SONY「Xperia 10 Ⅲ Lite」デュアルSIM「DSDV」の、価格とスペック

xperia_10_3_LiteXperia

「SONY Xperia 10 Ⅲ Lite」が、発売されました。発売は、「MNO」の楽天モバイルと、MVNO各社になります。

すでに、発売されている、「SONY Xperia 10 Ⅲ」との違いを、検証してみます。

デュアルSIM DSDVに対応し、幅広く使えるようになった、「Xperia 10 Ⅲ Lite」の、仕様に迫ります。

デュアルSIM「DSDV」Xperia 10 Ⅲ Liteの価格

「SONY」から2021年8月に発売された、ミドルレンジスマホ、Xperia 10 Ⅲ Lite。

発売は、楽天モバイルと、MVNO各社からとなります。

MNO「ドコモ」「au」と、「Y!mobile」は、「Xperia 10 Ⅲ」を発売しており、Liteは、「MVNO」がメインの発売の様です。

すでに発売されている、Xperia 10 Ⅲ との相違点をメインに、まとめていきます。

まずは、価格から、確認していきます。

楽天モバイルの価格

MNO 楽天モバイルの価格:25,000円 (2023年1月時点)

  • ポイント還元など、考慮してない価格になります。
  • 価格は、変動しますので、気になる方は、楽天モバイル公式HPで確認して下さい。

MVNOの価格

(追加)MVNO各社からも発売されています。

特に、気になるは、特価価格でスマホを販売する、ONCモバイルONEと、IIJmioです。

現在の価格は、下記公式HPで確認して下さい。

OCNモバイルONE公式HP

IIJmio公式HP

「Xperia 10 Ⅲ Lite」のスペック

項目Xperia 10 III liteXperia 10 III
プロセッサーSnapdragon 690 5GSnapdragon 690 5G
OSAndroid 11Android 11
メインメモリー6GB6GB
ストレージ容量64GB128GB
ディスプレイ6.0″ FHD+
有機EL
6.0″ FHD+
有機EL
解像度2,520 x 1,0802,520 x 1,080
リフレッシュレート60Hz60Hz
アウトカメラ3眼3眼
・メイン1,200万画素1,200万画素
・超広角800万画素800万画素
・望遠800万画素800万画素
インカメラ800万画素800万画素
バッテリー容量4,500mAh4,500mAh
おサイフケータイ
SIMnanoSIM + eSIM
DSDV
nanoSIM
充電コネクタUSB TYPE-CUSB TYPE-C

「Xperia 10 Ⅲ Lite」の特徴

Xperia 10 Ⅲとの違いは、「ストレージ容量」と、「SIMスロット」です。

スペック仕様に関しては、ほぼ、変わりないです。MVNO各社に対して、お値打ち価格で、「Xperia 10 Ⅲ」を、提供しているイメージです。

Xperia 10 Ⅲ との違い

ストレージ容量「ミドルレンジスマホ」

  • 「Xperia 10 Ⅲ」:128GB
  • 「Xperia 10 Ⅲ Lite」:64GB

ストレージの容量が、64GBに、減っています。昨今の、流れ的には、128GBが主流となっていますが、格安スマホである、ローエンドクラスと考えれば、64GBでも、大容量と言えます。

相当数の、写真、動画を、貯めこんだとしても、64GBを、使い切るには、それなりの年数、使い込みが必要です。

本機の、後継機種である、Xperia 10 Ⅳ は、128GBの、ストレージになります。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

SIMスロット「デュアルSIM」

nanoSIM + eSIMの、デュアルSIM搭載になります。

「Xperia 10 Ⅲ Lite」のみ対応で、販売先が、MVNO中心なので、SIMフリー DSDV対応に、なっている感じです。

一方は、eSIM になります。

MVNOでも、eSIMに対応してきている事業者もありますが、対応機種など、制限があります。

基本的に、大手MNOか、Yモバイル、UQモバイルのが、eSIMとなるかと思います。

nanoSIM + eSIM の組み合わせのDSDV機が、増えてきているので、今後の、eSIMへの対応に期待したいと思います。

eSIMも含め、デュアルSIM DSDVについては、下記でまとめています。参考にしてください。

Xperia 10 Ⅲ との共通点

カメラ

  • トリプルカメラ搭載
  • メイン 1200万画素

「SONY」の、高品質、トリプルカメラになります。

カメラと言えば、「SONY」です。「OPPO」や「Xiaomi」も、「SONY」製の、センサーを搭載するほど、信頼性は、高いです。

Xperia 10 Ⅲの詳細は、下記で、まとめています。参考にしてください。

大容量バッテリー

  • 「4,500mAh」の大容量バッテリー搭載

大容量、長寿命のバッテリー搭載です。肝は、長寿命であるこです。

長く使うためには、大事な要素となります

有機ELディスプレイ

HDR対応の、有機ELディスプレイ搭載。「FHD」ディスプレイで、キメ細かな表示を堪能できます。

スタイリッシュボディ

持ちやすさを追及した、ボディになります。「169g」の軽量ボディも、魅力的です。

防塵/防水/おサイフケータイ

  • 防水:IPX5/IPX8
  • 防塵:IP6X
  • おサイフケータイ搭載

防水、防塵 機能を搭載し、おサイフケータイに対応しています。

おサイフケータイの詳細は、特徴などを、下記でまとめています。参考にしてください。

バーコード決済が、普及する中でも、必須機能で、「OPPO」「Xiaomi」も、人気機種には、搭載しています。

まとめ_SONY「Xperia 10 Ⅲ Lite」デュアルSIM「DSDV」の、価格とスペック

SONYの、「Xperia 10 Ⅲ Lite」の、仕様スペックを検証してみました。

「Xperia 10 Ⅲ」と比較して、ストレージ容量は、64GBに、減るものの、「nanoSIM+eSIM」の、DSDV対応となるので、Liteの方が、使い勝手が良い感じです。

「Xperia」シリーズの、ミドルレンジとなりますが、十分なスペックとなっているので、検討の余地は、あると思います。

なんにしても、高品質の、「Xperia」ブランドを安く購入できるのは、有難いです。

気になる方は、「SONY Xperia」の、公式HPを確認してみてください

SONY Xperia

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました