DSDVスマホ「OPPO Reno7 Lite 5G」欧州で発表

OPPO

「OPPO Reno7 Lite 5G」が、欧州で発表されました。

今年、日本市場に投入される、新機種は、本機をベースとするような、情報も、見受けられます。

「OPPO Reno7 Lite 5G」の仕様スペックを検証してみます。

OPPO Reno7 Lite 5G

「OPPO Reno7」については、「Pro」を中心に、下記で、紹介しました。2022年2月に、海外で発売開始されています。

本日は、欧州市場向けに発表された、「OPPO Reno7 Lite 5G」を検証してみます。

「Lite」となっていますが、Qualcomm製プロセッサー搭載や、メモリー「8GB」など、ハイスペック仕様で、ミドルレンジクラスと言えます。

OPPO Reno7 Lite 5G

今年、日本で発売する、新機種のベースモデルが、本機ではないかとの、情報も、見られます。

注目のスマホの、1つではないでしょうか。

価格

価格(ユーロ)価格(円換算)
(参考価格)
Reno7 Lite 5G350ユーロ約47,000円

日本円は、ユーロから、円換算した、価格になります。日本発売での価格ではありません。あくまでも、参考程度としてください。

日本発売

2022年6月16日に、「OPPO Reno7 A」が、発表になりました。

発売は、2022年6月23日から、MNO、MVNO各社から発売になります。

「ときめき長持ち」をコンセプトに、システム劣化防止機能を搭載した、新スマホになります。

詳細は、下記でまとめていますので、参考にしてください。

「OPPO Reno7 Lite 5G」のスペック

項目OPPO Reno7 Lite 5G
プロセッサーQualcomm Snapdragon 695
OSColorOS 12
Android ベース
メインメモリー8GB
ストレージ容量128GB
ディスプレイ6.43 ” FHD+
解像度2,400 x 1,080
リフレッシュレート60Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン6400万画素
・モノクロ200万画素
・マクロ200万画素
フロントカメラ1600万画素
バッテリー容量4,500mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM×2
DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ159.85mm
73.17mm
7.55mm(シャンパンシルバー)
7.49mm(コスミックブラック)
重量173g
カラーコズミックブラック
シャンパンシルバー

「OPPO Reno7 Lite 5G」の特徴

システム性能

OPPO Reno7 Lite 5G システム性能
  • Qualcomm製「Snapdragon 695」搭載
  • メモリー「8GB」搭載
  • ストレージ容量「128GB」搭載
  • 「5G」通信対応

ミドルレンジスマホとして、バランスのとれたハイスペック仕様と言えます。ハードな使い方でも、問題無し。

メモリー「8GB」搭載は、ミドルレンジとしては、大容量になります。「OPPO Reno5 A」が、6GBなので、かなり増えることになります。

「OPPO Reno5 A」については、下記でスペック・特徴など紹介していますので、参考にしてください。

スタイル

OPPO Reno7 Lite 5G スタイル
  • 形状:159.85mm×73.17mm×7.55mm(シャンパンシルバー)
  • 形状:159.85mm×73.17mm×7.49mm(コスミックブラック)
  • 重量:173g

軽量・薄型の、ボディです。非常に、薄く、且つ、軽量に出来ています。薄型軽量は、OPPO、Xiaomi が、火付け役となって、争っている感じです。

滑らかで、スタイリッシュな、デザインとなっているので、女性に好まれる形状では、ないでしょうか。

日本で圧倒的なシャアを誇る、iPhoneの厚みが、12 が「7.4㎜」、13 が「7.65 mm」なので、それに匹敵する厚みとなっています。

iPhoneについては、iPhone12 を下記で紹介しいますので、参考にしてください。

ディスプレイ性能

OPPO Reno7 Lite 5G ディスプレイ性能
  • 6.43インチ、解像度「2,400 x 1,080」
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 空中ジェスチャー機能

リフレッシュレート:60Hz は、ミドルレンジスマホとしては、標準か、それ以下になります。ミドルレンジスマホでも、90Hzが多いので、改善の余地ありと言えます。

今回、空中ジェスチャー機能として、ディスプレイに触らずに、ジェスチャーで、操作できる機能が付いています。面白い機能で、且つ、昨今関心のある、ウィルス感染対策にもなるので、今後、普及していく気がします。

カメラ性能

OPPO Reno7 Lite 5G カメラ性能
  • メイン「6400万画素」トリプルカメラ搭載

ミドルレンジスマホとして、標準的な、カメラ性能となっています。

nanoSIM × 2 DSDV

便利な、DSDV機能搭載です。2枚のSIMを、活用できるので、仕事用、プライベート用など、分けて使うことができます。

最近、通話アプリ不要の、「MVNO」格安SIMが増えてきているので、活用できるシュチエーションは、増えていると感じます。

通話アプリ不要のメリットや、特徴など、下記で紹介していますので、参考にしてください。

DSDVの、メリット、特徴なのどは、下記で、紹介しています。

大容量バッテリー

OPPO Reno7 Lite 5G バッテリー
  • 「4,500mAh」バッテリー搭載
  • 33W急速充電対応

大容量バッテリーに、急速充電。ミドルレンジスマホとしては、標準的と言えます。

カメラ周りのライト

OPPO Reno7 Lite 5G 光るリング

カメラの周りが、光ります。今まで、有りそうで、無かった機能で、面白い試みです。

「通話・通知」で、光るようになっているので、重要な連絡も、逃しません。

まとめ

「OPPO Reno7 Lite 5G」のスペックと、特徴をまとめてみました。

軽量薄型の、スタイリッシュなデザインとなっています。

今年の夏に、「OPPO」の、新機種が、日本で発売されるとの、記事を、見かけます。事実関係は不明ですが、「OPPO Reno7」シリーズを、ベースとした機種の発売を、予測しています。

個人的には、「Xiaomi」より、「OPPO」の方が、好きなので、今後の展開に、注視しています。

現行機種の、「OPPO Reno5 A」から、どれだけ、変化するのか、楽しみです。

「OPPO Reno7 Lite 5G」の詳細は、海外OPPO公式HPで確認してください。

OPPO公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました