2022年8月DSDV低価格ハイエンド_Xiaomi「Redmi K50 Ultra」海外発売

Xiaomi
記事内に広告が含まれています。

Xiaomi が、海外で、「Redmi K50 Ultra」を発表しました。発売は、2022年8月になります。

Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 を搭載した、格安の、ハイエンドスマホとなります。

日本発売は、アナウスされていませんが、2022年8月発売の、「Redmi K50 Ultra」の、実力を、検証してみます。

2022年8月DSDV低価格ハイエンド_Xiaomi「Redmi K50 Ultra」海外発売

先日、発表された、モトローラの、「moto X30 Pro」に続き、Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 を搭載しながらも、低価格で発売する、ハイエンドスマホが、Xiaomiからも、発表されました。

Redmi K50 Ultra

発売は、2022年8月で、発売日も、モトローラの、スマホと、被っています。

そんな、Xiaomiの、格安ハイエンドスマホ「Redmi K50 Ultra」の、実力を、確認していきたいと思います。

モトローラ「moto X30 Pro」については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

Redmi K50 Ultra の、主な特徴は、下記になります。

  • Qualcomm製、最高峰、 Snapdragon 8+ Gen 1 を搭載
  • メモリー:LPDDR5高速メモリ 8GB/12GB 搭載
  • ストレージ: UFS3.1高速ストレージ 128GB/256GB/512GB
  • メインカメラ 1億800万画素の、トリプルカメラ搭載
  • 有機ELディスプレイ 6.67インチ WUXGA+ 2,712×1,220
  • nanoSIM × 2 デュアルSIM DSDV対応
  • 大容量:5000mAhバッテリー、120W急速充電対応
Redmi K50 Ultra スペック

十分、ハイスペック仕様で、ハイエンドスマホと言えます。まずは、価格から、確認していきます。

価格

仕様価格(元)参考価格
(日本円)
8GB+128GB2,999元約59,000円
8GB+256GB3,299元約65,000円
12GB+256GB3,599元約71,000円
12GB+512GB3,999元約79,000円

日本円は、中国元から、換算した、参考価格になります。

Redmi K50 Ultra のスペック

項目仕様
プロセッサーQualcomm Snapdragon 8+ Gen 1
OSMIUI 13
Android 12ベース
メインメモリー8GB/12GB
ストレージ容量128GB/256GB/512GB
ディスプレイ6.67″ WUXGA+
解像度2,712×1,220
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン1億800万画素
・超広角800万画素
・マクロ200万画素
フロントカメラ2,000万画素
バッテリー容量5,000mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2
DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ163.1mm
75.9mm
8.6mm
重量202g
カラーブラック
シルバー
ブルー
メルセデスベンツコラボモデル

Redmi K50 Ultra の特徴

低価格ハイエンドスマホ「システム性能」

  • プロセッサー:Qualcomm製 Snapdragon 8+ Gen 1 を搭載
  • メモリー:LPDDR5 8GB/12GB 搭載
  • ストレージ:UFS3.1 128GB/256GB/512GB 搭載
  • 5G通信対応
Redmi K50 Ultra システム性能

Qualcomm製 Snapdragon 8+ Gen 1 を搭載した、ハイエンドスマホになります。

Xiaomiの、低価格ハイエンドモデルメーカーとして、POCO が、ありますが、区分けが、不明な感があります。Xiaomiの、低価格ハイエンドを、選ぶか、POCOの、低価格ハイエンドモデルを選ぶのか。

抱えている、シャアの違いが、予想されますが、ハイエンドスマホは、高価のイメージが、覆えつつある気がします

冒頭で、モトローラの、X30 Pro に触れましたが、同じモトローラの低価格ハイエンドスマホとして、moto S30 Pro も、2022年8月に発売されています。

下記でまとめていますが、低価格ハイエンド市場の、過熱感が伺えます。

6.67インチ「デュスプレイ性能」

  • 6.67インチ、有機ELディスプレイ
  • リフレッシュレート:最大120Hz
  • HDR10+ 対応
  • WUXGA+ 解像度:2,712×1,220
Redmi K50 Ultra ディスプレイ性能

ハイスペックの、ディスプレイ性能となっています。この仕様をもって、低価格で、発売なので、驚きです。

Xiaomi としては、大きめのディスプレイの採用になります。 HDR10+ 対応など、モトローラの、低価格ハイエンドスマホと、同様です。

ハイエンドスマホでも、FHD+ を、採用しているスマホが多い中、WUXGA+ 対応で、1歩 上をいくスペックになっています。

トリプルカメラの「カメラ性能」

  • メインに、1億800万画素の、トリプルカメラ搭載
  • フロントカメラ、2000万画素
Redmi K50 Ultra カメラ性能

1億800万画素のカメラは、日本でも発売されている、Redmi Note 11 Pro 5G などと、同様のスペックです。

モトローラの、X30 Pro は、2億万画素カメラ搭載で、フロントカメラも、6000万画素のカメラを採用しているので、カメラ性能としては、モトローラの方が、上になります

日本で発売されている、Redmi Note 11 Pro 5G については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

スタイル・形状

  • カラー:ブラック、シルバー、ブルー、メルセデスベンツコラボモデル
  • サイズ:163.1mm × 75.9mm × 8.6mm
  • 重量:202g
Redmi K50 Ultra 形状・カラー

大きめのディスプレイを採用しているので、厚みも、重量も、いつもの、Xiaomiスタイルから、かけ離れている感があります。

最大の特徴は、メルセデスベンツとの、コラボモデル言えます。

好きな人にとっては、たまらないスマホの1つになるかも、しれません。

冷却性能

Redmi K50 Ultra 冷却性能

モトローラの、低価格ハイエンドスマホも同様ですが、冷却性能は、手をぬくことが出来ません

これだけは、価格なりでは、困ります。

Xiaomiも、冷却には、拘りをもって、取り組んでいるので、本製品の、冷却性能も、抜かりはありません。

DSDV_デュアルSIM

  • nanoSIM × 2

nanoSIM × 2 の、デュアルSIM に対応しています。

スマホ社会となっている、現在ですが、災害時や、通信障害時に、役に立つのが、デュアルSIM、DSDV になります。

2枚のSIMで、一方に、障害が起きても、もう一方の、SIMで、対応することが出来ます。

DSDVの詳細については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

まとめ 2022年8月DSDV低価格ハイエンド_Xiaomi「Redmi K50 Ultra」海外発売

Xiaomiの、低価格ハイエンドスマホ、Redmi K50 Ultra を、同じく、低価格ハイエンドスマホの、モトローラ X30、S30 Pro と、比較しつつ、まとめてみました。

2022年8月に、発売される、Xiaomi と、モトローラの低価格ハイエンドスマホが、下記になります。

  • Xiaomi Redmi K50 Ultra
  • モトローラ X30 Pro
  • モトローラ S30 Pro

価格を、最安値 8GB + 128GB で比較すると、下記の通りとなります。

スマホ価格(元)参考価格
(日本円)
Redmi K50 Ultra2,999元約59,000円
モトローラ X30 Pro3,699元約73,000円
モトローラ S30 Pro1,999元約40,000円

プロセッサーが、Qualcomm製、Snapdragon 888+ となりますが、S30 Pro が、最安値になり、且つ、170g の、軽量となっているので、個人的には、moto S30 Pro が、一番と、思っています。

2022年8月に発売されるのは、あくまでも、海外であって、残念ながら、3機種とも、日本発売のアナウスは、ありません

今後の、Xiaomi、モトローラの、動向に、注目していきたいと思います。

Xiaomi Redmi K50 Ultra の 詳細は、下記、Xiaomi中国公式HPで、確認してください。

Xiaomi中国公式サイト

閲覧いただき、ありがとうございました。

Xiaomi
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました