DSDVハイエンドスマホ_シャープ新機種「AQUOS R7」発表

AQUOS

2022年5月9日に、シャープから、「AQUOS R7」が、発表されました。

ライカと開発した、1インチセンサーを搭載し、カメラ性能を、格段に向上させた「AQUOS R6」の後継機になります。

今回、さらに、カメラ性能を向上させ、「AQUOS R7」として、ドコモ、ソフトバンクから、発売予定となっています。

シャープ新機種「AQUOS R7」

シャープから、2022年夏向けの新機種「AQUOS R7」ハイエンドスマホが、発表されています。

発売時期は、2022年7月以降で、現在では、ドコモ、ソフトバンクから、発売予定となっています。ドコモでは、先行予約が開始されています。

ライカとの共同開発した、1型センサーを採用した「AQUOS R6」から、ささに、カメラ性能を向上させて、登場となります。

AQUOS R7

大きな特徴は、下記となります。

  • Qualcomm製「Snapdragon8 Gen 1」搭載
  • 1型センサーを採用
  • R6と比較し、オートフォーカス速度を、2倍以上に向上
  • 190万画素 測距用センサー搭載で、被写体検出速度の向上

今後の動向が、気になる、ハイエンドスマホの、1つであること間違いなしです。

前期種である、「AQUOS R6」については、下記で、詳細をまとめていますので、参考にしてください。

価格

価格
ドコモ198,000円
ソフトバンク189,360円
  • ドコモの公式HPでの、価格になります。キャンペーン等で、値引きされる可能性があります。

ドコモ公式HP

  • ソフトバンク公式HPでの、価格になります。こちらも、キャンペーンなどは、加味されてない価格になります。詳細は、公式HPで確認して下さい。

ソフトバンク公式HP

気になるのは、MVNOを含めた、その他の発売ですが、今のところ、アナウスはありません。こちらについても、発表があったところで、更新したいと思います。

「AQUOS R7」のスペック

前期種と並べて、比較しています。

項目AQUOS R7AQUOS R6
プロセッサーSnapdragon8 Gen 1Snapdragon 888 5G
OSAndroid 12Android 11
メインメモリー12GB12GB
ストレージ容量256GB128GB
ディスプレイ6.6″ WUXGA+
IGZO有機E
L 10億色表示対応
6.6″ WUXGA+
IGZO有機E
L 10億色表示対応
解像度1,260×2,7301,260×2,730
リフレッシュレート1~240Hz1~120Hz
アウトカメラシングルカメラシングルカメラ
・メイン4,720万画素
1型「CMOSセンサー」
7枚レンズ
190万画素 測距用センサー
2,020万画素
1型「CMOSセンサー」
7枚レンズ
フロントカメラ1,260万画素800万画素
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
おサイフケータイ
デュアルSIMnanoSIM+eSIM
DSDV
nanoSIM×2
DSDV
充電コネクタUSB TYPE-CUSB TYPE-C
サイズ測定中162mm
74mm
9.5mm
重量測定中207g
カラーブランク
シルバー
ブラック

「AQUOS R7」の特徴

システム性能

AQUOS R7 システム性能
  • プロセッサー:Qualcomm製「Snapdragon8 Gen 1」搭載
  • メモリー:LPDDR5「12GB」搭載
  • ストレージ:UFS3.1「256GB」搭載
  • 5G通信対応

Qualcomm製「Snapdragon8 Gen 1」を搭載。「R6」と比較して、CPU性能11%up、GPU性能44%UP、AI性能50%UP

最近、登場する、ハイエンドスマホは、ほぼ、Qualcomm製「Snapdragon8 Gen 1」を搭載しています。本機も、Qualcomm製の、最高峰プロセッサーを搭載しています。

メモリー、ストレージも、処理速度を意識した、ハイスペック仕様となっています。容量もハイエンドスマホとして、十分な容量です。

「R6」では、ストレージ128GBでしたが、256GBに向上させています。

カメラ性能

AQUOS R7 カメラ性能
  • カメラで有名な、ライカと協業で開発
  • 「1インチ」カメラセンサー搭載
  • 190万画素 測距用センサー
  • ズミクロンレンズ採用

「R6」と比較して、カメラ性能も、向上しています。R6 でも、スマホとは思えない、カメラ性能でしたが、さらに、上をいく、性能になっています。

  • AF オートフォーカス速度を、2倍以上に向上
  • 焦点距離をさらに短縮(約12㎝ 寄ることができる)
  • 190万画素 測距用センサー搭載で、被写体検出速度の向上
AQUOS R7 ズミクロンレンズ

「R6」でも感じましたが、スマホと言うべきか、カメラと言うべきか? カメラの付属に、スマホ機能を追加したとも言えるほど、カメラ性能は、ピカイチの、ハイエンドスマホになります。

今回、被写体との、距離測定用の、カメラを搭載し、被写体との、フォーカスが、劇的に、向上しています。

ショップに並んでいる際は、是非、手に取って、カメラ性能を試してみたい、スマホになります。

1インチセンサーを搭載したスマホには、ライカから発売されているスマホもあります。

こちらでまとめていますので、参考にしてください。

生産は、シャープ請け負っています。

ディスプレイ性能

AQUOS R7 ディスプレイ性能
  • シャープテクノロジー「IGZO」ディスプレイ
  • 滑らか駆動「OLED」ディスプレイ
  • 10億色表示
  • 6.6インチ WUXGA+
  • リフレッシュレート:可変「240Hz」

カメラ性能だけではなく、奇麗に撮った、写真を映す、ディスプレイも、良くなくてはいけません。

本機は、シャープテクノロジーの、「IGZO」と、奇麗で、滑らかか表示の「OLED」を組み合わせた、ディスプレイを採用しています。

満足のいく、ディプレイ性能であること、間違いなしです。

スタイル・外観

AQUOS R7 スタイル

外観の寸法・重量は、測定中で、公開されていません。この辺りは、公開され次第、更新していきます。

カメラが強調された、外観は、スマホとは思えないスタイルとなっています。

nanoSIM+eSIM デュアルSIM

nanoSIM+eSIM の、デュアルSIM_DSDVになります。

「R6」は、nanoSIM × 2 でしたが、一方は、eSIMとなっています。

DSDVについては、詳細、メリットなどを、下記で紹介していますので、参考にしてください。

まとめ

シャープから、発表された、「AQUOS R7」の、スペック・特徴をまとめてみました。

公開されてない部分も多いので、今後、更新していきたいと思います。特に、価格は、気になるところです。

本機が、発売されたことによって、「AQUOS R6」の、価格の変動も、気になるところです。格安で購入できるのであれば、R6 を選択するのも、ありだと思います。

2022年5月9日には、「AQUOS wish2」も、発表されており、2022年6月以降に、ドコモからの発売となっています。

「AQUOS wish2」については、下記で紹介していますので、確認してみてください。

カメラ性能を、一段と向上させ、且つ、ハイエンドスマホとして、ハイスペック仕様となった、「AQUOS R7」の、詳細は、下記シャープ公式HPを、確認してください。

「AQUOS」公式HP

AQUOS R7

閲覧いただき、ありがとうございました。

AQUOS
OCNモバイルONE

◎ MM総研MVNOネットワーク品質調査
  「3期連続・総合1位評価獲得」
◎ 500MB「550円」から選択可能
◎ 余ったデータは、翌月繰り越し
◎ 通話専用アプリ不要
◎ スマホ本体 低価格で提供
◎ 安定の、NTTコミュニケーションズ

IIJmio

◎ 2022年 オリコン顧客満足度®調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました