シャープ「AQUOS sense4 plus」 vs Mi 11 Lite 5G & OPPO Reno5 Aと徹底比較

aquos_ense4_plusAQUOS

「AQUOS sense4 plus」

2020年12月25日に、SIMフリー版が発売され、MVNO各社で、販売しています。

シャープの実力を、人気機種となった、Mi 11 Lite 5G & OPPO Reno5 A と、比較していみます。

日本ブランドである、シャープの底力を、改めて確信しました。

「AQUOS sense4 plus」 vs Mi 11 Lite 5G & OPPO Reno5 Aと徹底比較

AQUOS sense4 plus は、御存じの通り、「シャープ」の「スマホ」になります。

SIMフリー版が、2020年12月25日から発売され、MVNO各社から、販売されている、ミドルクラスの「格安スマホ」になります。

そんな、AQUOS sense4 plusと、人気機種となった2機種、Mi 11 Lite 5G & OPPO Reno5 A と、スペック仕様をひかくしてみました。

今更、なぜ? と、言いたいところですが、理由は、3つあります。

徹底比較の理由

  • 人気機種である、「OPPO Reno5 A」「Mi 11 Lite 5G」と比較してみたかった。
  • MVNO格安SIM OCNモバイルONE などで、安く購入できるから。
  • 個人的に自分が使ってみて、とても良いと感じたから。

Mi 11 Lite 5G と、OPPO Reno5 A については、下記でスペック比較しています。参考にしてください。

AQUOS sense4 plusの主な特徴

  • プロセッサー:Qualcomm Snapdragon 720G
  • メモリー:8GB、ストレージ128GB
  • メイン 4800万画素 クアッドカメラ
  • フロント デュアルカメラ
  • 6.7インチ TFT
  • 防水、防塵
  • おサイフケータイ搭載
  • nano SIM × 2 デュアルSIMDSDV (SIMフリー版)
  • 5G通信 非対応

5G通信非対応が、かなり痛い気がします。ハイスペックな4Gスマホは、下記で、moto g32 をまとめています。参考にしてください。

「AQUOS sense4 plus」のスペック

「AQUOS sense4」との比較については、下記でスペック比較しています。参考にしてください。

「AQUOS sense4 plus」「OPPO Reno5 A」「Mi 11 Lite 5G」の3機種で比較してみます。

価格は、2021年7月2日時点の、 OCN モバイル ONE  の参考価格になります。

項目AQUOS sense4 plusMi 11 Lite 5GOPPO Reno5 A
プロセッサーSnapdragon 720GSnapdragon 780GSnapdragon 765G
OSAndroid 11MIUI 12ColorOS 11
Android 11ベースAndroid 11ベース
メインメモリー8GB6GB6GB
ストレージ容量128GB128GB128GB
ディスプレイ6.7″ FHD+6.55″ FHD+6.5″ FHD+
解像度2,400×1,0802,400×1,0802,400×1,080
リフレッシュレートMAX:90HzMAX:90HzMAX:90Hz
アウトカメラ4眼3眼4眼
・メイン4800万画素6400万画素6400万画素
・超広角500万画素800万画素800万画素
・マクロ190万画素500万画素200万画素
・モノクロ200万画素
・深度190万画素
インカメラ800万画素2000万画素1600万画素
インカメラ 深度190万画素
バッテリー容量4,120mAh4,250mAh4,000mAh
おサイフケータイ
防塵・防水
デュアルSIMDSDVDSDVDSDV
「5G」対応×
サイズ(mm)166×78×8.8160.53×75.73×6.81162.0×74.6×8.2
重量197g159g182g
充電コネクタUSB TYPE-CUSB TYPE-CUSB TYPE-C
参考価格
OCNモバイル
19,400円20,000円33,596円

「AQUOS sense4 plus」の特徴

共通点

限りなく、ハイエンドに近い、「ミドルクラス」の「格安スマホ」です。

  • 「おサイフケータイ」搭載
  • 「防塵/防水」に対応
  • DSDVへの対応
  • バッテリー容量ストレージ容量
  • 価格帯

おサイフケータイについては、下記で詳細をまとめています。参考にしてください。

「相違点」

「5G」への対応

「5G」が必要な方は、「AQUOS sense4 plus」は、選択肢から外れます。

発売時期が違うので、仕方がないかと思っています。

AQUOS sense7 は、5G通信対応すまほになります。下記でまとめていますので、参考にしてください。

メモリー容量、プロセッサー

メモリーは、「AQUOS sense4 plus」が優っていますが、プロセッサーは、落ちます。

体感で分かるほどの違いは出ないので、気にしなくて良いです。

メモリー8Gは、ハイエンド並みのスペックです。

2020年発売の、Mi Note 10 Pro が、メモリー8G搭載になります。下記でまとめていますので、参考にしてください。

大きさ

「AQUOS sense4 plus」は、大きいです。画面サイズも、6.7インチです。

売りにしている部分でもあります。

「Mi 11 Lite 5G」の厚みは、6.81㎜と頑張ったスペックとなっています。

この薄さと、軽量化は、「Mi 11 Lite 5G」の売りの1つでもあり、特徴でもあります。

重量

「AQUOS sense4 plus」一番重たいですが、大きさよりは、気にならないです。

結論

結論としては、「AQUOS sense4 plus」は、「5G」に対応してないため、横並びにするのは、苦しいかもしれません。

発売時期が違いますが、仕様スペックは、同等と言えます。

「AQUOS sense4 plus」は、純粋な「Android 11」をOSとしているので、馴染みやすく、慣れた方にとっては、使いやすいです。

フロントカメラが、「デュアルカメラ」であることも、「AQUOS sense4 plus」の特徴です。

SIMフリー版、AQUOS sense4 plusを含め、今回の3機種とも、デュアルSIM DSDVに対応しています。

デュアルSIMについては、下記で詳細をまとめていますので、参考にしてください。

AQUOS sense4 plus」の価格

2021年に購入しました。

前回の特価セール中に、私も、OCN モバイル ONE  から、同様ので購入しました。

後日、「AQUOS sense4 plus」レビューを書きたいと思います。

OCN モバイル ONE  の、「AQUOS sense4 plus」で、注意点を2つ上げます。

APN設定

2019年11月20日以降に、「新コース」をご契約の場合は、「OCN モバイル ONE」を選択してください。

私の場合、旧コースの「OCN モバイル ONE(LTE)」になってたので、切り替えました。

旧コースでも接続できてしまう可能背があるので、注意が必要です。

「楽天モバイル」SIMを使う時

自動でAPMが、入ってきません。APNの設定で、APNを、 rakuten.jp としてください。

結構苦労しました。APN だけ入力すると、他は、自動で入ってきて、使えるようになります。
(名前は、適当な名前を入れる必要があります)

OCNモバイルONE

OCN モバイル ONE  の、プラン料金は、下記の通りです。

この価格で買うには、「音声SIM」への契約が必要です。

料金プラン

音声通信プランSIM
1GB770円
3GB990円
6GB1,320円
10GB1,760円

「かけ放題」

オプション10分かけ放題オプション:935円

トップ3かけ放題オプション:935円

完全かけ放題オプション:1,430円

まとめ

AQUOS sense4 plus をまとめました。

「AQUOS sense4 plus」と言えど、人気機種である、「OPPO Reno5 A」「Mi 11 Lite 5G」には、勝てません。

スペックは問題ないですが、やはり、「5G未対応」が、つらい気がします。

私の様に、当分「5G」は不要 と、考えている方にとっては、MVNO格安SIMで、安く購入できるので、お勧めです。

「おサイフケータイ」「防塵・防水」と言った、日本になじみの深い機能がある点では、今回の3機種とも、お勧めの機種です。

AQUOS sense4 plus の詳細については、下記シャープ公式HPで確認して下さい。

シャープ公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました