Xiaomi「Redmi 9T」トリプルスロットDSDVにストレージ容量128GB

Xiaomi

Xiaomi「Redmi 9T」ストレージ 128GB モデルをがあります。3スロットDSDVを搭載した、格安スマホになります。

ローエンド、エントリーモデルなのに、ハイスペック、そして、低価格の、Xiaomi Redmi 9T の、スペックを確認します。

64GBストレージから、128GBストレージとなった、Redmi 9Tの、実力を検証します。

Xiaomi「Redmi 9T」トリプルスロットDSDVにストレージ容量128GB

2021年2月に発売された、「Redmi 9T」に、ストレージ「128GB」モデルがあります。

Redmi 9T

ローエンドスマホで、「格安スマホ」の中でも、低価格で販売されており、Xiaomiの名を、日本国内に、知れ渡らせた、人気機種でもあります。

「Redmi 9T」は、エントリーモデルなのに、ハイスペックで有名ですが、更に、スペック向上となったスマホです。

トリプルスロット DSDVでも、有名で、SIM2枚 + SDカードが、搭載できる、優れものです。

Xiaomi「Redmi 9T」 の主な特徴

  • プロセッサーに、QualcommSnapdragon 662 を搭載
  • メモリー4GB、ストレージ 128GB搭載
  • 6.53インチ FHD+ ディスプレイ
  • メイン4800万画素 クアッドカメラ搭載
  • 大容量バッテリー:6,000mAh
  • トリプルスロット デュアルSIM DSDV対応

Xiaomi「Redmi 9T」のスペック

項目Redmi 9T
プロセッサーQualcomm Snapdragon 662
OSMIUI 12
Android 10 ベース
メモリー4GB
ストレージ64GB /128GB
ディスプレイ6.53インチ FHD+
解像度2,340×1,080
リフレッシュレート60Hz
カメラ4眼
・メイン4,800万画素
・広角800万画素
・マクロ200万画素素
・深度200万画素
DSDV
SIMスロット2 + 1
NFC×
バッテリー6,000mAh
インターフェイスUSB Type-C

Xiaomi「Redmi 9T」の特徴

ローエンド「システム性能」

Redmi 9T システム性能
  • プロセッサーに、QualcommSnapdragon 662 を搭載
  • メモリー4GB、ストレージ 128GB搭載
  • 5G通信非対応

ストレージが、128GBになっています。

ローエンドとは言えないスペックで、ミドルレンジスマホと言っても良いかと思います。

クアッドカメラ「カメラ性能」 

Redmi 9T カメラ性能
  • メイン:4800万画素
  • クアッドカメラ(4眼)搭載

4800万画素は、ミドルレンジ級です。しかも、4つのカメラを搭載しているので、カメラ性能は、ハイスペックミドルです。

メイン4800万画素は、moto g10と、同等になります。下記でまとめていますので参考にしてください。

大容量バッテリー

Redmi 9T バッテリー性能
  • 「6,000mAh」の大容量バッテリー

バッテリー容量 6,000mAh は、あまり聞いたことが無いほどの、大容量になります。

ゲーミングスマホ並みの、容量です。

ゲーミングスマホ Black Shark 4 を下記でまとめています。参考にしてください。

デュアルSIM DSDV

  • トリプルスロット
  • nanoSIM × 2 DSDV

トリプルスロットなので、SIM2枚 と、SDカードを同時に入れることができます。

ツインスロットの場合、1つのスロットが、排他的利用になってしまいますが、トリプルスロットは同時搭載可能です。

まとめ_Xiaomi「Redmi 9T」トリプルスロットDSDVにストレージ容量128GB

「128GB」のラインナップを増やしてきた、Xiaomi「Redmi 9T」のスペックと、特徴をまとめてみました。

コストパフォーマンスに優れているスマホで、これぞ、「DSDV格安スマホ」と言える製品です。

ストレージを増やしてきたことで、さらに、人気がでました。

Xiaomi「Redmi 9T」の詳細は、下記、Xiaomi公式HPで確認して下さい。

Xiaomi

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました