SONY新機種「Xperia Ace Ⅲ」デュアルSIM_人気のローエンドスマホ

Xperia
記事内に広告が含まれています。

2022年5月11日、SONYが発表した、「Xperia Ace Ⅲ」の、発売日が、2022年6月10日となりました。

各社の価格も出そろいましたので、比較してみたいと思います。

エントリーモデルで、ローエンドですが、SONY「Xperia」ブランドです。その実力を確認してみます。

SONY新機種「Xperia Ace Ⅲ」デュアルSIM_人気のローエンドスマホ

SONYから、2022年5月11日に、3種類の、新機種が、発表されました。

発売日は、2022年6月10日です。

  • Xperia 1 Ⅳ  ハイエンドスマホ
  • Xperia 10 Ⅳ  ミドルレンジスマホ
  • Xperia Ace Ⅲ ローエンドスマホ

今回、Xperia 5 シリーズの発表は、ありませんでした。確かに、1シリーズと、5シリーズは、どちらも、ハイエンドで、被っている感があったので、すっきりしたかと思います。

本日は、ローエンドスマホの、「Xperia Ace Ⅲ」を、検証してみたいと思います。

Xperia Ace Ⅲ

発売は、MNO、MVNO 下記からとなっていて、各社、6月10日発売となっています。

  • ドコモ
  • au
  • UQモバイル
  • Ymobile

最近、ローエンドスマホが、人気急上昇で、特に、「AQUOS wish」「arrow We」が人気です。価格も安く、ローエンドでも、おサイフケータイ、防塵・防水などの、付帯機能が、充実しているのが、人気の秘密かと思います。

「AQUOS wish」「arrow We」については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

価格

価格(新規)価格(MNP)備考
ドコモ34,408円17,908円5G WELCOME割
au33,415円不明
UQモバイル26,815円15,815円
Ymobile13,680円13,680円割引 -18000円

価格:2022年7月6日 更新

各社キャンペーンを実施しているので、詳細は、各社公式HPで確認して下さい。

  • 発売される、MVNO事業者や、SIMフリーなどの、情報が判明したところで、更新していきます。

「Xperia Ace Ⅲ」のスペック

前期種と並べて、比較します。

項目Xperia Ace ⅢXperia Ace Ⅱ
プロセッサーSnapdragon 480 5GMediaTek Helio P35
OSAndroid 12Android 11
メインメモリー4GB4GB
ストレージ容量64GB64GB
ディスプレイ5.5″ HD+5.5″ HD+
解像度1,496×7201,490×720
リフレッシュレート不明不明
アウトカメラシングルカメラシングルカメラ
・メイン1300万画素1300万画素
フロントカメラ500万画素800万画素
バッテリー容量4,500mAh4,500mAh
おサイフケータイ
デュアルSIMnanoSIM + eSIM非対応
nanoSIM×1
充電コネクタUSB TYPE-CUSB TYPE-C
サイズ140mm
69mm
8.9mm
140mm
69mm
8.9mm
重量162g159g
カラーブラック
ブリックオレンジ
ブルー
グレー
ブラック
ホワイト
ブルー

「Xperia Ace Ⅲ」の特徴

システム性能

Xperia Ace Ⅲ バッテリー
  • プロセッサー:Qualcomm製「Snapdragon 480 5G」搭載
  • メモリー:4GB 搭載
  • ストレージ:64GB 搭載
  • 5G通信対応
  • 大容量・長寿命バッテリー:4,500mAh搭載

前期種は、MediaTek製のCPUでしたが、安定の、Qualcomm製「Snapdragon 480 5G」に変更になっています。

メモリー、ストレージは、前期種から変わっていません。ローエンドスマホとして、標準的なスペック仕様となっています。

他機種同様、5G通信に、対応しています。

スタイル・外観

Xperia Ace Ⅲ カラー
  • ドコモ:ブラック、グレー、ブリックオレンジ
  • au:グレー、ブルー
  • UQモバイル:ブラック、グレー、ブルー
  • Ymobile:ブラック、ブリックオレンジ、ブルー
  • サイズ:140mm×69mm×8.9mm
  • 重量:162g

販売元によって、色が変わります。注意が必要です。

質感は、マットな質感で、キヅが付きにくく、滑りにくい、外観となっています。AQUOS wish2 同様に、ケースは不要なスマホになります。

AQUOS wish2 については、下記でまとめているので、参考にしてください。

防水・防塵・耐衝撃

Xperia Ace Ⅲ 防水
  • 防水:IPX5・IPX8
  • 防塵:IP6X
  • Corning 「Gorilla Glass Victus」を採用

ディスプレイガラスに、Corning の、「Gorilla Glass Victus」を採用しているので、耐久性に優れた、高耐久ガラスになります。

Xperia Ace Ⅲ 高耐久ガラス

ローエンドで、エントリーモデルなので、初心者に対する、気遣いが必要な中、防水・防塵も含め、安心できる、仕様になっています。

カメラ性能

Xperia Ace Ⅲ カメラ性能
  • 1300万画素の、シングルカメラ
  • フロント:500万画素

SONY「Xperia」のカメラ性能は、抜群です。ローエンドスマホなので、シングルカメラとはなりますが、それでも、「Xperia」品質に間違はありません。

かんたんホーム

Xperia Ace Ⅲ かんたんホーム

エントリーモデルで、高齢者向けの、かんたんホーム画面も、準備されています。

大きなアイコン、大きな文字は、当然の事、良く使う電話番号の、短縮ボタンも、配置されています。

この辺りも、AQUOS wish 同様に、優しい機能として、プリインストールされています。

おサイフケータイ

Xperia Ace Ⅲ おサイフケータイ

おサイフケータイが、搭載されています。

使う使わないは、別として、あると安心の、おサイフケータイ機能です。

おサイフケータイについては、下記で、メリットなど紹介していますので参考にしてください。

デュアルSIM

nanoSIM + eSIM の、デュアルSIMとなっています。

DSDVとして、使えるのかは、現段階では、不明です。判明したところで、更新したいと思います。

DSDVについては、詳細、メリットなどを、下記で紹介していますので、参考にしてください。

まとめ:SONY新機種「Xperia Ace Ⅲ」デュアルSIM_人気のローエンドスマホ

Xperiaから、発表された、「Xperia Ace Ⅲ」 の、スペック・特徴をまとめてみました。

2022年5月に入ってから、シャープの「AQUOS」と言い、日本企業の、2022年夏向けの、スマホが、続々と発表されています。

なぜか、機能豊富な、ローエンドスマホが、人気となっているので、まずは、本機を、紹介しました。

ローエンドと言えど、通常使う分には、全く問題のないスペック仕様となっていて、価格も、抑えられているので、人気が出るのも、うなづけます。

前期種は、ドコモのみ発売でしたが、本機は、MVNO、MNO 各社から発売予定となっており、今後、更なる展開も、期待できます。

「Xperia Ace Ⅲ」 の詳細は、下記、SONY公式HPを、確認してください。

SONY「Xperia」公式HP

閲覧いただき、ありがとうございました。

Xperia
orangewaveをフォローする
IIJmio
IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

◎ 2022年 オリコン顧客満足度R調査 格安SIM 第1位
◎ 5GB 990円 (2023年4月より)
◎ 通話専用アプリ不要(2023年4月より)
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 違約金、MNP転出手数料無し
◎ MVNO格安SIM 最大手

irumo
irumo

◎ 安心・安全の、ドコモ回線
◎ 月額料金が安い
◎ 0.5GB/550円の最安プラン
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ セット割りで、低価格

nuroモバイル

◎ ソニーグループが提供する、格安SIM
◎ 5GB 990円
◎ 通話専用アプリ不要
◎ 余ったデーターは、翌月繰り越し
◎ 通話重視ユーザー向けに「かけ放題プラン」を追加
◎ SONY Xperia のキャンペーン価格などがある

UQモバイル

◎ 安心・安全の、au回線
◎ トクトクプラン/コミコミプラン/ミニミニプラン
◎ ネット回線とセットで割引
◎ 違約金・転出・最低利用期間無し
◎ スマホも安い

[DSDV] モバイル_格安スマホ デジ blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました