投げ売り「iPhone14」実質価格で登場、その価格は?

ドコモ
記事内に広告が含まれています。

iPhone15が発売されることで、前機種である、iPhone14の、価格が下がりました。

実質価格とはなりますが、投げ売り価格での発売です。

iPhone13の、投げ売り価格の情報と合わせて、まとめていきます。

投げ売り「iPhone14」実質価格で登場、その価格は?

iPhone15の、登場により、ようやく、iPhone14の、実質価格が、ちらほらと、見れるようになりました。

投げ売り価格とは言え、まだまだ高いですが、近いうちに、実質1円もあるのでは? と予想しています。

投げ売り「iPhone14」実質価格

今回も、家電量販店エディオンでの、投げ売り iPhone14の、実質価格になります。

まずは、価格と、購入条件からまとめていきます。

ちなみに、SONYの、ハイエンドスマホ、Xperia 5 Ⅳ の、投げ売り一括価格の情報をかきでまとめています。参考にしてください。

投げ売り iPhone14 の実質価格

回線契約有り回線契約無し
iPhone14実質:19,910円/2年実質:41,910円/2年
iPhone13実質:23円/2年実質:22,023円/2年

実質価格になるので、2年後の返却が必要です。

その点、一括価格は、返却を考える必要が無いので、お得です。

下記で、UQモバイルが発売していた、Galaxy S22 の一括価格をまとめています。参考にしてください。

投げ売り iPhone14 の購入条件

  • eximo への契約
  • 22歳以下は新規も可

投げ売り、セール価格で買うには、eximo への契約必須です。

月額料金プランが高くなるので、注意が必要です。

私は、irumo契約で、Google Pixel 7a を実質1円/月 で購入しています。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

投げ売り iPhone14の、実質価格

実質価格なので、2年間で、約2万円程、支払った後に、iPhone14の返却が必要です。

2年後も継続して使用する場合は、残金を支払う必要があります。

iPhoneの残金は、高額であることが多いので、2年後は、返却することを勧めます。

下記で、Galaxy A54 5G の、一括価格をまとめています。

一括価格は、支払い完了後、スマホは自分の物で、返却は不要になります。

iPhone14、13 の主なスペックと特徴

iPhone14と、iPhone13の、主なとスペックと、特徴をまとめていきます。

  • iPhone14の、主なスペック
  • iPhone14の、特徴
  • iPhone13の、主なスペック
  • iPhone13の、特徴
  • デュアルSIM DSDV (デュアル eSIM)
  • シネマティックモード

iPhone14の、主なスペック

iPhone14の、主なスペック
  • プロセッサー:A15 Bionicチップ
  • メイン1200万画素の、デュアルカメラ
  • 衝突事故を自動検出 緊急SOS電話を発信。
  • 6.1インチオールスクリーンOLED(有機EL)ディスプレイ
  • nanoSIM + eSIM デュアルSIM DSDS(DSDV)対応
  • デュアルeSIM
  • Face ID 認証
  • 防塵防水:IP68
  • APPLE pay おサイフケータイ

iPhone14の詳細は、下記でまとめています。参考にしてください。

iPhone14の、特徴

iPhone14の、特徴

iPhone14は、iPhone13と同じ、チップセット:A15 Bionicチップ を搭載しています。

ただし、A15 Bionic でも、十分なスペックで、ハイエンドとして、サクサクした動作になります。

そのほか、デュアルSIMや、おサイフケータイにも対応していて、万能な、ハイエンドスマホとして、活躍しています。

2023年9月に、iPhone15が発売され、今後の、低価格化に、期待が持てるスマホです。

iPhone15の詳細は、下記でまとめています。参考にしてください。

iPhone13の、主なスペック

iPhone13の、主なスペック
  • プロセッサーに、A15 Bionicチップ
  • 6.1インチの、有機ELディスプレイ
  • リアカメラも、1200万画素のデュアルカメラ
  • 防塵防水
  • APPLE pay おサイフケータイ対応
  • デュアルSIM(nano-SIM + eSIM)DSDS(DSDV)
  • デュアルeSIMにも対応

iPhone13の詳細は、下記でまとめています。参考にしてください。

iPhone13の、特徴

iPhone13の、特徴

実質1円が、継続している、ハイエンドスマホの、iPhone13になります。

一括価格を待ち続けているのですが、なかなか、出てきません。

2021年9月 に発売された、iPhone13ですが、2023年時点でも、十分に活躍できるスマホとなっています。

最新機種を追い求めるのも良いですが、iPhone13でも、十分なスペック仕様と言えます。

iPhone13の一括価格は、今までに、一度だけ見たことがあります。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

デュアルSIM DSDV (デュアル eSIM)

iPhone14、13 とも、デュアルSIM DSDV(DSDS)に対応いています。

デュアルeSIMにも対応しているので、2つのSIMとも、eSIMで運用が出来ます。

購入キャリアが何処でも、同じスマホになるので、対応バンドなど、考える必要なく、どのキャリアでも使うことが出来ます。

iPhone13からは、SIMロックフリーの販売となっているので、SIMロック解除も必要なく、キャリアの変更が出来ます。

デュアルSIM DSDVについては、下記でまとめています。参考にしてください。

シネマティックモード

シネマティックモード

iPhone13から、シネマティックモードが搭載されています。

当然、iPhone14にも、搭載されています。

シネマティックモードは、背景をぼかした動画の撮影が出来ると言った、嬉しい機能で、活躍できる場面は、多々あるかと思います。

同じく、背景をぼかした動画撮影が出来るのが、Google Pixel 7 以降の、Pixelシリーズになります。

Google Pixel 7 は、UQモバイルから、総額価格で販売され、注目を集めました。

下記でまとめていますので、参考にしてください。

まとめ:投げ売り「iPhone14」実質価格で登場、その価格は?

iPhone14の、投げ売り、実質価格をまとめました。

おなじく、iPhone13の、2023年10月時点の、実質価格もまとめています。

iPhone15の発売とともに、どちらも、安くなることが、期待できます。

特に、iPhone13は、そろそろ、一括価格がでてきても良いのでは? と思っています。

これからも、iPhone14、iPhone13の価格には、注目していきたいと思います。

iPhone14の詳細は、下記、ドコモ公式HPで確認してください。

ドコモ/ahamo

閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました