中国メーカー「OPPO」の格安スマホ

oppo_reno3_a格安スマホ

格安スマホOPPO

Androidをベースにした独自のOS、「ColorOS(カラーオーエス)」を搭載したスマホになります。

この独自OSについては、意見が分かれているようです。

「OPPO」の格安スマホ


独自OS「 ColorOS」

  • ・特に気にならない
  • ・使いづらい
  • ・最高!

独自OSと言っても、AndroidをベースにカスタマイズしたOS なので、他スマホメーカも使っている手法で、なぜ、OPPOだけが、独自OSと言われているかは、定かではありません。

【気になる格安スマホ】

  • OPPO A5 2020
  • OPPO A73
  • OPPO Reno A
  • OPPO Reno3 A

※すべて DSDV  機になります。

goo Simseller PayPayモール店 の参考価格

  • OPPO A5 20201円
  • OPPO Reno A 5,720円
  • OPPO Reno3 A 12,100円
  • OPPO A73  5,720円

※ 販売期間:2021年1月15日 11:00 ~ 2021年2月1日 11:00

【スペック比較】

項目A5 2020A73Reno AReno3 A
アウトカメラ4眼4眼2眼4眼
・メイン1,600万画素1,600万画素1,600万画素4,800万画素
・広角800万画素800万画素800万画素
・ポートレート200万画素200万画素200万画素
・モノクロ200万画素200万画素200万画素200万画素
メインメモリー4GB4GB4GB4GB
バッテリー容量5000mAh4000mAh3600mAh4025mAh
SIMタイプ 【DSDV】2+1222
充電コネクタUSB TYPE-CUSB TYPE-CUSB TYPE-CUSB TYPE-C
ディスプレイ6.5″ HD6.3″ フルHD6.5″ フルHD6.5″ フルHD
解像度1600× 7202400×10802340×10802400×1080
NFC 搭載×
FeliCa××

【特徴】

OPPO A5 2020

  • とにかく安い。スペックは、NFCも搭載されバランスの取れた、素晴らしい、格安スマホです。
  • 難点は、画面解像度。私のように、ここにこだわりがある人には、勧められません。

OPPO A73

  • A5 2020 の後継機。
  • 解像度も、フルHDに対応し、有機ELなので、画面がキレイです。
  • 難点は、新機種なのに、NFC非搭載です。

OPPO Reno A

  • 上記の、上位機種にあたります。
  • メモリーも、6G搭載。(私は、不要だと思いますが…)
  • インカメラが、2500万画素で、自分撮りで、活躍しそう。
  • そして、なんといっても、FeliCa 搭載。

日本メーカ以外では、めずらしく、格安スマホで、おサイフケータイができます。

OPPO Reno3 A

  • Reno A の後継機。
  • メインカメラのスペックを、4800慢画素まで、上げています。
  • FeliCa 搭載で、おサイフケータイは、継承。
  • 難点は、まだまだ、高額です。

まとめ

解像度を、我慢できるのであれば、OPPO A5 2020 が、ベストチョイスだと思います。

これぞ、格安スマホと言えます。

他機種は、同一価格の、他メーカ 格安スマホを比較すると、落ちる気がします。単純に、私が必要としているスペックと、合ってないだけな気がしますが…

格安スマホ DSDVで、おサイフケータイが、出来るのは、最大の特徴だと思います。
気になる方は、検討してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました