「日本発売」モトローラ_DSDV「moto g100」スペックと特徴

moto_g100格安スマホ

モトローラから、「moto g100」の、発売予定が、発表されました。

発売予定日は、2021年5月28日。価格:58,800円

限りなくハイエンドに近い、ミドルクラスの、スマホになります。

モトローラ 「moto g100」

2021年5月28日に、発売予定の、格安スマホ、「moto g100」

海外発売の際、モトローラ「Moto G50」「Moto G100」を海外で発売 で、取り上げたとことのある、「moto g100」の、日本発売が、発表されました。

価格は、58,800円(税込み)ミドルクラスの、スマホになります。

「Qualcomm Snapdragon 870」 プロセッサーを搭載した、5G対応スマホになります。

モトローラは、あまり、「5G」に積極的でないイメージでしたが、「5G」対応スマホの、ラインナップに加わる機種が増えました。

モトローラの最新機種、「moto edge」しりーずについては、下記ブログで紹介しています。参考にしてください。

「moto g100」のスペック

項目Moto G100
プロセッサーSnapdragon 870 5G
OSAndroid 11
メインメモリー8GB
ストレージ容量128GB
ディスプレイ6.7″ FHD+
解像度1,080 x 2,520
リフレッシュレート90Hz
アウトカメラ3眼
・メイン6400万画素
・超広角1600万画素
・深度200万画素
インカメラ1600万画素
バッテリー容量5,000mAh
NFC
デュアルSIM2スロット_DSDV
充電コネクタUSB TYPE-C
発売価格約58,800円

「moto g100」の特徴と魅力

「6.7インチ」ディスプレイ・リフレッシュレート「90Hz」

リフレッシュレート「90Hz」は、ミドルクラスらしい、高スペックとなっています。

多少大きめの、「6.7インチ」検討時には、要注意です。

メモリ「8GB」ストレージ「128GB」

ミドルクラスとして、6GB以上を、さらに超えてきました。

128GBは、ミドルクラスとしては、標準的なスペックだと思います。

メイン「6400万画素」の、高画質3眼カメラ

格安スマホの、4800万画素は、すでに、標準的な仕様となっています。その上をいく、「6400万画素」です。

超広角カメラも、1000万画素超えの、「1600万画素」は、さすがです。

DSDV対応、NFC搭載」

モトローラから発表される、格安スマホは、「DSDV対応」が、多く、今回も当然のように対応してきました。

同じく、モトローラは、「NFC」搭載機種も多く、今回も、搭載しています。

大容量バッテリー「5,000mAh」

大容量バッテリーも、DSDV格安スマホには、必須です。リフレッシュレート「90Hz」なので、これくらいは、必要です。

まとめ

まずは、日本での発売を、喜びたいです。

「モトローラ」は、OS に、「Android」を使っており、馴染みやすいと思います。

「Xiaomi」「OPPO」は、ベースに、「Android」を使っていますが、そこからアレンジして、独自OSとなっています。

この辺り、好み、使いやすさで、分かれてくる部分だと思います。

「moto g100」は、ミドルクラスらしい、まとまった高スペックになっています。

「MVNO」音声SIMとセットでの、販売価格が、どれくらいになるのか、これから楽しみです。

2021年11月に、後継機種である、 「moto g200」 が、モトローラから発表されました。

日本発売は、未定ですが、楽しみなスマホになっています。

「moto g200」 の詳細を、下記で紹介していますので、参考にしてみてください。

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました