ZTE「Axon 30 Ultra」2021年6月発売のハイスペックスマホ

axon_30_ultra格安スマホ

2021年6月に、ZTE「Axon 30 Ultra」が発売されました。

正式に日本での、発売はアナウスされていませんが、海外ショッピングサイト等で購入できます。

ハイスペックな、ZTE 「Axon 30 Ultra」の、スペック仕様に迫ってみます。

ZTE「Axon 30 Ultra」

ハイエンドクラスと言える、「Axon 30 Ultra」の、スペックと特徴をまとめてみます。

2021年6月に、海外で発売されていますが、日本での正式展開は、残念ながらありません。

「Qualcomm Snapdragon 888」を搭載した、ハイスペックスマホになりますので、気になる方は、確認してみてください。

公式HPは、下記になります。

ZTE社の、格安スマホは、以前は、MNO通信事業者から発売されていましたが、最近は、あまり見なくなりました。

「OPPO」「Xiaomi」が、メキメキと力を付けてきたので、影が薄れた感もあります。

価格

価格(ドル)価格(円換算)
8GB/128GB749ドル約80,000円
12GB/256GB849ドル約90,000円

日本円表示は、ドルから、円換算した、参考価格になります。

「Axon 30 Ultra」のスペック

項目Axon 30 Ultra
プロセッサーQualcomm Snapdragon 888
OSMyOS 11
Android 11ベース
メインメモリー8GB/12GB
ストレージ容量128GB/256GB
ディスプレイ6.67″ FHD+
AMOLEDフレキシブル曲面
スクリーン
解像度2,400×1,080
リフレッシュレートMAX:144Hz
アウトカメラクアッドカメラ
・メイン6400万画素
・超広角6400万画素
・ポートレート6400万画素
・ペリスコープ望遠800万画素
フロントカメラ1600万画素
バッテリー容量4,600mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM×2_DSDV
インターフェイスUSB TYPE-C
サイズ161.53mm×72.96mm×8.0mm
重量188g
カラーブラック

「Axon 30 Ultra」の特徴

システム

  • 最高峰プロセッサー「Qualcomm Snapdragon 888」搭載
  • 「5G通信」対応
  • 大容量メモリー「MAX:12GB」搭載
  • 大容量ストレージ「MAX:256GB」搭載

プロセッサーに、「Xperia 1 Ⅲ」でも採用している、「Qualcomm Snapdragon 888」を搭載しており、メモリー、ストレージを見ても、ハイエンドスマホと言っておかしくない、スペック仕様となっています。

「5G通信」対応ですが、日本での、5通信可否については、不明です。

ディスプレイ

  • 6.67インチ「AMOLEDフレキシブル曲面」ディスプレイを搭載。
  • リフレッシュレート「MAX:144Hz」

「10億色表示」可能な、AMOLED有機EL「フレキシブル曲面」ディスプレイを搭載しており、鮮やかな表示を実現しています。

「MAX 144Hz」のリフレッシュレートで、滑かなディスプレイ表示を、可能としています。

カメラ

  • 「6400万画素」×3 の、4眼カメラ搭載

最高峰の、カメラ性能と言ってよいでしょう。メイン・超広角・ポートレートが、各「6400万画素」の高画質カメラを搭載となっています。

ボディ

  • 1161.53mm×72.96mm×8.0mm
  • 重量「188g」

曲面ディスプレイを採用し、持ちやすい形状としていながら、「薄型」「軽量」になっているので、携帯性は、抜群と言えます。

他機能

  • 大容量バッテリー搭載「4,600mAh」
  • 「65W」急速充電対応
  • 「DSDV」に対応
  • 「NFC」搭載

最先端の液体冷却による、クーリングシステム搭載

まとめ

2021年6月に、海外で発売された、ZTE「Axon 30 Ultra」について、スペック仕様をまとめてみました。

仕様スペックは、「ハイエンドスマホ」になります。是非、正式に日本発売を、考えてもらいたいスマホです。

「OPPO」「Xiaomi」が出てくる前は、「ZTE」か「HUAWEI」か? そんな時代もありました。

「ZTE」の巻き返しに期待したいと思います。

「Axon 30 Ultra」の詳細スペックは、下記、「ZTE公式HP」を確認下さい。

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました