 2022」

他社からも、折りたたみスマホは、発売されていますが、モトローラの特徴として、折りたたみが、ガラケータイプとなっており、ブックタイプの他社とは、一線を画しています

moto razr 2022

この、折りたたみ方は、前期種である、motorola razr 5G と同じで、開いた状態で、6.7インチと、通常のスマホサイズになります。

折りたたみがあることで、より、コンパクトサイズになり、Yシャツの、胸ポケットなど、小さなポケットでも、収めることが可能で、携帯性が、抜群のスマホになります。

前期種である、motorola razr 5G については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

ハイエンドスマホ「moto razr 2022」の、主な特徴は、下記になります。

  • Qualcomm製、最高峰の、Snapdragon 8+ Gen 1を搭載
  • メモリー 高速 LPDDR5 8GB/12GB 搭載
  • ストレージ 高速 UFS3.1 128GB/256GB/512GB 搭載
  • 開いた状態で、6.7インチ ディスプレイ 搭載
  • 閉じた状態の、サブディスプレイが、2.7インチディスプレイ搭載
  • シングルSIM
moto razr 2022 仕様スペック

プロセッサー、メモリー、ストレージの構成は、先日紹介した、ハイエンドスマホ、moto X30 Pro と、同じ構成になっています。

moto X30 Pro については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

価格

仕様価格(元)参考価格
(日本円)
8GB+128GB5,999元約119,000円
8GB+256GB6,499元約129,000円
12GB+512GB7,299元約144,000円

日本円は、中国元から、換算した、参考価格になります。

moto razr 2022 のスペック

項目仕様
プロセッサーQualcomm Snapdragon 8+ Gen 1
OSAndroid 12
メインメモリー8GB/12GB
ストレージ容量128GB/256GB/512GB
ディスプレイ6.7″ FHD+
サブディスプレイ2.7″
メイン解像度2,400 x 1,080
サブ解像度800 x 573
リフレッシュレートMax: 144Hz
アウトカメラデュアルカメラ
・メイン5000万画素
・超広角/マクロ1,300万画素
フロントカメラ3,200万画素
バッテリー容量3,500mAh
NFC
デュアルSIM×
シングルSIM
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ166.99mm
79.79mm
7.62mm
重量200g
カラーブラック

moto razr 2022 の特徴

ハイエンドスマホ「システム性能」

  • プロセッサー:Qualcomm製 Snapdragon 8+ Gen 1を搭載
  • メモリー:LPDDR5 8GB/12GB 搭載
  • ストレージ:UFS3.1 128GB/256GB/512GB 搭載
  • 5G通信対応
  • シングルSIM
moto razr 2022 システム性能

プロセッサーに、Qualcomm製の、最高峰 Snapdragon 8+ Gen 1を搭載し、メモリーもLPDDR5の、高速仕様となっています。

ハイエンドスマホとして、申し分のない、スペックです。

気になるのが、シングルSIMであること。日本でも発売されている、前期種の、motorola razr 5G は、nanoSIM + eSIM の、デュアルSIM DSDV対応です。

今のところ、日本発売のアナウスはありませんが、前期種も発売されているので、期待は、出来ると考えています。

このまま、シングルSIMとなるのか、+ eSIM として、デュアルSIMとなるのか、気になるところです。

モトローラのスマホで、シングルSIMは、見たことが無いので、日本発売の際は、デュアルSIM DSDVを、期待したいと思います。

DSDVの、詳細、メリットなどは、下記で、まとめていますので、参考にしてください。

折りたたみ「デュスプレイ性能」

  • 6.7インチ 折りたたみディスプレイ
  • 2.7インチ、サブディスプレイ搭載
  • リフレッシュレート:最大144Hz
  • HDR10+ 対応
moto razr 2022 ディスプレイ性能

本機の、最大の、特徴である、折りたたみスマホ。折りたたんだ状態で、6.7インチの、半分の大きさまで、小型になります。

冒頭にも記載しましたが、ガラケー型の、折りたたみ方法を採用しており、他社が発売している、ブック型の、折りたたみスマホとは違い、最大で6.7インチですが、その分、折りたたんだ時は、小型になります。

開いた状態で、タブレットの大きさとなる、折りたたみスマホを選ぶか、本機の様に、閉じた状態で、小型になる折りたたみスマホを選ぶのか、使用用途にもよりますが、難しい選択です。

モトローラの、拘りが入った、折りたたみスマホと言えます。

デュアルカメラの「カメラ性能」

  • メインに、5000万画素の、デュアルカメラ搭載
  • フロントカメラも、3,200万画素の、ハイスペック仕様。
moto razr 2022 カメラ性能

メイン 5000万画素カメラ、デュアルカメラで、超広角カメラは、マクロにも使える、1300万画素の、カメラになります。

注目したいのは、3200万画素の、フロントカメラです。

最近、モトローラから発売しているスマホは、高画素数フロントカメラを採用しています。

  • 6000万画素の moto X30 Pro
  • 3200万画素の moto S30 Pro

中でも、moto S30 Pro は、薄型・軽量の、スマホとなっており、高画素数のフロントカメラを含めて、女性を意識した、スマホと言えます。

moto S30 Pro については、下記で、まとめていますので、参考にしてください。

スタイル・形状

  • カラー:ブラック
  • 開いた状態のサイズ:166.99mm × 79.79mm × 7.62mm
  • 重量:200g
moto razr 2022 スタイル

閉じた状態での、サイズは、非公表となっています。ただ、上記の、縦方向が、半分と考えて、良いかと思います。

当然、どのポケットで入る、携帯性に優れたスマホになっています。

まとめ

モトローラの、moto razr 2022 を、まとめてみました。

Qualcomm製の、最新プロセッサーを搭載した、ハイエンド折りたたみスマホになります。

  • Qualcomm製、最高峰の、Snapdragon 8+ Gen 1を搭載
  • メモリー 高速 LPDDR5 8GB/12GB 搭載
  • ストレージ 高速 UFS3.1 128GB/256GB/512GB 搭載
  • 開いた状態で、6.7インチ ディスプレイ 搭載
  • 閉じた状態の、サブディスプレイが、2.7インチディスプレイ搭載
  • シングルSIM

前期種が、日本で発売されているので、本機も、日本発売を、期待したいスマホになります。

特徴でも書きましたが、気になるのは、シングルSIM であるところです。個人的に、シングルSIMでは、興味も、半減してしまいます。

今後の、モトローラの、動向に、注目したいと思います。

本機の、詳細は、下記、モトローラ中国公式サイトで、確認してください。

モトローラ中国公式サイト

閲覧いただき、ありがとうございました。

Motorola
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました