「OPPO Reno8 Pro」海外で発売_独自開発「MariSiliconX」の実力

OPPO

2022年5月23日に、OPPOが、海外で、「OPPO Reno8」シリーズを発表しました。

「Reno8」「Reno8 Pro」「Reno8 Pro+」の3機種が、発表され、「Reno8 Pro」は、世界初、Qualcomm製「Snapdragon 7 Gen 1」を搭載した、ミドルレンジスマホになります。

日本への、展開は、アナウスされていませんが、考えて欲しい、スマホになります。

「OPPO Reno8」シリーズ

日本でも、人気の高い、「OPPO」の、最新機種になります。

海外での、発売となり、日本発売の、アナウスは、残念ながらありません。

  • 「Reno8」ベーシックモデル
  • 「Reno8 Pro」ミドルレンジスマホ
  • 「Reno8 Pro+」ハイエンドスマホ

「OPPO Reno8 Pro」は、最新のQualcomm製「Snapdragon 7 Gen 1」を搭載したスマホで、そのパフォーマンスに、注目が集まっています。

OPPO Reno8

本日は、本機を、中心に、スペック、特徴と検証してみたいと思います。

日本発売としては、近日中に、新機種がアナウスされるのでは? との噂が、飛び交っていますが、真意は定かではなく、発表も、ありません。

「Reno7」シリーズからとの、記事も見受けられますが、「Reno8」シリーズかもしれません。

早く、発表して欲しいものです。

「OPPO Reno7」シリーズは、下記で、まとめていますので、参考にしてください。

価格

OPPO Reno8価格(中国元)価格(円換算)
8GB+128GB2499元48,000円
8GB+256GB2699元52,000円
12GB+256GB2999元58,000円
OPPO Reno8 Pro価格(中国元)価格(円換算)
8GB+128GB2999元58,000円
8GB+256GB3199元61,000円
12GB+256GB3499元67,000円
OPPO Reno8 Pro+価格(中国元)価格(円換算)
8GB+256GB3699元71,000円
12GB+256GB3999元77,000円

日本円は、中国元から換算した、参考価格になります。

「OPPO Reno8 Pro」のスペック

項目OPPO Reno8 Pro
プロセッサーQualcom Snapdragon 7 Gen 1
OSColorOS12.1
Android 12 ベース
メインメモリー8GB/12GB
ストレージ容量128GB/256GB
ディスプレイ6.62″ FHD+
解像度2,400×1,080
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラトリプルカメラ
・メイン5000万画素
・超広角800万画素
・マクロ200万画素
フロントカメラ3200万画素
バッテリー容量4,500mAh
NFC
デュアルSIMnanoSIM × 2
DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
サイズ161.0mmmm
74.2mm
7.57mm
重量188g
カラーブラック
ゴールド
ブルー

「OPPO Reno8 Pro」の特徴

「MariSiliconX」搭載_システム性能

  • プロセッサー:Qualcomm製最新「Snapdragon 7 Gen 1」を搭載
  • メモリー LPDDR4:8GB/12GB搭載
  • ストレージ UFS2.2:128GB/256GB 搭載
  • 5G通信対応
  • NPU「MariSiliconX」搭載
OPPO Reno8 プロセッサー

Qualcomm製 新登場の、「Snapdragon 7 Gen 1」が搭載され、Snapdragon 778G と比較して、AIパフォーマンスで、最大30% 向上します。

その他、GPUレンダリングが、約20% 高速化、ゲーム性能の向上、省エネなど、様々な、機能性能が、向上しています。

NPU「MariSiliconX」は、「OPPO Find X5 Pro」にも搭載された、OPPOが、開発した、独自NPUで、画像や映像処理に特化したプロセッサになります。

4K AI HDRナイトモードの、動画撮影が可能となる、プロセッサーで、処理能力、消費電力とも、期待が持てるプロセッサーです。

「OPPO Find X5 Pro」については、下記で、まとめていますので、参考にしてください。

トリプルカメラ搭載_カメラ性能

  • メイン:5000万画素
  • トリプルカメラ搭載
  • フロント:3200万画素
OPPO Reno8 カメラ

ミドルレンジクラスとして、標準的なスペックとなっています。但し、上記でも記載した通り、OPPO独自開発の、NPU「MariSiliconX」が搭載されているので、カメラ性能は、期待できます。

特に、動画に関しては、同じ画素数の、スマホと比較した場合、パフォーマンスは、良いものになるはずです。

OPPO Reno8 カメラ画像

フロントカメラも、3200万画素と、高画質カメラを搭載しているので、自撮りでも美しくを、意識した、構成となっています。

6.62インチ_ディスプレイ性能

  • 6.62インチ FHD+ 解像度「2,400×1,080」
  • リフレッシュレート:120Hz
  • AMOLED有機ELディスプレイ
  • Corning Gorilla Glass5 採用
OPPO Reno8 ディスプレイ

6.62インチと、大きめのディスプレイサイズで、Corning製の、「Gorilla Glass5」を採用し、割れにくい、ディスプレイになっています。

有機ELディスプレイと、ハイパフォーマンスの、リフレッシュレートで、滑らかで、繊細な、表示を、可能としています。

スタイル・外観

  • カラー:ブラック、ゴールド、ブルー
  • 重量:188g
  • サイズ:161.0mmmm×74.2mm×7.57mm
OPPO Reno8 携帯性

薄型で、軽量な、デザイン外観となっています。カメラ部が、凸形状となっているのが、気になりますが、OPPOの特徴と捉えています。

薄型・軽量で、スタイリッシュデザインは、「Xiaomi Civi 1S」が、最良で、下記で、まとめていますので、参考にしてください。

3D冷却システム搭載_冷却性能

OPPO Reno8 冷却性能

スマホにとって、冷却も、重要な要素です。ゲーミングスマホにも搭載されているような、VC液体冷却構造となっており、冷却にも気を配った、スマホと言えます。

DSDV_デュアルSIM

nanoSIM × 2 の、DSDV対応になります。

日本発売であれば、一方は、eSIM と考えられますが、海外なので、物理SIM×2の構成です。

DSDVについては、詳細、メリットなどを、下記で紹介していますので、参考にしてください。

80W 急速充電対応_バッテリー性能

OPPO Reno8 急速充電
  • 4,500mAh 大容量バッテリーを搭載
  • 80W 急速充電対応

まとめ

OPPO Reno8シリーズから、「OPPO Reno8 Pro」を中心に、まとめてみました。

日本にも発売して欲しい、スマホになります。

Qualcomm製の、「Snapdragon 7 Gen 1」の、パフォーマンスと、OPPO独自開発の、NPU「MariSiliconX」の良さを、味わってみたいです。

気になるは、日本発売の、新機種です。スマホの噂だけではなく、発表時期についても、情報が、飛び交っています。

それだけ、OPPOに期待している証拠だと思いますが、個人的にも、早く知りたい情報の1つになります。

「OPPO Reno8 Pro」の詳細は、下記、OPPO海外公式HPで、確認してください。

OPPO 公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました