「2023年」ドコモ低価格プラン「ahamo」ドコモメール引継ぎなど5つのメリット

ahamoMNO

NTTドコモの、低価格廉価プラン「ahamo」。

auの、Povo2.0、ソフトバンクの、LINEMO、そして、楽天モバイルと競い合っています。

そんな、ahamoの、5つのメリットと、デメリットなど特徴を、解説していきます。

ドコモ低価格プラン「ahamo」ドコモメール引継ぎなど5つのメリット

2021年3月に、ドコモ、au、ソフトバンクの、低価格廉価プランがスタートしてました。

  • 2021年3月17日に、ソフトバンクの「LINEMO」
  • 2021年3月23日に、auの「povo」
  • 2021年3月26日に、ドコモの「ahamo」

2023年2月時点で、Povo2.0、LINEMO とも、データー通信 3GBの低価格プランをついかしていますが、ドコモだけは、ワンプランを、貫き投資ています。

その代わり、ドコモエコノミーMVNOとして、OCNモバイルONEなどの、MVNO格安SIM事業者と、連携し、低価格で、低容量を希望のユーザーには、ドコモショップで、MVNO格安SIMに契約できるようになっています。

ドコモエコノミーMVNOについては、下記で詳しく説明していますので、参考にしてください。

ドコモ低価格プラン「ahamo」の月額料金プラン

料金プラン

分かりやすい、ワンプランです。

データー通信量価格
20GB2,970円

制限時通信速度: 1Mbps

20GB使い切った後は、オプション、1GB 又は、80GB を購入しない場合、低速モード 1Mbps になります。

オプション料金

オプション料金/月額内容
+ 80GB1,980円基本の20GBに、80GBをプラスして、100GB/月になります
+1GB550円20GBを超えた場合、1GB 550円で、高速通信を持続できます。
通話かけ放題1,100完全かけ放題 オプションになります

通話料金

22円/30秒

ahamoは、基本料金2,970円の中に、5分かけ放題が、入っています。

22円/30秒は、5分以降の価格になります。

手数料

初期事務手数料:無料

MNP転出手数料:無料

解約違約金:無し

ドコモ低価格プラン「ahamo」5つのメリット

  • 有料でドコモメールの引継ぎ
  • 80GB大盛り月途中から契約可能
  • 低速モード:1Mbps
  • ドコモショップで、有料「WEBお申込みサポート
  • 初期事務手数料:無料

1つずつ、内容を確認していきます。

有償:ドコモメール持ち運び

基本的に、キャリアメールは無いのが、低価格プランの特徴の1つです。

しかし、ドコモは、有料とはなりますが、ドコモメールの引継ぎができます。

ドコモ⇒ahamoに、変更するときに、「ドコモメール持ち運び」を選択することにより、ahamoとなっても、ドコモメールが、引き続き使えるようになります。

Android では、ドコモメールアプリが、そのまま使えるようですが、仮に使えなくても、

  • Android であれば、Gmailアプリ
  • iPhoneであれば、iCloudメールアプリ

で、利用できます。

利用料金は、330円/月 となります。

詳細は、下記、ahamo公式HPで確認して下さい。

ドコモ/ahamo

フリーメールの活用

キャリアメールは、ドコモ、au、ソフトバンク から、逃れられない、足かせになります。

SMSや、LINEなどの、SNS 、Gmail、iCloudメール などを活用し、極力、使わなくて良い方向に、もっていくことを勧めます。

かなり前は、キャリアメールが、大活躍していて、無くなることは死活問題でしたが、今では、無くても、良いはずです。

Gmail、iCloudメール などに移行し、キャリアメール不要とすることで、ahamo、Povo2.0、LINEMO だけでなく、Yモバイル、UQモバイル、その他、MVNO格安SIM事業者へも、移行が楽になります。

下記で、各社の料金比較などを、まとめています。参考にしてください。

80GB大盛り月途中から契約可能

データー通信が、20GBを超過した場合、高速速度を維持したい場合は、1GB:550円 を、購入する必要がありました。

かなり、割高です。

ahamoは、80GBの大盛を、月途中から、契約出来ます。

通常通り、翌月からも、選択可能で、自由度が上がっています。

月の初めころで、20GBを超過してしまった場合は、80GBを追加する選択も可能です。

ただし、契約時以外は、日割りができないので、いつ追加しても、月額料金分とられますので、注意してください。

低速モード:1Mbps

20GBを超過した時の、低速速度は、制限時通信速度: 1Mbps です。

これは、かなり高速です。

追加で、パケットは購入せず、通信速度: 1Mbps で、月末まで、使い続ける選択もありだと感じます。

UQモバイルの例

私は、UQモバイルを使っています、低速モードは、300Kbps です。

月初めに、使い過ぎて、容量オーバーした時がありました。

低速モード:300Kbps で、20日間ほど、使っていましたが、遅いと思うこともありましたが、使えないスピードでは、無かったです。

ahamoは、1Mbps なので、約3倍です。

月末まで、そのまま使い続ける方法も、選択肢の1つとして、考えた方が良いです。

ただし、注意点が1つあります。

バーコード決済は、もたつきました。支払う前に、立ち上げておいた方が良いかもしれません。

ドコモショップで、有料「WEBお申込みサポート」

低価格プランは、ahamo、Povo2.0、LINEMO とも、ネットでの加入となります。

ahamoは、WEBでは、分からない方を対象に、有料とはなりますが、ドコモショップで、WEB申し込みサポートを受けられます。

WEB申し込みサポート:3300円

ただし、あくまでも、サポートなので、操作自体は、自身で行うことになりますので、注意してください。

心強い味方がサポートしてくれるので、簡単に、申し込みができると思います。

初期事務手数料:無料

ドコモのプランの1つとなるので、初期費用が無料です。

Yモバイル、UQモバイル、MVNO各社は、初期費用が、かかります。

低価格プランで、初期費用が無いのは、ahamo、Povo2.0、LINEMOの 3つになります。

ドコモ低価格プラン「ahamo」のデメリット

当然、デメリットもあります。考えられるデメリットは、下記3つです。

  • キャリアメール無し
  • データ通信量 翌月繰り越し無し
  • WEB 契約のみ

1つずつ、内容を確認していきます。

キャリアメール無し

メリットで示した、ドコモメールの引継ぎは、あくまでも、ドコモ契約者が、ahamoに変更する時に、「ドコモメール持ち運び」を選択した場合に限ります。

その他の場合は、キャリアメールは、ありません。

メリット、有償:ドコモメールの引継ぎでも書いたように、フリーメールなどに移行し、極力、キャリアメールは、使わないことを勧めます。

データ通信量 翌月繰り越し無し

初期費用は、無いですが、Yモバイル、UQモバイル、MVNO各社には有る、データ通信量、翌月繰り越しが、ありません。

ahamoだけでなく、Povo2.0、LINEMO も繰り越しは、無いので、注意が必要です。

Povo2.0、LINEMOについては、下記で詳細をまとめています。参考にしてください。

Povo2.0

Povo2.0の詳細は、下記でまとめています。参考にしてください。

LINEMO

LINEMO の詳細は、下記でまとめています。参考にしてください。

ネット契約のみ

ドコモショップで、有料「WEBお申込みサポートをメリットで書かせていただきましたが、本来無いはずの、初期費用が、かかることになります。

ahamo、Povo2.0、LINEMO は、ネットでの契約を前提に、価格を抑えているので、これも、1つのデメリットになります。

まとめ:ドコモ低価格プラン「ahamo」ドコモメール引継ぎなど5つのメリット

ドコモの低価格プラン「ahamo」について、まとめました。

デカ盛り 80GBが追加になって、ネットヘビーユーザーにも、使い易いプランになった気がします。

全国にある、ドコモショップも、うまく活用して、ahamoへの契約を可能としているところは、好感が持てます。

2021年スタート当初は、キャリアメールが、無くなることを、気にしていたユーザーも多かった気がしますが、今は、あまり聞かなくなりました。

キャリアメールが無くても、問題ない状況にしておくことで、様々な回線に、転出・転入ができるようになります。

MNP転入を、うまく使うようにすれば、スマホが安く購入できるなど、メリットも大きいので、キャリアメール脱却を、進めるのが、良いかと思います。

ドコモのahamoについての詳細は、下記 ahamo公式HPで確認して下さい。

ドコモ/ahamo

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました