デュアルSIM_SONY Xperia 5 Ⅳ_発売日は2022年9月上旬以降

Xperia

2022年9月1日に、グローバイル向けに、SONYが、Xperia 5 Ⅳ を、発表しました。

正式な発売日は、決まっていませんが、発売日:2022年9月上旬以降として、日本を含め、グローバルに展開されます。

6.1インチと、小柄なボディに、ハイエンドスマホとしての、ハイスペックな機能が、満載されています。

2022年9月上旬以降発売、SONY Xperia 5 Ⅳ

2022年9月1日の、SONYの発表は、みなさんの予想通り、SONY Xperia 5 Ⅳ

6.1インチの、小さめのボディに、Qualcomm製、Snapdragon 8 Gen 1 を搭載した、ハイエンドスマホになります。

Xperia 1 シリーズは、6.5インチの、ハイエンドスマホになりますが、5シリーズは、6.1インチと、小型のハイエンドになります。

今回の、Xperia 5 Ⅳも、6.1インチで、発売日が、2022年上旬以降となっており、正式な日程は、まだ決まっていません。

主な特徴は、下記になります。

  • プロセッサー、Qualcomm製、Snapdragon 8 Gen 1 を搭載
  • メモリー 8GB、ストレージ MAX 256GB
  • 1200万画素 トリプルカメラ搭載
  • 6.1インチ 有機ELディスプレイ 、リフレッシュレート120Hz
  • 防塵防水:IP68
  • フルステージステレオスピーカー
  • 大容量バッテリー搭載:5000mAh

スペック仕様が、不明な部分が、多く、分かっている範囲での、記載になります。

紹介映像などを、見る限り、カメラと、サウンドに、力を入れていることが、分かります。SONYなので、専門分野でもあります。

Xperia は、高額で、あまり、持てる機会が、無いのですが、過去使った経験からすると、たしかに、カメラと、音は、抜群でした。

価格

未定

  • 上位機種、Xperia 1 Ⅳ が、19万程になります。これ以上には、ならないとの見方が、多いです。
  • ちなみに、前機種である、Xperia 5 Ⅲ が、11万3000円程度になります。

Xperia 5 Ⅲ については、下記で、仕様スペック・特徴をまとめているので、参考にしてください。

SONY Xperia 5 Ⅳ のスペック

分かり範囲での、記載になります。

不明なところは、判明次第、追加していきます。

項目仕様
プロセッサーQualcomm Snapdragon 8 Gen 1
メインメモリー8GB
ストレージ容量128GB/256GB
ディスプレイ6.1インチ有機ELディスプレイ
解像度FHD+
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン1200万画素
・超広角1200万画素
・望遠1200万画素
フロントカメラ1200万画素
バッテリー容量5,000mAh
デュアルSIMnanoSIM + eSIM
DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ156㎜
67㎜
8.2mm
重量172g
カラーブラック
エクリュホワイト
グリーン

SONY Xperia 5 Ⅳ の特徴

ハイエンド「システム性能」

  • プロセッサー:Qualcomm製、最新の、Snapdragon 8 Gen 1 を搭載
  • メモリー: 8GB 搭載
  • ストレージ: 128GB/256GB 搭載

冒頭でも述べた通り、プロセッサーに、Qualcomm製、Snapdragon 8 Gen 1 を搭載。

Snapdragon 8+ Gen 1 搭載の、噂も、流れていましたが、Xperia 1 Ⅳ と同じ、プロセッサーになる模様です。

Xperia 1 Ⅳ については、下記で、まとめていますので、参考にしてください。

高性能「カメラ機能」

  • 焦点距離 16mmの超広角カメラ(F値2.2、1/2.5”)
  • 焦点距離 24mmの広角カメラ(F値1.7、1/1.7”)
  • 焦点距離 60mmの望遠カメラ(F値2.4、1/3.5”)
  • リアルタイムトラッキング
  • 4K 120fpsで最大5倍のスローモーション撮影

高速 120fpsに対応した、イメージセンサーを、全レンズに搭載し、4K 120fpsで最大5倍のスローモーション撮影を、可能としています。

また、5シリーズに始めて、オートフォーカスを合わせ続ける、高精度、リアルタイムトラッキングに対応。

フロントカメラの性能も向上させ、4K HDR対応の自撮り撮影が可能となっています。

高品質「サウンド」

  • 進化したフルステージステレオスピーカー
  • 高音質から立体音響まで、好みに合わせたサウンドを提供
  • 360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)対応
  • 360 Upmix(サンロクマル アップミックス)」対応
  • 新機能「Music Pro」

生演奏のような、立体音響が楽しめる、360 Reality Audioに加え、通常の、ステレオ音源を、立体的なサウンドに変換する、360 Upmix にも対応。

左右均等に配置された、フルステージステレオスピーカーの搭載で、バランスのとれた迫力ある、サウンドが楽しめます

聞くだけではなく、録音も、プロレベルの、録音を可能とする、新機能「Music Pro」を搭載しています。

6.1インチ「ディスプレイ性能」

  • 6.1インチ、有機ELディスプレイ搭載
  • Corning製 Gorilla Glass Victus 採用

前機種と比較し、輝度を、約50%向上させています。これにより、明るいところでも、見やすいディスプレイとなっています。

耐久性があり、壊れにくい、Gorilla Glass Victus を採用。

6.1インチのディスプレイは、Google Pixel 6A と、同じサイズになります。 Google Pixel 6A は、低価格での発売のため、人気が、上昇しているミドルレンジスマホになります。

下記で、まとめていますので、参考にしてください。

DSDV_デュアルSIM

nanoSIM + eSIM のデュアルSIM

グローバル版なので、DSDVに対応しています。

日本のキャリア版に関しては、今後判明すると思いますので、判明次第、更新していきます。

DSDVの詳細については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

まとめ

2022年9月1日に発表された、SONY Xperia 5 Ⅳ について、まとめました。

公開されている情報が、少ないので、分かっている範囲での、まとめになります。

今後、諸々、判明してくるので、随時、更新していきたいと思います。

要約すると、Xperia 1 Ⅳ の、機能を継承しつつ、ディスプレイサイズを、6.1インチにした、ハイエンドスマホになります。

特に、SONYが得意としている、カメラ と、サウンド に関しては、ピカイチの印象です。

価格的に、雲の上の存在なので、買えるタイミングは少ないと、思いますが、店頭に並ぶ時期が来たら、触ってみたいと思います。

ちなみに、お手頃価格に、SONYのミドルレンジスマホ、Xperia 10 Ⅳがありますが、ソフトバンク、MNP限定で、一括1円で、販売していた時期がありました。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

SONY Xperia 5 Ⅳ の詳細については、下記公式HPで確認して下さい。

SONY Xperia 5 Ⅳ 公式HP

Xperia 5 Ⅳ YOUTUBE動画

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました