DSDVハイエンドスマホ「OnePlus 10 Pro 5G」の価格とスペック特徴

OnePlus
記事内に広告が含まれています。

にわかに、人気を集めている「OnePlus」のスマホ。

「OPPO」傘下のスマートファンメーカーなので、信頼性は、高いと思います。

最新機種で、「Qualcomm Snapdragon 8 Gen1」搭載の「OnePlus 10 Pro 5G」について、検証してみます。

DSDVハイエンドスマホ「OnePlus 10 Pro 5G」の価格とスペック特徴

御存じの方は少ないと思われる、中国のスマートフォンメーカー「OnePlus」

OnePlus 10 Pro 5G

「OPPO」の傘下で、ジワジワと、人気がでてきています。

今後、目にすることもあるかと思うので、「OnePlus」の中から、「OnePlus 10 Pro 5G」の、スペックに迫ってみます。

OnePlus 10 Pro 5G の価格

価格(日本円)
ONEPLUS 9 5G\58,540円
ONEPLUS 9 PRO 5G\90,190円
ONEPLUS 10 PRO 5G\120,300円

「EXPANSYS」JAPAN で、購入できます。

価格は、変動するため、ご自身で確認をお願いいたします。「EXPANSYS」サイトは、下記になります。

OnePlus 10 Pro 5G の主な特徴

  • Qualcomm製の、最高峰プロセッサー「Snapdragon 8 Gen1」を採用
  • メモリー「8GB/12GB」搭載
  • ストレージ容量「128GB/256GB」搭載
  • メイン「4800万画素」トリプルカメラ搭載
  • 6.7インチ「QHD+」解像度「1,440 x 3,216」
  • 有機ELディスプレイ
  • デュアルSIM DSDV対応
  • 125W急速充電対応
  • 5G通信対応

「OnePlus 10 Pro 5G」のスペック

項目OnePlus 10 Pro 5G
プロセッサーQualcomm Snapdragon 8 Gen1
OSOxygenOS 12
Android 12ベース
メインメモリー8GB/12GB
ストレージ容量128GB/256GB
ディスプレイ6.7″ QHD+
AMOLED有機EL
解像度1,440 x 3,216
リフレッシュレートMAX:120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン4800万画素
・超広角5000万画素
・望遠800万画素
フロントカメラ3,200万画素
バッテリー容量5,000mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2_DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ163mm
73.9mm
8.6mm
重量200.5g
カラーブラック
モスグリーン

OnePlus のハイエンドスマホは、下記で、OnePlus Ace 2 をまとめています。参考にしてください。

「OnePlus 10 Pro 5G」の特徴

ハイエンド「システム性能」

ハイエンド「システム性能」
  • Qualcomm製の、最高峰プロセッサー「Snapdragon 8 Gen1」を採用
  • メモリー「8GB/12GB」搭載
  • ストレージ容量「128GB/256GB」搭載

Qualcomm製の、最高プロセッサーを搭載した、ハイエンドスマホになります。メモリー、ストレージも、ハイエンドとして、恥かしくない、スペックとなっています。

5G通信対応ですが、一部使えないバンドが、あります。ソフトバンク、楽天モバイルの5Gには、対応してないようです。

下記で、OnePlusのミドルレンジスマホ、「OnePlus Nord CE 2 5G」をまとめています。参考にしてください。

メイン4800万画素「カメラ性能」

メイン4800万画素「カメラ性能」
  • メイン「4800万画素」
  • 超広角「5000万画素」
  • トリプルカメラ搭載
  • フロントカメラも、3200万画素の、高画質

カメラ性能も、ハイエンドスマホとして、問題ないスペックです。トリプルカメラで、望遠も搭載されているため、奇麗な写真が撮れること間違いなしです。

ミドルレンジスマホで、1億万画素超えの、高画質カメラを搭載しているスマホも、登場しています。どれだけ違うのか、比較してみたいスマホでもあります。

1億万画素越えのスマホについては、下記で紹介していますので、参考にしてください。

6.7インチ「ディスプレイ性能」

6.7インチ「ディスプレイ性能」
  • 6.7インチ「QHD+」解像度「1,440 x 3,216」
  • 有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート「Max:120Hz」

カメラ性能だけ向上しても、仕方ありません。映した、写真・動画を見る、ディスプレイの性能向上も必要です。「OnePlus 10 Pro 5G」は、十分なディスプレイスペックを有しています。

リフレッシュレートも、最大120Hz となっているので、滑かな表示を、保証してくれています。

同じく、OnePlus の、ハイエンドスマホ 「OnePlus Ace Pro」を下記でまとめています。参考にしてください。

ボディ・スタイル・形状

ボディ・スタイル・形状

色は2色ですが、丸みを帯びたスタイリッシュなデザインで、見た目も、携帯性も、良いのではないでしょうか。

機能だけでなく、デザインも、スマホを選ぶ重要な部分であります。

デュアルSIM DSDV

  • nanoSIM × 2 DSDV対応

nanoSIM × 2 の、DSDV対応です。

メリット盛りだくさんの、DSDVの詳細は、下記でまとめています。参考にしてください。

125W急速充電「バッテリー性能」

  • 大容量バッテリー「5,000mAh」
  • 125W急速充電対応

ハイエンドスマホらしく、125Wの急速充電に対応しています。

急速充電は、日本で発売している、Xiaomi 11T Pro も、120Wの急速充電に対応しています。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

まとめ:DSDVハイエンドスマホ「OnePlus 10 Pro 5G」の価格とスペック特徴

「OPPO」傘下の、スマートファンメーカー「OnePlus」から、「OnePlus 10 Pro 5G」を検証してみました。

最高峰の、プロセッサーを搭載した、ハイエンドスマホになります。

にわかに、人気が出てきているようで、スマホで検索してみても、ヒットしてきています。

「EXPANSYS」JAPAN で、購入は出来るようですが、正式に、日本発売をしている訳ではないので、購入には、ある程度のリスクが、伴います。

「OPPO」の傘下なので、信頼性は、問題ないと思うので、是非、日本で向けでの、正式発売に期待したいと思います。

「OnePlus」の公式HPは、下記になりますので、気になる方は、確認してみてください。

「OnePlus」公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

OnePlus
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました