シャープ「aquos-sense7-plus」2022年10月7日-ソフトバンクから発売

AQUOS

2022年9月26日に、シャープが、AQUOS sense7、 sense7 plus を、発表しました。

今秋にも、ドコモ、au、ソフトバンク、UQモバイルから、発売が、予定されています。

カメラ性能を、向上させた、AQUOS sense7 を、まとめていきます。

シャープ「AQUOS sense7 plus」2022年10月7日 ソフトバンクから発売

2022年9月26日に発表された、シャープ「AQUOS sense7」「AQUOS sense7 plus」

Qualcomm製の、Snapdragon 695 5G を、搭載した、ミドルレンジスマホになります。

AQUOS sense7 series

注目は、やはり、カメラ性能の向上火と思います。

センサーサイズに、ハイエンドモデル級サイズ、1/1.55インチセンサーを搭載し、カメラ性能を、向上させてきました。

1インチセンサーを搭載した、AQUOS R7 には、届かないものの、テクノロジーは、継承されている部分もあります。AQUOS R7 につついては、下記でまとめていますので、参考にしてください。

AQUOS sense7 シリーズの主な特徴は、下記になります。

AQUOS sense7

  • プロセッサーに、Qualcomm製の、Snapdragon 695 5G を搭載
  • メモリー 6GB 、ストレージ 128GB 搭載
  • メインカメラ 5030万画素の、デュアルカメラ搭載
  • 6.1インチ、IGZO有機ELディスプレイ
  • nanoSIM + eSIM デュアルSIM
  • 4,570mAh バッテリー搭載
  • 防水・防塵・耐衝撃
  • おサイフケータイ搭載
AQUOS sense7

AQUOS sense7 plus

AQUOS sense7 から、プラスされている特徴のみ、記載しています。

  • 6.4インチ、IGZO 有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート MAX 120Hz
  • AQUOS史上最高のサウンドシステム_大口径スピーカーユニットを搭載
  • 動画専用プロセッサ搭載
  • 5,050mAh バッテリー搭載
AQUOS sense7 plus

販売

現在の予定は、下記になっています。

今後、前機種同様に、OCNモバイルや、IIJmio などの、MVNO 格安SIM 事業者からも、発売されることを、期待します。

OCN モバイル ONE|ドコモのエコノミーMVNO

MVNO 格安SIM「IIJmio」公式HP

AQUOS sense7

  • ドコモ
  • au
  • UQモバイル

AQUOS sense7 plus

  • ソフトバンク

価格

判明次第、追記していきます。

AQUOS sense7価格発売時期
ドコモ未定2022年11月上旬以降
au未定2022年11月上旬以降
UQモバイル未定2022年11月上旬以降
AQUOS sense7 plus価格発売時期
ソフトバンク69,840円2022年10月7日

AQUOS sense7 plus を販売する、ソフトバンクのみ、価格、発売時期が決まっています。

下記、ソフトバンク、公式HPを確認して下さい。

AQUOS sense7 plus 機能

本日は、価格、発売日が決まっている、AQUOS sense7 plus のスペック・特徴をまとめます。

AQUOS sense7 plus のスペック

項目仕様
プロセッサーQualcomm Snapdragon 695 5G
OSAndroid 12
メインメモリー6GB
ストレージ容量128GB
ディスプレイ6.4″ FHD+
IGZO OLED
解像度2,340×1,080
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラデュアルカメラ
・メイン5050万画素
・広角800万画素
フロントカメラ800万画素
バッテリー容量5,050mAh
NFC
おサイフケータイ
デュアルSIMnanoSIM + eSIM
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ160㎜
76㎜
8.2㎜
重量172g
カラーディープカッパー
シルバー
ブラック

AQUOS sense7 plus の特徴

ミドルレンジクラス「システム性能」

  • プロセッサーに、Qualcomm Snapdragon 695 5Gを搭載
  • メモリー 6GB 搭載
  • ストレージ 128GB 搭載
  • 5G通信対応
AQUOS sense7 plus システム性能

ミドルレンジクラスとして、標準的な、スペック仕様と言えます。

Qualcomm Snapdragon 695 5G は、同じくミドルレンジクラスの、Xperia 10 Ⅳ にも採用しているチップになります。

Xperia 10 Ⅳ については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

6.4インチ IGZO OLED「デュスプレイ性能」

  • 6.4インチ、IGZO 有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート 可変:1~120Hz
  • AQUOS史上初「動画専用プロセッサ」で滑か表示
AQUOS sense7 plus ディスプレイ性能

Plusの要素として、動画再生向上が、上げられます。

ディスプレイを、6.1インチから、6.4インチ拡大し、見やすくしたうえで、リフレッシュレートを上げて、表示を滑らかにしています。

気になるのが、動画専用プロセッサです。詳細の、記載が無いので、なんとも言えないところですが、動画表示性能を、向上させていることは、確かの様です。

5030万画素「カメラ性能」

  • メインカメラ:5030万画素 デュアルカメラ搭載
  • 1/1.55インチセンサーを搭載
AQUOS sense7 plus カメラ性能

前機種である、sense6 の、センサーサイズ 1/2インチ から、1/1.55 に、大型とし、光の取り込み性能を向上させています。

見た目は、AQUOS R7 と、同等の形状になっており、カメラ性能の、向上が、伺えます。

スマホで、画像、動画を、撮ることが、増えてきているので、カメラ性能の向上は、避けて通れないものと感じます。

AQUOS sense6 については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

スタイル・形状

  • サイズ:160㎜ × 76㎜ × 8.2㎜
  • 重量:172g
  • カラー:ディープカッパー、>シルバー、ブラック
AQUOS sense7 plus ボディ

大型 6.4インチのディスプレイを、採用している、Plus で、この重量です。かなり、頑張ったと思います。

薄型・軽量・スタイリッシュデザイン となっているので、携帯性は優れていると言えます。

厚み:8.2㎜は、シャープのローエンドスマホ、AQUOS wish2 よりも、薄くなっています。

個人的な意見となってしまいますが、色が、いまいちな気がして、残念な部分です。

小型のディスプレイ(5.7インチ)を採用している、ローエンドスマホ、AQUOS wish2は、下記でまとめていますので、参考にしてください。

デュアルSIM

  • nanoSIM + eSIM

デュアルSIM構成となっていますが、DSDVとして、利用できるかは、現段階では、不明です。

今までの経験則では、ソフトバンクからの、スマホは、DSDVとして、利用できるパターンが多いので、今回も、使える可能性が高いと予想しています。

ただし、5G通信バンド n79には、対応していないので、ドコモ系のSIMを使う場合は、フルに5G通信が使えないことを、承知の上での購入が必要です。

デュアルSIM DSDVの、メリットなどは、下記でまとめていますので、参考にしてください。

サウンドシステム

  • AQUOS史上最高のサウンドシステム
AQUOS sense7 plus サウンドシステム

大口径スピーカーユニットを搭載し、AQUOS史上最高のサウンドシステムを提供と、うたっています。

詳細は、不明ですが、動画再生に力を入れたスマホになるので、当然、サウンド性能も、向上させた、スマホと言えます。

まとめ

2022年10月7日に、ソフトバンクから、発売予定の、AQUOS sense7 plus を中心に、まとめました。

ソフトバンク独占販売との、うたい文句がついていますが、MVNO 格安SIMからの、発売も期待したい、スマホになっています。

特に、AQUOS R7の、カメラシステム技術を、継承している、カメラ性能に関しては、試してみたい、スマホの1つです。

AQUOS sense7 と違い、大型のディスプレイと、滑からな表示を堪能できるので、価格にもよりますが、Plus の方が、良さそうです。

sense7 の、発売日、価格については、確認ができ次第、更新していきたいと思います。

AQUOS sense7 シリーズの詳細は、下記、シャープ公式HPで、確認して下さい。

シャープ AQUOS 公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました